お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

ヴァイオリニスト・NAOTOさんの奏でる音色と、心の共鳴!【アルチュール・ランボー】(前編)

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 

今週はゲストにヴァイオリニストのNAOTOさんをお迎えして、
アルチュール・ランボーの詩や書き残されたものを中心とした朗読をお届けしました。

 20170903bunngaku
中嶋朋子さんの朗読に、NAOTOさんの奏でるヴァイオリンの音色。
とても贅沢な今回の放送、いかがでしたでしょうか?
 
演奏と朗読を同時に収録しているので、アイコンタクトでタイミングや空気感を伝え合ったり、
さらに相乗効果でお二人の感情が高まっていく瞬間がみえたり…!
 
「NAOTOさんの奏でる音によって、ランボーの詩や生き様の理解が深まった」
と朋子さんも仰っていたように、まさに音に導かれて言葉が引き出されていたようで、
“共鳴する”ということの素晴らしさを改めて感じました。
 
音とは、“振動”。
目には見えないものだけど、
だからこそ肌や心がその振動に直接大きな影響を受けているのかもしれません。
 
楽器を通して伝わるNAOTOさんの思いの込もった振動が、朋子さんの心と共鳴し、
ランボーの世界観がさらに大きく膨らんでいく…
 
生演奏だからこそ生まれる素敵な瞬間に立ち会え、幸せな収録時間でした!
 
 
来週も、ヴァイオリニストNAOTOさんの演奏と朋子さんの朗読のコラボレーションによる、
“ランボーの世界”をお届けします。
 
その後に生まれた詩、ランボーを待ち構えていた運命とは?
 
NAOTOさんの素敵な演奏もお楽しみに!
 
 
by 永瀬千裕

 

 

 

ピックアップ