お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


ソフトバンクが史上4度目となるサヨナラ勝利での日本一決定!!

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボール・スペシャルは
横浜スタジアムのSMBC日本シリーズ2017
DeNA-ソフトバンク の第6
戦を、
解説: 秋山幸二さん、多村仁志さん
実況: 櫻井浩二アナウンサーでお届けしました。

がけっぷちに追い込まれたDeNAが
ルーキー・濱口の快投で逆襲開始!
金曜日には主砲・筒香の大活躍で、DeNAが2連勝!
DeNAの3連敗から始まった日本シリーズですが、
戦いの舞台は再び福岡に!

がけっぷちのDeNAが逆王手をかけるのか?
王者・ソフトバンクが王者たる所以を見せ付けるのか?

注目のゲームの行方は、、、、、

ソフトバンク・東浜、DeNA・今永の両先発でプレイボール!

事前の報道では、先発が予想されていたものの
背中の痛みで先発回避となった千賀に代わり、
先発マウンドを東浜が担当と伝えられていましたが、
その報道の通り、東浜が先発マウンドに上がりました。

その東浜、予定が代わった影響を微塵も感じさせない投球で
初回は2死からロペスにレフト前へヒットを許しますが、
続く主砲・筒香をセカンドゴロに仕留めて無失点で
上々の立ち上がりを見せます。

対する今永、初回はソフトバンクが誇る強力打線を
13球で三者凡退に仕留めて、
こちらも上々の立ち上がり。

またもや、投手戦か、、、、と予感されましたが、
ゲームは早くも2回に動きます。

2回裏、ソフトバンクの攻撃、
今永は先頭の内川、続く中村晃と順調に打ち取り、
難なく進むかと思われたその時、
ムードメーカー、松田が大仕事をやってのけます!
2ストライクと追い込まれた4球目、
低めのボールを振りぬくと、ボールは快音を残し、
レフトのホームランテラスへ!
松田の1号ソロで、ソフトバンクが先制点を奪います!
一気に畳み掛けたいソフトバンクですが、
今永も踏ん張り、松田のソロのみで、追加点は許しません。

ゲームは3回、4回と進み、5回!

DeNA打線が東浜に襲い掛かります!

この日、DHに抜擢された白崎
先頭で打席に入り、東浜の投じた3球目を振り抜くと
打球はレフトスタンドへ一直線!
引っ張りの白崎!ソロの白崎!と愛を込めてファンから呼ばれる
白崎の1号ソロでDeNAがゲームを振り出しに戻します。
さらに続く倉本の内野安打、桑原の安打で1死一・二塁とすると
工藤監督、動きます!
2人目・嘉弥真をマウンドに送りますが、梶谷の犠打で2死二・三塁!
するとさらにピッチャー交代!
3人目・石川が登板。
打席にはリーグ打点王・ロペス
頼れるハマの助っ人は石川の投じた6球目!
見事にレフト前に運ぶ2点タイムリー
DeNAがこの回、3点を奪い、ゲームを引っくり返します

打線の援護をもらった今永はエンジン全開!

6回、7回とソフトバンク打線を抑え込みます。

このままDeNAが対戦成績をタイに戻すのか、、、、と
思われた8回、ソフトバンクの逆襲が始まります!

先頭・長谷川勇がツーベースで出塁すると、
ラミレス監督、CSを制したマシンガン継投を見せます。
2人目・井納をマウンドに送ると、井納は明石をセカンドゴロに仕留めて、まずは1死!
すると、3人目・砂田が登板。1死三塁から
柳田ピッチャーゴロ
砂田が打球処理を一瞬躊躇し、
ファーストへ送る間に、3塁走者・城所生還
ソフトバンクが1点を返し、DeNAのリードは僅か1点!

そして迎えた9回
工藤監督、勝利への執念を見せます。
1点リードを許した場面で、守護神・サファテをマウンドへ!
サファテはシーズン同様、
危なげないピッチングで9回表を三者凡退に!
打線を信じて、その裏の攻撃を待ちます。

一方のラミレス監督は守護神・山崎康に全てを託します。

山崎康は先頭のデスパイネをショートゴロに仕留めて1死!
第7戦まであと2アウトとして、
打席には鷹のキャプテン・内川
山崎康が投じた3球目は勝負球のツーシーム!
内角低めに入ってきたボールを振り抜くと、
打球はレフトのホームランテラスへ!
土壇場で、キャプテン・内川が1号ソロでゲームを振り出しに戻します!
9回裏での同点劇に沸き立つヤフオクドーム!

興奮冷めやらぬまま、
サファテは続投。
明日のゲームという可能性はありえない!と言い切るかのような
気迫のピッチングで、延長10回、11回と
DeNA打線を封じ込めます。

延長11回の裏、
今年のプロ野球を締めくくる劇的なドラマが待っていました。

前の回からマウンドに上がったエスコバー、
先頭のデスパイネをライトフライに打ち取り1死!
しかし続く内川、中村晃に連続四球を与え一・二塁とすると
ここで7人目・三上が登板。
三上は松田をサードゴロに仕留めて2死!
まだまだゲームは続くのか?とも思われましたが、
迎えた川島
三上の投じた5球目を一閃!
打球は1,2塁間を抜け、ライト前へ!
2塁走者・中村晃が一気にスピードを上げ
ホームへ突入!
ライト・梶谷の返球が僅かにそれ、ホームイン!
川島タイムリーでサヨナラ!
88年の西武以来、史上4度目のサヨナラによる勝利で、
ソフトバンクが2年ぶり8度目の日本一を決めました。

普段は、勝負の分かれ目を
解説者にお伺いしている、このページですが、
本日は、そんな野暮なことは言いっこなし(笑)
と言うか、現場があまりの盛り上がりで、聞く暇もありませんでした!
ソフトバンク日本一の余韻に浸り、締めとさせていただきます。

2017softbank

本日の中継をもって、今シーズンのTBSラジオの
野球中継「エキサイトベースボール」は全ての放送予定を終えました。
一年間、番組をお楽しみ頂きましたリスナーの皆様、
本当にありがとうございました。


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/