お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


「“世界水の日”〜水不足で企業リスク増大!一方、国内の水道料金の格差も8倍!~橋本淳司さん」3月21日(月)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時〜)

荻上チキ・Session-22

2500_1100_SS22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

3月21日(月) Main Session(探究モード)
3月22日は「世界水の日」。世界的な水不足から、身近な水道料金の値上げまで〜今、私たちが直面している課題とは?〜

【スタジオゲスト】
水ジャーナリストの橋本淳司さん

橋本淳司さん

橋本淳司さん

▼3月22日は国連が定めた「世界水の日」。水資源の開発・保全について考える日として世界各国で国際的な課題について、普及・啓発するための会議やセミナーが予定されています。国連の報告書によると、2030年には世界の水不足が深刻化。現在のペースで水の消費が続けば、この15年間で、世界で必要な淡水が40%不足する見込み。一方、水資源が豊かとされる日本においても、水道料金の値上げが各自治体で相次ぐなど、「水」をめぐってはグローバルな問題から身近な懸念まで、様々な課題が指摘されています。

▼そこで、「世界的な水不足とは?」「企業の“水リスク”とは?」「水道料金はなぜ値上げ?」「政府による対策は?」などについて、水ジャーナリストの橋本淳司さんに詳しく伺ったメインセッションです。

※ポッドキャストの配信は終了しました。

100年後の水を守る―水ジャーナリストの20年 (文研じゅべにーる)いちばんわかる企業の水リスク: 地球の水が足りない、Tシャツ1枚に2900ℓの水がつかわれている!

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ。
===============================