お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム

ヌレタージュ

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル先日、「ナラタージュ」を観てきました。
もちろん、有村架純さんの濡れ場をチェックするためです。
個人的に有村さんは性的に‘‘ひよっこ’’ではなく、性的匂いをビンビン感じさせる女優だと思っていたので、非常に楽しみにしていました。
劇中、演劇練習をしている有村さんのTシャツ姿から膨らむ、胸のフォルムは主張しすぎないけど、決して小さくはなく、秘めたエロを含んだちょうど良い大きさです。
水原希子さんのような超モデル体型や、馬場ふみかさんのような超グラビア体型の宇宙感ではなく、有村さんのような妄想の範囲内のボディ(佇まいも含む)にリアルなエロを感じる男性も多いのではないでしょうか?
そんな有村さんのエロさを引き出す濡れ場を期待していたのですが、正直、期待ハズレで僕の股間は‘‘ナエ(萎え)タージュ’’でした。
作品は、宣伝文句の‘‘純愛’’というよりも大人の恋愛を描いたものでしたし、秘めた想いを持っている登場人物たちですから、キッチリと性の部分を描かないと作品が成り立たないような気がしました。
ハードなヌレタージュシーンが全てカットされたという噂もあるので、何とも言えないところですが…。
でも、原作にもあったいずみ(有村)が葉山先生(松潤)の股間を‘’ナメ(舐め)タージュ’’するところだけはカットしてはいけない気がしました。
‘‘まなざし’’と‘‘ナメタージュ’’こそが、リアルな“狂わせガール’’の本分ですから。
とてもエロかった白パンティ姿の向こう側を今後、期待しております。


二代目しまおまほが店主の喫茶店「TABiLiON」(山梨県南都留郡富士河口湖町小立3490)
近くにお立ち寄りの際は、ぜひ、足をお運びください!


このコラムは、TBSラジオ AM954+ FM90.5で、
毎週土曜日夜10時から2時間生放送でお送りしている
『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』の番組準レギュラーである、
二代目しまおまほさん(※一般の中年男性)による、 WEBでしか読めない格調高い下ネタコラム。
毎週の放送後に更新。