お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

サンドイッチに野菜をそのまま挟むのは素人?

ジェーン・スー 生活は踊る

みんな大好きなサンドイッチ。ご飯、おやつ、お弁当など様々なシチュエーションで食べることが多いサンドイッチを家でつくる、という方も多いと思います。そんな方々のために、お手製サンドイッチをおいしくするポイントを、書籍「サンドイッチの発想と組み立て」の著者、ナガタユイさんに伺いました!
DSC_9471ナガタさんが語る、おいしいサンドイッチを作る基本のポイントは3つ!

1)食材に合わせてパンの種類と厚さを決める!
▼パン選びで大事なのは、「薄さ」。
▼具材とのバランスを考えて、食パンの薄さを変えましょう。
▼例えば、具材が薄味でシンプルなもの(ハム・レタスなど)の時には、薄めの食パン。具材の味が強いもの(カツサンドなど)の時にはぶ厚目のパン。といった具合に、具材の味を引き立たせたり、
パンが具材に負けないように、選びましょう。

2)野菜にはマヨネーズだけでなく、しっかりと塩・胡椒で下味をつける!
▼野菜にしっかり下味をつけるのも、サンドイッチを美味しくするコツ。
▼例えばキュウリの場合は、塩、ホワイトペッパー、ビネガーで味付け。キッチンペーパーで余分な水分を吸い取ることも忘れずに!
▼下味をつけるときは、ホワイトペッパーがおすすめ!

3)味と鮮度の持ちが格段にアップ!必ず無塩バターを塗る!
▼パンにバターを塗る理由は主に3つ!
・1つ目は、美味しさアップのため。
・2つ目は、食材とパンをくっつけるノリ代わり。
・3つ目は、食材の水分移行の防止。
▼特に3つ目は、バターの油脂で水分移行を防ぐことができるので、サンドイッチの味を、長時間保つためにはとても重要なんです!

最後に、ナガタさんにこの春オススメのお手製サンドイッチを用意いただきました。
DSC_9464菜の花と桜とプロシュートのバゲット・サンドイッチ

菜の花と桜を具に使った、春らしいサンドイッチ。これが、信じられないくらいとんでもないおいししさでした!

詳しいレシピは、下の音声リンクの後半で紹介しています。

もっと詳しく知りたい人は、↓ナガタさんの著書とwebサイトをチェック!