お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


10月29日(日)「安住紳一郎の日曜天国」ゲストdeダバダ パイロンマニア・三土たつお

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」
10月29日(日)のゲストは、パイロンマニア・三土たつおさんでした。

パイロンと聞くと、馴染みのない言葉のように思われるかもしれませんが、誰もが工事現場などで日々目にしている、「赤いカラーコーン」のことです。「かっこいいから」と理由で「パイロンマニア」と自称している三土さん。

「街の中で誰もが目にして知っているのに、何もパイロンのことが分からない。調べても載っていない。何も知らないなら図鑑を作ってしまおう」という考えから、街のパイロンを調べたり、研究しているとのことです。実際に2つの種類のパイロンをスタジオに持ってきて頂きました。

「スタジオが工事中になった!」と安住さんも言ってましたが、確かに、、、2つ並べただけで強烈なメッセージを放つパイロン。近くで見ると新しいパイロンの色が非常に鮮やかで、なおかつ70cmのある高さは異様な迫力を感じました。今回は三土さんが、メジャーなメーカー2社の見分け方をレクチャー。足元の丸い部分が一段なら、セフテック社の「カラーコーン。」2段ならズイホー産業の「ユニ・コーン。」値段も500円くらいのものもあれば、5000円のものも様々。いつも何気なく見ているものが、今度から意識してみてしまいそうですね。

今回は「見方が変わる!パイロンの味わい方」と題し、パイロンの役割、味わい方、不思議な魅力を語って頂きました。

「上野公園の昼は何もしていないが、夜は侵入者を防ぐリリーフエースパイロン」

「道路の真ん中にポツンと、しかし実は地下の消火栓を守るパイロン」

「全くのナゾ、港区周辺に見られる『ままま』と書かれたパイロン」

など、様々な個性派パイロンたちに、興味がくすぐられていく安住さんと中澤さん。リスナーの方でも個性派パイロンを探して見たくなったのではないでしょうか。まだまだ謎が多いというパイロン、三土さんの挑戦は続きます!

今日のゲスト三土たつおさんを中心に、様々なマニアが街の気になるものを分類した「街角図鑑」が実業之日本社から、税別1500円で発売中です。パイロン以外にも、ガイドポスト、車止め、マンホールなど、毎日見るけど知らないものの情報が満載です。

また11月10日(金)には新刊「はじめての暗渠散歩」が、ちくま文庫から発売されます。ぜひ手にとってみてください。

街角図鑑

はじめての暗渠散歩: 水のない水辺をあるく (ちくま文庫)