お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

炭酸飲料のシュワ感キープ方法に結論が出た

ジェーン・スー 生活は踊る

暖かくなると、炭酸飲料でシュワっとスカッと涼をとるなんて人が多くなってくるとおもいます。しかし、ちょこっと一口飲みたいだけで、一本、全部はいらない。でも、飲みきらないと、炭酸が抜けておいしくなくなっちゃう。なんてときも正直ありますよね?

そこで、炭酸が抜けにくくなると噂の保存方法を、コカ・コーラを使っていくつかテスト!

新品のコーラを炭酸指数10(番組オリジナルの指数)として、測定していきます。

まずは、一度飲んで、なにもせず一日置いたコーラ。
DSC_9404こちらは、やや炭酸が抜けている感じ。炭酸指数は6。

さて、ここから本番。
炭酸が抜けにくくなると噂の方法で、保存したコーラを飲んでいきます。

1)逆さにして一日保存したコーラ
IMG_1942
キャップ部分が液体が封じられるため、炭酸が漏れず、キャップを上にして保存するよりずっと炭酸が長持ちするとのこと。
こちらは、まだまだ炭酸のパンチが残っていました。炭酸指数は、7。

2)ペットボトルを潰して、空気を極力抜いた状態で一日置いたコーラ
IMG_1941
飲み残しのペットボトルをできるだけ潰してから保存します。そうすることで、炭酸が抜け出してしまう空間を減るので、気が抜けるのをある程度は防ぐことができるとのことですが、こちらは、効果薄。なにもせずに保存したものよりも炭酸が抜けている感じでした。
炭酸指数は、最低の4。

3)炭酸が抜けにくくなるアイテム=炭酸抜けま栓EZキャップをつけて一日置いたコーラ
IMG_1940
ペットボトル内に空気を押し込み、中の圧力を高めることで、炭酸ガスが空気中に逃げにくくするそうです。どれくらい空気が圧縮されているかというと、栓を開けたときに風を顔面に感じるほど!音もすごい!(その模様は、下の音声リンクで聞けます。)
こちらは飲んだ感じ、飲み比べないと新品と思ってしまうほど、炭酸が残っていました。
炭酸指数は、8。
<まとめ>
テストの結果、やはり専用のアイテムをつければ、炭酸はかなりキープできることがわかりました。しかし、わざわざ専用の道具を買うのは、もったいない!という方は、逆さまにして保存がオススメ!一日くらいなら、新品とさほど変わらず、炭酸のおいしさをキープできますよ!