お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


10月1日(日)「お菓子だらけの夢のような文化祭!東京製菓学校 学生祭」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの楠葉絵美です。

楠葉絵美
TBSラジオキャスター。アニメ、マンガ、ゲームが大好き!

放送を聴いてから出かけても間に合う!オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲こちらもお菓子で出来ています!

▲こちらもお菓子で出来ています!

10月1日(日)の放送では、「東京製菓学校の学生祭」をご紹介しました。東京製菓学校は就職率100%を誇るお菓子作りのプロを育成する専門学校。(その就職先は帝国ホテルや虎屋など有名店も多く、赤坂のしろたえも卒業生が始めたお店だそうです。)そんなもうすぐプロになる生徒が作ったお菓子が並ぶ、お菓子好きにはたまらない文化祭なんです。学校に入るとそこら中で甘い良い匂いがしています。

▲生徒さんと。

▲生徒さんと。


学生祭実行委員長で洋菓子クラス2年生の渡辺梨穂さんに話を聞きました。手作りのお菓子が大体1つ50円~100円で食べられるということで人気があり、朝10時の開始前から800人は並んでいました。4階まである校舎内に【洋菓子】【和菓子】【パン】が生徒自身も把握できないほど並んでいるんです。1年生・2年生合わせて11クラスあり、1クラスにつき10種類は出しているのでは?とのこと。ちなみに自分が何のコースにするかは入学する時に選んで2年間専門的に学びます。

▲洋菓子クラスの渡辺さん。

▲洋菓子クラスの渡辺さん。


それぞれ【洋菓子クラス】【和菓子クラス】【パンクラス】のオススメを教えてもらいました。渡辺さんのクラスのオススメは「オレンジとチョコレートのムースケーキ」これがもう、断面の幾層にもなったムースが綺麗で本当プロの仕事です!濃厚ながらもオレンジの酸味が効いてて、ムースの一番下の層がパリパリした食感で美味しい!他に、タルト作りやモンブラン作りが体験出来る教室もありました。

▲和菓子クラスの野田さん。

▲和菓子クラスの野田さん。


和菓子クラス2年生の野田大晴さん。ご実家が香川県の丸亀市で和菓子屋を営まれているということで和菓子クラスを選んだそうです。和菓子クラスは、去年の文化祭で1番人気だった【実演販売コーナー】がありました。

▲和菓子の実演販売

▲和菓子の実演販売


秋をイメージした練りきりときんとんをお客さんの目の前で作って販売します。お寿司屋さんのカウンターのような、注文が入って目の前で握るイメージです。

▲子供たちも夢中で見てました。

▲子供たちも夢中で見てました。


子供から大人までみんな食い入るように見つめ、写真を撮る中、真剣なまなざしで作る生徒の横顔、職人でした。美しい和のお菓子の世界を見せていただきました。

▲パンクラスの三林さん。

▲パンクラスの三林さん。


最後にパンクラスの2年生三林彩愛さん。学校の中に石釜があって、本格的な薪の火でパンを焼いているんです。学校中に漂うほどのパンの良い香り。

▲本格石釜。

▲本格石釜。


三林さん曰く、電気ではなく本物の火で焼いているからこその美味しさが詰まっていると思う!全然パンをちぎった時の香りが違います。とのことでした。

▲薪で火をおこして焼きます。

▲薪で火をおこして焼きます。


チーズパン、チョコオレンジ生姜パンなど17、8種類は並んでいて、1つ100円です。お客さんはみなさん1人10個は買っていました。

▲学校内はどこも大盛況!

▲学校内はどこも大盛況!


あれこれ買っても1000円あればお腹も心も大満足!そりゃそうですよね、来年にはプロになるみなさんが作ったお菓子が食べられるわけですから。夢のような文化祭でした。