お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 車の運転中にあおられたことがありますか?

森本毅郎 スタンバイ!

今年6月の東名高速での追突事故以来、大きな社会問題になっている”あおり運転”。今週、愛知県警が、『およそ5キロに渡ってあおり運転をし、怪我をさせた男を逮捕した』と発表しました。9月の末に起こった事件なのですが、道路が暗かったのでハイビームにしたことに、前を走っていた男が腹を立てたそうで、わざわざ後ろに回り込んで、追いたてたり、幅寄せしたり、そして、車を停めさせて、素手で窓ガラスを割って運転者を引きずり出し、顔を殴ったそうです。怖いですね・・・。そこで、「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」、毎週金曜日は金曜日恒例サラリーマンの声!!今日11月10日(金)は、レポーター近堂かおりが『あなたは、車で運転中にあおられたことがありますか?』をテーマに街でみなさんに聞きました!!

金曜日恒例サラリーマンの声 『あなたは、車で運転中にあおられたことがありますか?』

★煽られたことあります!!

●「ありますね。大型のトラックに煽られたというか、普通の法定速度で走ってたんですけど、後ろからパッシングされて、かなり怖かった。相手がどう見ても大きなトラックでしたから。」
●「ありますよ。普通に仕事で走ってて速く行け!どけ!みたいな感じ。高速ですね。」
●「あります。やっぱり高速道路で後ろから車間距離を詰められた、遅いぞ!ってことでたぶん、どけ!って煽ってきたんだと思う。怖いというより気分が悪い。」
●「ありますよ。数が多くて。煽られたり、逆に前に出て蛇行運転されたり。後ろからはやっぱり遅い!というのでずっとピタッとくっ付かれて、そういうこともありますし、色々ですよね。」
●「ありますね。後ろにピタッと付かれた感じ。高速道路。バックミラーで相手のナンバーが、後ろの車のナンバーが見えない、ナンバーが見えなくなるってことは近いよね。そういう状態で怖い思いをしたことはあります。」

車を運転する人なら一度は経験してますよね、きっと。煽られた人が実に多かったです!『ないよ!』と答えた方は数人でごく少数。それにしても後ろの車のナンバーが見えないくらい近い車間距離って怖いですよね。しかも気分も悪い。イヤ~な感じがしますよね。

★一晩に、同じ車に二度も煽られた!!

中には、こんな人もいました。

●「ありますよ。もうね、後ろピッタリくっつかれて、それで学生の時だったんだけど、西湘バイパスってあるじゃない。あそこで煽らて怖くなって逃げたのね。降りた。それでUターンして、僕も目的があって走ってるわけじゃなくてプラプラと夜、走ってて、で、降りてUターンして西湘から横浜方面に走ってたら、またそいつが来てまたあおられた。怖かったね。初心者マークをまだ付けていた時だから。たぶん、初心者マークを付いてたから遊んでやろうと思っていたのかもしれない。(それはUターンしてる時もずっとついてきていたの?)いや、その人は降りないで先に行ったはずなんだけどね、分らない。同じ車、コワイ系、ちょっと低く、当時、低いのが流行っていたでしょ。ショートホープを置いて、ぼくはそんなのには乗っていないけど、ショートホープで競ってるそんな車でした。もうそれは忘れられない。」

30年くらい前の話だそうですが、同じ車に、同じ日に二度も煽られるなんて、相当、コワイです!!結局、相手の車が先に降りて、何事もなかったそうです。30年前だから”遊ばれた”で済みましたが、今だったら大変なことになっていたかもしれません。

★隣に停められて、ドアを殴られて・・・。

一方で、最近、こんな目に遭った人もいました。

●「いっぱいあります。それこそ扉までドンドンやられて、ペッぺペッペ、唾まで吐かれて、僕、それで写メで撮ったんだけど、本当に警察に送ってやろうかなって思うくらい。いや、一般道でしたけど、停められたというか、信号で停まって、その彼が脇へ来てわざわざ降りてきて、ドア開けろ開けろなんて言うから、コイツはヤバいなって思ってわざわざ写メで撮った。たぶんね、その手前で左折になるのと直進とあって、ちょうど並行してて僕は後ろに入った。最初、前に入ろうと思ったけど、なんかコレヤバいなと思って後ろに入ったんですよ。そしたら、一瞬入ろうとしたことが気に食わなかったんでしょうね、前に入ってないんですよ、僕は。前に入ったんならまだアレですけど。次の信号で2車線のところだったので、わざわざ真横へ来て、頭半分かぶせるようにして車停めて、降りて来いなんてやってるから、なんかね、降りていってもしょうがないなって思って、仕事だったので相手にしてられん、もうそのまま青になったので私はビューッと出ていきましたけどね。でもね、何だかんだ僕が行きたいところと彼が行くところがかなり近かったようでいつか探してやろうかなって思いましたけどね。」

これも危ない!!こちらも何事もなくて本当によかったです。くれぐれも、相手の人を探さないでくださいね。
この出来事は、1年くらい前の話だそうですが、些細なことが気に入らなかったのですね。前に入ってしまったのならともかく、”入ろうと思った”一瞬の行動にイライラしてしまったんですかね。それくらい!って思いますが、相手を刺激する行動は自己防衛のためにも避けたいですよね。

★こういう運転はイライラしちゃう!!

そこで最後に、自分が運転中にイライラさせられる行動を聞きました。

●「正直な話、逆にちょっと、自分が走ってて前の車が遅いなって時が、たまにはありますよね。だから逆の立場も分かるかなってことは正直ある。流れに乗ってくださいみたいな、無理に車線変更したり、幅寄せですよね。」
●「中に入るヤツ。やられるんだよ、たまに割りこみ。やっぱり気分いいもんじゃないよな。」
●「自分がイラッとくる時がありますけど、ウィンカーを出さないで右折したり左折したりとか、左折に異常に遅い車があると、普通左折だとそのまま、多少徐行していく、なんか停まるんかなっというような感じで異常に遅いな、信号変わっちゃうよ、とかね。チラッと見ると90代の人が運転していてしょうがないかと思うんですけど、そっちのほうがイラッときますよね。」
●「高速なんかだと3車線でしょ、都会はね。地方に行くと2車線になる。そこをゆっくり走ってる方がいらっしゃるから、追い越し車線。これは私の道、みたいな感じで走ってる。それはちょっとあおりじゃないけど、やっぱりイラッとくる人がいるんじゃないかな、自分もそうだったからね。」

『ゆっくり走る』というのが多かったです。特に高速道路。もちろん法定速度を守って走るのは大前提ですが、流れを気にしてほしい、ということですね。あと、ウィンカーを出さない車線変更や割り込み。『なんだよ~!』と思わせてしまう行為は相手を刺激してしまいますから、気を付けたいですね。
煽られないための自己防衛が必要です。ゆずり合うのが一番!!みなさん安全運転で!

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。