お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

図書館で読みたい本がないときは「ビブリオバトル」

ジェーン・スー 生活は踊る

最近、図書館行ってますか? 子どもの頃は行っていたけど、大人になってからは・・・という方に! 「意外と知らない図書館で開催されているイベント・図書館の活用法」を図書館マニア・竹内庸子さんに伺いました。

図書館でも開催中!本のオススメ対決 ビブリオバトル!

たまにはいつもと違う本を読んでみたい、オススメの本の情報をいろいろ聞いてみたいという人にオススメ。そもそも「ビブリオバトル」とは、バトラーと呼ばれる参加者が自分の好きな本をオススメし「どの本が一番読みたくなったか?」という基準で投票をして、最も票を集めた本をチャンプ本とする、バトル形式のイベント。最近図書館で主催するところが増えてきています。「バトル」という言葉で、怖いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、プレゼンコンテストや弁論大会ではなく、「どの本がどうして好きか」という好みが表れるコミュニケーションゲームです。

近いけど異なるタイプのイベントとして、決められた課題本の感想を語り合う「読書会」もあります。まだ読んでいない人に本を紹介するビブリオバトルとは違い、ネタバレの話もできます。また、同じ本も人によって感想が違うので、本の読み方が広がります。
「オススメの本」はもちろん、大人になってから交流したい、そして「友達を作りたい」「婚活したい」という人にも「ビブリオバトル」や「読書会」は「本とも人とも出会える」オススメなイベントです。

地域のことを調べて、ネット上で公開する“ウィキペディアタウン”

その地域の観光名所や文化財のことを、図書館資料などを使って調べて、その場でウィキペディアを更新するイベント。東久留米市立中央図書館では、東久留米市に今でも伝わる伝統芸能「南沢獅子舞」を調べて、ページを作りました。今後の開催予定は、ウィキペディアの中にある「プロジェクト:アウトリーチ/ウィキペディアタウン」というページにまとまっているので、行ってみたい方、チェックです!

ここまで、図書館で開催されているイベントについて紹介してきましたが…図書館って忙しくて行けない、遠くて行けない、という人も多いんじゃないでしょうか。

最近では、在住・在勤じゃなくても、本が借りられる図書館が増えているんです。
例えば、大学進学を機に一人暮らしをしているけど住民票は実家のままの学生さんや、長期滞在型の旅行をしている人なども、借りられる図書館があります。
都内だと、荒川区、北区、品川区、世田谷区、中央区、千代田区、豊島区、文京区、目黒区、小金井市、そして、変わったところだと八丈島の八丈町。
住民票のある住所と、滞在先のホテルを届ければ借りられます。

外出先で仕事をしたい人がセカンドオフィスとして使ったり、カフェ併設・蔵書持ち込みも可能。最近の傾向は夜遅くまで利用できる図書館も増えてきています。
大人になった今でも、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。
生活は踊る20170508