お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


阪神3連勝!首位・広島と5.5ゲーム差!

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボールは
甲子園球場の  阪神-ヤクルト の第24回戦を、
解説: 下柳剛さん
実況: 大阪ABC朝日放送 高野純一アナウンサーで

お届けしました。

昨夜は糸井の劇的なサヨナラホームランで
虎党の歓喜に包まれた甲子園。
コツコツと貯金を積み上げ、
首位・広島の背中がチラリと見えてきた阪神、
このまま勢いに乗って、追走劇となるか?

阪神・秋山、ヤクルト・ブキャナンの両先発でゲームはスタート。

秋山は初回、先頭の坂口にヒットを許しますが、
続く山崎をゲッツーに打ち取りこの回結局3人で片付けます。
対するブキャナン、こちらも先頭・俊介のセンター前ヒット、
上本の犠打で1死二塁とピンチを迎えますが、後続を抑え無得点。
両者、まずまずの立ち上がりを見せます。

続く、2回、3回も、出塁を許しても
要所はきっちりと押さえて、両チームとも序盤3回は無得点。

ゲームが動いたのは4回裏、阪神の攻撃!
1死から福留の安打、大山の四球で一・二塁とすると、
鳥谷がセンターに抜ける痛烈なタイムリーを放ち
阪神が1点を先制!均衡を破り、甲子園が歓声に包まれます!

ブキャナンもその後は、立ち直り、
6回を鳥谷のタイムリーによる1点のみにおさえて、
打線の援護を待ちます。

しかし、既に虎のエースと言ってもいい、秋山
気迫のピッチングで、ヤクルト打線の前に立ちはだかります。
結局、7回を7安打4三振無失点
ヤクルト打線に得点を許さないまま、後のマウンドを託します。

その後、阪神は岩崎マテオドリスと細かい継投、
最少得点差を守りきり、ゲームセット!
3連勝で、首位・広島に5.5ゲーム差まで迫りました!

昨夜のサヨナラ勝ちに続き、ベテラン鳥谷の1992本目の安打で
唯一の得点を奪い、投手陣が虎の子の1点を守りきった今夜のゲーム、
勝負の分かれ目について、解説:下柳さんにお話しを伺いました。

下柳剛が見極めた勝負の分かれ目!

阪神は、最少得点差でよく逃げ切った。
リリーフ陣が良い仕事をしている。
1年を通して、本当によく頑張っている。
秋山は余計な四球を与えない、素晴らしい投球だったが
ポイントとなったのは初回と6回。
初回は先頭の坂口にヒットを許した後の
山崎を初球でダブルプレーに仕留めた。
さらに6回も先頭の山崎にヒットを許したあと、
続くバレンティンを初球でダブルプレーに仕留めた。
このプレーがヤクルトの攻撃力を削ぎ、
チームに流れを引き寄せた。大きなプレーだったと言える。
金本監督が言っていたように、
8月9月に強いチーム作りというのが実を結びつつある。
キャンプから、ウエイト、振り込み、ランニングと
厳しい練習を重ねてきたことが、
この厳しい時期にきて、活きている。

秋山の好投と鳥谷のタイムリー、
そしてそれを守りきる充実のリリーフ陣、
阪神の反撃が楽しみになってきました♪

次回のエキサイトベースボールは
9月1日(金)夕方5時50分から、
横浜スタジアムの  DeNA-巨人 の第21回戦を、
解説:「大魔神」 佐々木主浩さん
実況: 小笠原亘アナウンサーで
試合終了までお送りします。お楽しみに!


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/