お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


7月30日 国内外のはちみつが勢ぞろい!「はちみつフェスタ2017」(にち10おでかけリサーチ)

安住紳一郎の日曜天国

TBSラジオキャスターの柳沢 怜です。

柳沢 怜

TBSラジオキャスター。車、音楽、お酒、野球観戦が大好き!動物にくわしい。

放送を聴いてから出かけても間に合う!
オススメのスポットから生中継している「にち10 おでかけリサーチ」

▲オープン直後から大盛況

▲オープン直後から大盛況

銀座のイベントスペース「紙パルプ会館」で3日間行われていたはちみつフェスタ2017、最終日に行ってきました。

▲左上からハンガリー、オーストリア、アラスカ、ニュージーランド産のはちみつ

▲左上からハンガリー、オーストリア、アラスカ、ニュージーランド産のはちみつ

今回で5回目。国内外のはちみつ100種類以上が勢ぞろいし、試食や購入ができるイベントです。

▲ピアスもネイルもミツバチのスタッフさん

▲ピアスもネイルもミツバチのスタッフさん

日頃なかなか手に入らない珍しいはちみつに出会えるということで会場は大盛況。オープン前から並ぶ方や、30本以上買うはちみつマニアも珍しくないのだとか。

▲ご自宅にはちみつ専用棚を持つ池田裕子さん

▲ご自宅にはちみつ専用棚を持つ池田裕子さん

ご自身も自宅に100本以上をストックしているという、はちみつマニアのお一人であり、イベントを主催する日本はちみつマイスター協会理事の池田裕子さんにお話を伺いました。

▲北海道から販売に来ていた札幌大通高等学校の生徒さん達。

▲北海道から販売に来ていた札幌大通高等学校の生徒さん達。

会場に並んでいるはちみつは、パキスタン、アゼルバイジャンといった遠い国のはちみつや、高校生が作ったはちみつ、マングローブ、赤こしょうなど珍しい花から採れたはちみつ、白いはちみつ、黒いはちみつ…と形状も産地も本当に多種多様!

▲ハニー・オブ・ザ・イヤー最終審査に進んだ6種類のはちみつ。

▲ハニー・オブ・ザ・イヤー最終審査に進んだ6種類のはちみつ。

最もおいしいはちみつを選ぶコンテスト「第3回ハニー・オブ・ザ・イヤー」も開催されていました。国内産部門、海外産部門の1位から3位までを決めるコンテストです。

▲色の違いだけでも、こんなにバリエーションが。

▲色の違いだけでも、こんなにバリエーションが。

すでに専門家による3次審査までが終わっていて、最終審査に残った6種類のはちみつを試食して投票に参加できる特設コーナーもありました。私も最終審査に残ったはちみつを試食してみることに。

1つ目は【島根県の空港はちみつ】。アジア初!萩・石見空港の敷地内で作られたはちみつです。クセがなく、さらっとしていて食べやすい味でした。

▲飛行機のすぐそばで作られている空港はちみつ。

▲飛行機のすぐそばで作られている空港はちみつ。

2つ目は岩手県の【菩提樹はちみつ】東北より北にしか育たない菩提樹のはちみつです。こちらはクリーム状なんですが清涼感があって、空港はちみつとは全く違うタイプ。

3つ目は、千葉県の【枇杷はちみつ】。酸味も感じられてフルーティー。枇杷の花が咲くのは12月。冬に採れるはちみつはかなり希少だとか。国内のもの3種類でも、それぞれに違った個性と味わいがありましたが、海外のものとなるともっと個性的。

▲キルギスの留学生も販売をお手伝い(左)真ん中はキルギスに現在お住まいの日本女性

▲キルギスの留学生も販売をお手伝い(左)真ん中はキルギスに魅せられて現在お住まいの日本女性

海外産部門1つ目はキルギス共和国の【エスパルセットホワイトハニー】キルギスではメジャーな赤い花エスパルセットのはちみつです。
このはちみつは名前の通り、練乳のように白いんです。とってもクリーミー。

2つ目は台湾の【龍眼はちみつ】。香りがよくて紅茶やブランデー、紹興酒のような大人の味わいでした。

▲2度目の優勝が期待されるレザーウッドはちみつ

▲2度目の優勝が期待されるレザーウッドはちみつ

そして3つ目はオーストラリアの【レザーウッドはちみつ】。タスマニア島の保護地区でたった5人の養蜂家だけが作ることを許されているというもの。別名:食べる香水といわれるほど、お花の香りが豊か!またこのコンテストで初代1位に選ばれていて、2度目の優勝も期待されています。

▲「全国こども電話相談室」で蜂の先生としておなじみだった藤原先生もミツバチと共にご来場。

▲「全国こども電話相談室」で蜂の先生としておなじみだった藤原先生もミツバチと共にご来場。

コンテストの結果は8月3日=はちみつの日に発表されます。おでかけリポーター柳沢の個人的な予想は…国内産部門の1位は枇杷はちみつ。海外産部門の1位は龍眼はちみつ。さて、結果はどうなるでしょうか?

▲はちみつ好きなおでかけリポーター2名の本日の購入品♪

▲はちみつ好きなおでかけリポーター2名の本日の購入品♪

どのお店も試食を沢山させてくれるので、食べ比べ・テイスティングが楽しくて、買って帰るはちみつを選ぶのは本当に困難。沢山買うと重さもそれなりにあるので、マイバッグ持参をおススメします。