お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

おーい! 一卵性双生児でも片っぽが大怪我した時、もう片っぽは普通にグーグー寝てるってよー!

ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル

20170603_01

どうも! 第54回ギャラクシー賞・ラジオ部門選奨受賞番組、「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」です!

頂いたトロフィー、大切にしています! とても握りやすくなってもう壇上でうっかり落としたりすることはないと思いますので(※宇多丸がDJパーソナリティー賞受賞時における惨劇)また今度、もうちょっといいやつください!

20170603_03

こんなにもギャラクシー賞についてネチネチ喋り続けるパーソナリティーも珍しいのではないでしょうか。

でも、他に受賞したラジオもテレビも本当にどれも面白そうで、普通にめちゃ刺激を受けました。

ギャラクシー賞、楽しい!

20170603_04

さてこの夜の特集は、ヒップホップ・バンドP.O.Pの上鈴木兄弟を迎えて送る「双子あるあるクイズ」!

20170603_07
20170603_08

青いキャップがお兄さんのタカヒロさん。迷彩柄のキャップが弟の伯周さん。
ふたりとも実は伊達眼鏡で、あえてキャラを立たせた上で実際以上に寄せていこうというビジネス双子です。

20170603_05
20170603_06

そんな一卵性双生児に聞く双子あるあるをクイズ形式で学んでいきます。

「双子は好きな子が一緒になる?」
「双子は片割れに大きな怪我をしたら気付く?」
「双子はラップをすると韻が被る?」
「双子の中でもマナカナは別格である?」

どれも興味深い。
詳しく中身を知りたい人はこちらから↓

そして結論としては、「宇多丸は一人っ子ではなくすでに双子である」という意外過ぎる着地で幕を閉じました。

20170603_09
20170603_10

音楽コーナーディスコ954に登場したのは、これが番組初出演となる弱冠19歳の俊英・シンリズムくん。

すでにアルバムを2枚リリースしているシンガーソングライターで、ライブではフットサンプラーも駆使するマルチプレイヤーで、なおかつタマフルリスナーでもあるという、大変見上げた若者でした。

売れろ!

20170603_13

DJミッシェル・ソーリーさんと上鈴木兄弟も交えて全員で記念写真。

20歳ぐらい年齢離れてるけど、意外と違和感ないからオッケー!

20170603_14

週刊映画時評「ムービーウォッチメン」で扱った映画は、『ブルーバレンタイン』『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命』のデレク・シアンフランス監督の最新作『光をくれた人』

【映画評書き起こし】宇多丸、『光をくれた人』を語る!(2017.6.3放送)

20170603_15

そして来週の映画は、吉田大八監督の最新作『美しい星』に決まりましたー。

【オマケ】
20170603_17
ギャラクシー贈賞式。

番組を代表して登壇したのは番組ディレクターのミノワダD。遺影オマージュの賞状の持ち方から迸るバッドバイブス。

20170603_16
あ、ミノワダが一瞬笑顔に!

20170603_02
荻上チキさん&南部広美さん&スタッフの皆さん、受賞おめでとう!

ちなみにミノワダDはこの瞬間にこっそり中指を立てていたそうで、うちが受賞しなくてよかったです!

文/古川 耕(構成作家)
写真/小荒井 弥(音楽ディレクター)

◆TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」第529回(2017年6月3日放送)放送後記

◆過去のタマフル放送後記はこちらから。