お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


年齢・障害のあるなしに関係なく楽しめる「ユニカール」

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で08:15頃に放送している「人権トゥデイ」。様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

今回のテーマは・・・年齢・障害のあるなしに関係なく楽しめるスポーツ「ユニカール」

年齢・障害のあるなしに関係なく楽しめるスポーツ「ユニカール」

今回は年齢や障害のあるなしに関係なく楽しめる「ユニカール」というスポーツを紹介しました。

ユニカールは簡単に言うと床の上で出来る「カーリング」です。
氷の上で行うカーリングを簡単に楽しめるよう今から37年前にスウェーデンで考案されました。
みんなのカーリングという意味の「ユニバーサル・カーリング」を略して
「ユニカール」と名付けられています。

ユニカールの様子

attachment00

▲「ユニカール」競技中の様子とストーン

ユニカールは幅2m、長さ10mの緑色の専用マットの上で行います。
3人1組で対戦し、交互に10m先にある三重の円の的に向けて、
取っ手のついた円錐形のストーンをツーッと滑らせます。

最終的に円の真ん中に一番近いストーンのチームが勝ち!
ストーンはプラスチック製で重さは3kg。
的までの距離が短く、カーリングのように床をブラシで掃く人もいないので
ストーンを投げられれば誰でもできるというのが特徴です。

今回私は、杉並区の荻窪体育館で行われた「すぎなみユニカール同好会」の練習に参加してユニカールを体験しました。
同好会は70歳~85歳の男女26人で月に8回、練習をしています。

投げ方はボウリングとほぼ同じで、ストーンを体の前に構えてから後ろに腕を振って床に滑らせます。
皆さんに手取り足取り、教わった第一投は・・・

取っ手から手を離すときに滑らせるというより放り投げてしまい、ストーンが弾んで前に進みませんでした。
ただ、2回3回と投げるうちに段々と思ったところに投げられるようになって、
気持ちが良くて2時間の練習があっという間でした。
一緒に練習をした競技歴5年の70歳、竹元けさ子さんは

竹元けさ子さん
「今までスポーツはやったことがないんですけど、これは楽しいです。
ストーンが自分の思っていたところに行ったりとか、相手を出して得点につながるともう嬉しいですね。
他の方にも言われるんですけど、私いつも暗かったらしいんですけど。みなさんがいいお顔になったと言ってくれます。」

と、はつらつとした表情で話してくれました。

ユニカールは気軽に始められる一方で、
相手のストーンを飛ばしたり、仲間のストーンを守ったりと頭を使います。
それがまた面白くて虜になるんだそうです。

次に紹介するのは、障害者を対象にした練習会「チャレンジドすぎなみ」です。
練習は杉並区にある障害者支援施設「すだちの里」で月に1度行われています。
取材をした日は、知的障害やダウン症の症状がある10代から50代の男女13人が集まりました。

ここでは、先ほどの「すぎなみユニカール同好会」の皆さんがボランティアで教えています。
力が弱い人は投げる位置を前にするなど、どんな障害があっても楽しめる工夫と
わかりやすく褒めながら教えてくれるので参加者はとても嬉しそうでした。
中でも競技歴5年で力をつけた20代の男性陣は去年、全国大会に出場。健常者チームを相手に勝つことができたそうです。

現在、国内には28の都府県にユニカール協会があり、愛好者は3万人と少しずつ広がりをみせています。
最後に、同好会のメンバーでユニカールの普及に力を入れている東京都ユニカール協会会長の石井功樹さんに今後の目標を聞きました。

石井功樹さん
「 実は3年前に東京国体があって、そのときに杉並区で障害者のユニカールの大会をやってもらえないかということなので、これは一ついいことだと思ってやりました。
これが口火になってパラリンピックの時のいわゆるオープン種目、いわゆる宣伝のこういうスポーツがありますよということで今、動いているところです。
なかなか難しいですね。認知度が低いですから。まだまだ。それが私の目標ですね。」

現在、道具は日本で販売されていません。
ストーン6個と専用マットのセットはスウェーデンから輸入するしかなく、
一式43万円と高いのも課題のひとつです。

石井さんは、4年後の東京パラリンピックのオープン種目という目標に向けて
体験会を積極的に開いて一人でも多くの人に知ってもらいたいと話していました。
是非、4年後の東京パラリンピックで観てみたいですね。

(担当:岡本祥子)

<お問い合わせ>
・東京都ユニカール協会のホームページ
・東京都ユニカール協会 事務局 石井功樹さん
【TEL】03-5922-3655 まで
※首都圏のチームや体験会の情報も石井さんまで