お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「そうだ京都行こう」でおなじみMy Favorite Things厳選カバー特集!

ジェーン・スー 生活は踊る

ゴールデンウィーク直前の4月28日。音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが旅情をかきたてるジャズスタンダート、My Favorite Thingsの名カバーを紹介しました!

生活は踊る20170427

【高橋芳朗】
今日はゴールデンウィーク直前ということでこんなテーマでお送りいたします。『そうだ、旅行に行こう!〜旅情をかきたてるスタンダード「My Favorite Things」特集』。

【ジェーン・スー】
きましたー。

【高橋芳朗】
明日からいよいよゴールデンウィークに突入ということで、きっと旅行に行かれるという方も大勢いらっしゃると思います。そこでなにか旅情をかきたてられるような曲をかけたい、ということで今回選んだのがJR東海の観光キャンペーン「そうだ 京都、行こう」のCMソングとしておなじみ「My Favorite Things」でございます。もう皆さんご存知ですよね?

【ジェーン・スー】
この曲はやっぱりJR東海のCMで知ったという人が多いんじゃないですかね。

【堀井美香】
うん、あとちょっと秋っぽいですよね。

【高橋芳朗】
確かに、秋っぽさもあるかもしれないですね。「My Favorite Things」について一応補足しておきますと、日本語タイトルは「私のお気に入り」。ミュージカルの『サウンド・オブ・ミュージック』の劇中歌として作られた曲で、1965年に公開された映画版『サウンド・オブ・ミュージック』のジュリー・アンドリュースのバージョンがよく知られているんじゃないでしょうか。

【ジェーン・スー】
そうですね。

【高橋芳朗】
今日はその「My Favorite Things」を、いろいろなジャズミュージシャンの名演で楽器別に味わってみたいと思います。まずはサックス編として、ジョン・コルトレーンのバージョンから。1961年の作品です。やはり「My Favorite Things」といえばコレ、という方も多いと思います。コルトレーン自身も晩年まで演奏していたお気に入りのレパートリーですね。

M1 My Favorite Things / John Coltrane

【ジェーン・スー】
素敵だねー。

【高橋芳朗】
続いてはギター編。ギター編は、ケニー・バレルというジャズギタリストが1966年にレコーディングしたバージョンを。オーケストラをバックに従えたゴージャスな演奏がめちゃくちゃかっこいいです。

M2 My Favorite Things / Kenny Burrell

【高橋芳朗】
3曲目はピアノ編。ピアノ編は、ピート・ジョリー・トリオによる1963年のレコーディングです。こちらはドラマティックなワルツジャズですね。

M3 My Favorite Things / Pete Jolly Trio

【高橋芳朗】
いま曲がかかっているあいだ、「My Favorite Things」を京都の観光CMに当てたのがすごいよね、なんて話をしていたんですけどね。このCM、1993年にスタートしたそうで。コンセプトは「世界一の絵はがきを作りたい」とのことです。

【ジェーン・スー】
バブルっぽいねー! お金のある人たちの発想だよ!

【高橋芳朗】
ね(笑)。じゃあ最後を締めくくるのはボーカル編でございます。ボーカル編は、今年2月に亡くなったアル・ジャロウが1965年にレコーディングしたバージョンをお届けしましょう。歌入りということで「My Favorite Things」がどんなことを歌っているのか、歌詞の大意をご紹介しておきますね。タイトル通り、お気に入りのものを羅列していく内容になっています。「薔薇の花びらの上の雨のしずく、子猫のヒゲ、銅でできたピカピカのやかん、あったかい羊の毛のミトン、クリーム色のポニー、さくさくのリンゴのパイ、ドアの呼び鈴、ソリの鈴、月夜を飛ぶ雁(がん)の群れ。それが私のお気に入り。犬に噛まれたとき、蜂に刺されたとき、悲しい気分のとき、私のお気に入りを思い浮かべると嫌な気分も吹き飛ぶの」

【ジェーン・スー】
うん。

【高橋芳朗】
映画の『サウンド・オブ・ミュージック』ではジュリー・アンドリュース演じるマリア先生が雷を怖がる子供たちに「My Favorite Things」を歌ってなだめるわけですけど、それはつまりこういうことなんですね。自分の好きなものを思い浮かべていけば恐怖や不安も消え去るよ、と。あと「My Favorite Things」はクリスマスソングとして歌われることも多いんですけど、それは歌詞で羅列している「お気に入り」に冬を連想させるものがたくさん含まれているからということです。では聴いてください、アル・ジャロウで「My Favorite Things」です。

M4 My Favorite Things / Al Jarreau

【ジェーン・スー】
いいねー。

【堀井美香】
もう京都に近づいてきた気分になるね。豊橋ぐらいまで来た感じ(笑)。

【ジェーン・スー】
堀井さんのフェイバリット・シングスをいくつくか挙げるとしたらなんですか?

【堀井美香】
フェイバリット・シングス? そうですね……えーっと、味噌?

【高橋芳朗】
フフフフフ……。

【堀井美香】
取り寄せた味噌。芳朗さんは?

【高橋芳朗】
ペヤングですね。

【ジェーン・スー】
ペヤング……味噌……。

【堀井美香】
スーさんは?

【ジェーン・スー】
佐藤水産の筋子。

【高橋芳朗】
「それが私のお気に入り。犬に噛まれたとき、蜂に刺されたとき、悲しい気分のとき、私のお気に入りを思い浮かべると嫌な気分も吹き飛ぶの」

【ジェーン・スー】
フフフフフ。佐藤水産の筋子を思い浮かべると、たしかに嫌な気持ちも吹き飛ぶかもしれない。

【堀井美香】
わかるー。でもホントいいですね。曲を聴いているだけで旅をしてる気持ちになります。

【高橋芳朗】
まあ、僕らはゴールデンウィークといってもどこかに行くわけでもないからね。

【ジェーン・スー】
うん、見守り型ゴールデンウィーク(笑)。

高橋芳朗のミュージックプレゼント My Favorite Things特集http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170428112347

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

※Text by みやーん(文字起こし職人)

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア(稀にかかる邦楽はディレクター選曲)。最新1週間のリストは以下です。

4/24(月)

(11:03) Street Player / Chicago
(11:44) Double Love / Crackin’
(12:15) I’ve Got The Feelin’ / James Walsh Gypsy Band
(12:23) When Will You Be Mine / Average White Band

4/25(火)

(11:04) Heat wave / Martha Reeves & The Vandellas
(11:14) He’s good guy / The Marvelettes
(11:44) You lost the sweetest boy /Mary Wells
(12:16) Needle in a haystack / The Velvelettes
(12:25) 銀河特急 / 松崎しげる
(12:50) Looking for the right guy / Kim Weston

4/26(水)

(11:02) Spooky / Classics IV
(11:43) Suddenly I See / Salt Water Taffy
(12:17) All I Ask / The Innocence

4/27(木)

(11:04) Simmer Down / The Wailers
(11:44) Man to Man / Lord Creator
(12:18) I’m in The Mood for Love / Lord Tanamo
(12:50) Garden of Love / The Skatalites

4/28(金)

(11:03) Stomp! / Brothers Johnson
(11:42) Split Decision / The Spinners
(12:15) Always Room for One More / McFadden & Whitehead
(12:50) Sweet Sensation / Stephanie Mills