お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


9月10日 巨大立体迷路「デッ海」が横浜・八景島シーパラダイスに登場!(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの柳沢 怜です。

柳沢 怜

TBSラジオキャスター。車、音楽、お酒、野球観戦が大好き!動物にくわしい。

放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲デッ海外観。存在感あります!

▲デッ海外観。存在感あります!

この夏、横浜・八景島シーパラダイスに4年ぶりに登場した新しい常設アトラクションデッ海をご紹介しました。“でっかい”と読みます。

デッ海は木造5階建て(6階層)、高さ13メートルで日本最大級。木造でこんなに大きな建物はあまり見ないので、すごく迫力あります。

▲オープン待ちの列が。

▲オープン待ちの列が。

若者はピンと来ないと思いますが、80年代後半に迷路ブームがありまして…最近また復活の兆しがあるようなんです。担当スタッフの井合かずまさんにお話を伺いました。第一次迷路ブームの頃は生まれていなかった井合さんですが、当時の迷路と今の迷路の違いををこう分析。

「80年代は植木で出来ていたり、平屋建ての迷路が主流でしたが、いまは複雑な立体構造で、様々な仕掛けがあります」

▲こういう仕掛けは、断然こどもが有利

▲こういう仕掛けは、断然こどもが有利

特にデッ海には、ジップライドや吊り橋などの体力系の仕掛け、からくり扉などの頭脳系の仕掛け、と全部で100個以上の仕掛けがあるんです。

▲吹き抜けにはスリルある仕掛けが集中。

▲吹き抜けにはスリルある仕掛けが集中。

また一つの迷路内で異なるコースが楽しめるのも特色のひとつ。子供や初心者向けの【ファンタジーコース】、体力勝負の【アドベンチャーコース】、知力勝負の上級【ミステリーコース】の3コースがあり、どのコースもまずはスタンプカード「冒険の書」を貰います。

▲スタンプカード「冒険の書」(必死でコンプリート)

▲スタンプカード「冒険の書」(必死でコンプリート)

「冒険の書」に開始時刻を記録したら、それぞれの入り口から入場して迷路への挑戦がスタート!その先はチェックポイントを探してスタンプを集めながらゴールを目指せ!(スタンプをスルーして単純に迷路早抜けを楽しむのもOKです)

▲時間を記録して、いざスタート!

▲時間を記録して、いざスタート!

入り口は分かれていますが、全コース、ゴールは最上階の5階にあります。

▲海すれすれのスリル

▲海すれすれのスリル

運動音痴の私は、知力勝負のミステリーコースに挑戦しましたが、さすがに最難関コース。今までの最短クリア記録は7分、平均で3~40分とのことでしたが、私は50分かかました…分かれ道で選択を間違えるとスタート地点からやり直すしかない強制退出には何度も泣かされましたね。

▲どの組み合わせで開くのか!?こんな仕掛けも。

▲どの組み合わせで開くのか!?こんな仕掛けも。

ですが、苦労もある分、大人も子供も達成感を味わえるのが迷路の良いところ。ゴールにたどり着いて勝者の鐘を鳴らした瞬間の気分は最高です。ゴールからの「海を見渡せる景色」も素晴らしいんです。記念撮影コーナーもありますよ。

▲通常バージョンの記念撮影スポット

▲通常バージョンの記念撮影スポット

また9月10日からシーパラダイスでは秋のハロウィンイベントも開催中です。デッ海も期間限定のハロウィン仕様の飾り付けがされています。

▲90年代生まれの井合さん

▲90年代生まれの井合さん

気持ちのいい海風を感じながら、迷路で脳と身体を鍛えてみませんか?