お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


またもや!9回同点劇からの12回延長引分け!

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボールは
甲子園球場の伝統の一戦  阪神-巨人 の第22回戦を、
解説: 有田修三さん
実況: 大阪ABC朝日放送 小縣裕介アナウンサー

お届けしました。

昨夜は巨人・吉川光が
嬉しい巨人移籍後の初勝利。
広島の優勝マジックは2となり、今夜のゲームの結果次第では
広島のリーグ連覇が決まる状況!
阪神が広島に待ったをかけるのか?
3位に浮上した巨人が勢いで突っ走るのか?
注目の伝統の一戦、その行方は、、、、、

阪神・秋山、巨人・菅野の両先発でゲームはスタート!

お互い、チームを支える先発の柱。
なかなか得点は取れない、投手戦も予想されましたが、、、、

初回、秋山はあっさりと3人で三者凡退!
最高の立ち上がり!

対する、菅野!
もはや日本球界のエースと言ってもいい右腕ですがまさかの展開!
初回、いきなり阪神打線に捕まります。
1死から上本、糸井の連続安打、
一塁走者・糸井の二盗などで2死二・三塁とすると、
大山がレフト前へ抜けるタイムリー2点を先制!
甲子園が大歓声に包まれます!
菅野、まさかの2失点となりましたが、そこはエース!
その後は立ち直り、阪神打線に付け込ません!

ここからゲームは両先発の熱投で
息の詰まるような投手戦に突入。
あっというまにスコアボードに0の文字が
重ねられていきます。

秋山は6回無失点、菅野は7回2失点で
それぞれマウンドを譲ります。

阪神自慢のリリーフ陣、2点のリードを守って、
逃げ切りたいところですが、、、、、、
波乱が待っていました。

8回、阪神はこの回から3人目・桑原をマウンドに送りますが、
1死から代打・脇谷、代打・宇佐見の連続安打で一・二塁とすると、
がセンター前に落ちるタイムリー
巨人が1点を返します。

そして、9回1点差!
阪神はドリスにマウンドを託し、逃げ切りを図ります。
しかし!1死から阿部のツーベース、
代走・重信をセカンドベース上に置き、
迎えるバッターは亀井!
ここで勝負を嫌った阪神バッテリーは
亀井に敬遠策!2死一・二塁としてここで今日、ノーヒットの長野!
長野はドリスが投じた1球目をレフトにはじき返すタイムリー
巨人がまたもや9回同点に追いつき、
ゲームは一昨日に続き、延長戦に突入!

延長戦に突入した甲子園に
マツダスタジアムから広島勝利!の速報が入ります!

このまま広島を優勝させたくない阪神!
4位・DeNAとのゲーム差を拡げておきたい巨人!

両者の意地がぶつかる戦いは、、、、、、
拮抗したまま一昨日に続き、そのまま12回終了。
2対2の引分けでゲームセットとなりました。

数々の名勝負を生んできた伝統の一戦!
両者の意地がぶつかる戦いは、なんと3戦中2戦が引分けという
驚きの結果となりました。

投手戦から、終盤の同点劇、
そして延長戦に突入してからの、あと一本が出ない両チーム、
勝負の分かれ目について、解説:有田さんにお話しを伺いました。

有田修三が見極めた勝負の分かれ目!

DeNAとデッドヒートを繰り広げている
巨人にとっては負けなかったという部分では
意味のある引分けだったと言える。
予想通り、投手戦となったゲームではあったが、
阪神にとっては勝てるゲーム、
勝たなければいけないゲームだった。
もったいないという正直な想いがある。
阪神自慢の救援陣を捉えた巨人打線が
一枚上手だったということだろう。
しかし両先発は素晴らしいピッチングだった。
数週間後には、また対戦することもあるかもしれない。
またその時まで二人の勝負は持ち越しだ。

巨人から見れば、同点に追いついて、
DeNAとのゲーム差を拡げた貴重な引分け!
阪神からすれば、勝てたゲーム。
このゲームの結果が、終盤、どんな意味を持ってくるか?
楽しみです。

明日はプロ野球の予定が組まれていませんので
夕方5時50分から、「プロ野球東西南北」をお届けします。
スタジオには定岡正二さんと緒方耕一さんをお迎えして
佐藤文康TBSアナウンサーが進行!
プロ野球の話題をたっぷりとお届けします。
どうぞ、お楽しみに!


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/