お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

痩せ体質になる食生活とは?

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”「生島ヒロシのおはよう一直線」

(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)

ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードに、

生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月曜日の6時10分頃からは、「サントリーウエルネス 健康相談塾」

リスナーのみなさまから健康と“食”に関するお悩みを募集し、

専門家の方にアドバイスを頂きながら、気になる健康情報をお届けしています。

 

番組では、健康に関するお悩みを募集しています。

ハガキ:〒107−8066 生島ヒロシのおはよう一直線「健康相談塾」係。

メール:ohayou@tbs.co.jp 是非、ご相談内容に、

コーナーの感想も是非添えてお送りください。

お便りが採用された方にはサントリーから素敵なプレゼントをお送りします。



神奈川県川崎市 とりてんさん49歳女性の方からのお悩みです。

日々、ダイエットを心掛けてはいるのですが・・・太りにくい友人を見ていると、すごく羨ましいです。太りにくい体質になるには、どうしたらいいですか?

  今朝は、ひめのともみクリニック・院長の姫野友美先生に、痩せ体質になる食生活について伺いました。

<姫野先生のお話>

痩せ体質を妨げる鍵を握っているのが・・・すい臓から分泌されるホルモン・インスリン。食事で糖質を摂ると、血糖値が上がる。すると、インスリンが分泌されて、血糖値を下げる。このとき、全身の細胞で糖はエネルギーとして利用される。余った糖は、筋肉に蓄えられる。しかし、筋肉に蓄えられる量は、多くはない。余った糖は、「中性脂肪」になる。
お菓子、菓子パンなど糖質から食べていたら、「脂肪を蓄えやすい体」になる。
糖質の代わりに、「たんぱく質」をしっかり食べていれば、筋肉が落ちてやつれることもありません。
糖質制限すると・・・太っている人は面白いように減っていく。太っていない人も、スタイルがよくなる。
そして、体中のむくみがとれて全身がすっきりしていく。1グラムの糖質は、3グラムの水分を抱え込むため、糖質は、「むくみの最大の敵」。むくみが無くなると、次に消えるのは「内臓脂肪」。
そのあとは、余分な「皮下脂肪」が燃やされます。糖質制限をするときは、たんぱく質をしっかり摂る。そうすれば、筋肉が細ることはない。
糖質を摂り過ぎると骨が溶けてしまう。血糖値が上がると血液の中のカルシウムは、インスリン分泌のスイッチを押すために、消費されてしまう。血糖値が上昇する回数が増えるほど、つまり糖質をたくさん摂る人ほど、インスリン分泌のために、血液の中からカルシウムがどんどん使われていく。血液中に必要なカルシウム量が足りなくなると、骨からカルシウムを溶かし、血液に必要なカルシウム量を確保するようにできている。