お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

綺麗に痩せるコツは「タンパク質」が重要!

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス 健康相談塾」

リスナーのみなさまから健康と“食”に関するお悩みを募集し、

専門家の方にアドバイスを頂きながら、気になる健康情報をお届けしています。

 

番組では、健康に関するお悩みを募集しています。

ハガキ:〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「健康相談塾」係。

メール:ohayou@tbs.co.jp 是非、ご相談内容に、

コーナーの感想も是非添えてお送りください。

お便りが採用された方にはサントリーから素敵なプレゼントをお送りします。



東京都新宿区 ラジオネーム:万年ダイエットさん44歳女性の方からのお悩みです。

日々、ダイエットをしています。少しは痩せてきましたが・・・
なんだか、貧相な見た目になったように思えます。
女性らしく、「きれいに痩せる」コツはありますか?

  今朝は、ひめのともみクリニック院長・姫野友美先生に、綺麗に痩せるコツについて伺いました。

<姫野先生のお話>

メリハリ・ボディを目指すには・・・
「しなやかな筋肉」が必要です。筋肉の材料となるのは、「タンパク質」
タンパク質は、「皮膚」「血液」「内臓」「髪」「爪」「骨」など、細胞のひとつひとつが、タンパク質で出来ている。
サラダばかりの食生活では、タンパク質が不足します。「肉」「魚」などのタンパク質をしっかり摂りたい。

タンパク質が不足すると、「枯れたボディ」になってしまう。
肌荒れ、髪・爪などもハリが無くなる。
脳内ホルモンの合成にも、タンパク質が関わるため、「考えがまとまらない」「気持ちが安定しない」など、脳の働きも不安定になる。

最低でも、体重1㎏あたり、1グラムのタンパク質を摂りたい。
体重50㎏なら、50グラム といったイメージ。
とはいっても、肉を50グラム食べたら、そのままタンパク質が、50グラム摂れるわけではない。
肉50グラムに含まれているタンパク質は、およそ10グラム。加熱調理してあれば、さらに半減して、4〜5グラム。
なので、タンパク質は意識的に摂っていかないと、不足しがち。ナゲットや、ハンバーガーでは、肉を食べたとは言えない。

タンパク質が不足すると、「胃もたれ」も起こしやすくなります。
タンパク質不足→消化液が作られない→栄養素の消化吸収が、上手く出来ない→胃もたれが起きる→「肉」「魚」が食べられなくなる・・・
という悪循環。
加えて、タンパク質は、食べた分を毎日使います。
タンパク質の摂り溜め、食べ溜めは、出来ません。
タンパク質をたっぷり摂ると、ダイエットをサポートする「成長ホルモン」が、
作られやすくなります。成長ホルモンは、筋肉を増やして、脂肪をつきにくくする働きがあります。