お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


坂本の成長と新戦力・石川の台頭!

エキサイトベースボール&TBSラジオスポーツ

本日のエキサイトベースボールは
「巨人-阪神」の第7回戦を
解説: 清水隆行さん
実況: ラジオ日本 矢田雄二郎アナウンサーで
お届けしました。

昨夜は好調・阪神の強さが際立ったゲームとなり
巨人のエース菅野が攻略されました。
伝統の一戦第2ラウンド!
この勢いのまま、阪神が走るのか?首位阪神に巨人が待ったをかけるのか?
大注目のゲームとなりましたが、、、、、、

昨夜のゲームと一転、
今夜は巨人がホームラン攻勢をかける空中戦となりました。

1回には主砲・阿部6号2ランで先制パンチ!
しかし、好調阪神打線も負けていません。
2回、鳥谷犠飛糸原タイムリーですぐさま同点に追いつきます。

しかし、今日の巨人打線は止まりません。
3回、キャプテン坂本5号3ラン、そしてマギーの2試合連続の6号ソロ
4点を奪い、勝ち越しに成功!
更に、4回には不振にあえぐ、長野1号ソロが飛び出します。
まだまだ止まらない巨人打線。
5回には坂本2打席連続となる6号ソロ小林タイムリーなどで2点を追加し
スコアは9対2。

今日はここまでか、、、、、と雰囲気が漂い始める中、
猛虎が牙をむきます!
6回に一挙集中打!4点を奪い、9対6と差をつめます。
9回にも中谷の3号ソロで、9対7と追いすがりますが、反撃はここまで。
巨人が5本のホームラン攻勢で逃げ切りました。

絶好調のキャプテン坂本が試合を決めた今日のゲーム
注目ポイントについて、解説:清水さんにお話を伺いました。

清水隆行が見極めた勝負の分かれ目!
不振の長野にホームランが出たことは、今後に向けて大きい。
そして、1番に起用された、石川が2度の出塁。
それが2回とも得点に繋がっている。
石川の1番起用は、今後に期待が持てるのではないか。
クリーンナップは坂本を中心として、状態が良いだけに
それを活かすには、1、2番の活躍が欠かせない。
新戦力・石川の台頭は巨人にとって大きな意味を持つし、非常に楽しみだ。
2ホーマーを放った坂本は、色々と自制をしながら
打席に立っているように感じられる。
気持ち良く打つだけではなく、勝つために、確率を上げるために
窮屈な打ち方を選んでいるケースも見られる。
そんな中で、逆方向に放り込んだホームランに関しては
見事としか言いようがない。

現役時代は目を疑うような弾丸ライナーのホームランをライトスタンドに
放り込んできた清水さんも絶賛した坂本の逆方向への2本のホームラン。
WBC以降も絶好調を続けるキャプテン坂本の成長が頼もしいですね。
新戦力・石川の台頭も巨人ファンにとっては楽しみが増えてきたと言えるのではないでしょうか。

次回のエキサイトベースボールは、
5月11日(木)夕方5時50分から、ナゴヤドームの中日-DeNAの第9回戦を、
解説: 山田久志さん
実況: 名古屋CBCラジオ 宮部和裕 アナウンサーで
試合終了までお送りします。お楽しみに!


TBSラジオのプロ野球中継「エキサイトベースボール」
https://www.tbsradio.jp/eb/

ナイターシーズンの火曜日から金曜日17:50~試合終了まで放送
TBSラジオ『エキサイトベースボール プロ野球速報』
https://www.tbs.co.jp/baseball/