お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

”インスタ映え”命!! 今なぜ、インスタントカメラが人気復活なのか?

森本毅郎 スタンバイ!

ドイツのカメラの最高峰「ライカ」がこの冬、インスタントカメラを発売して、今たいへん人気になっているそうなのです。なんで今さらインスタントカメラが?? そこで・・・。「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまる「現場にアタック」!!

今日4月11日(火)は、レポーター近堂かおりが『”インスタ映え”命!! 今なぜ、インスタントカメラが人気復活なのか?』をテーマに取材しました!

まずはライカカメラジャパンの広報 田中紘子さんのお話です。

★ライカ初のインスタントカメラ!!

田中紘子さん
「ライカ ゾフォートの”ゾフォート”は、ドイツ語で”今”とか”瞬間”を意味する言葉なんです。この言葉が意味するように、ライカ ゾフォートは大切な瞬間をより手軽に楽しく切り取るというコンセプトで登場した、ライカ初のインスタントカメラです。私たち社員も、インスタントカメラなんだ! と最初は衝撃を受けました。今回のライカ ゾフォートはライカを手にする機会がなかったようなお客様や、若い方々から女性の方々、幅広い方にすごくご好評いただいております。」

 

ライカ・ゾフォート!かっこよさとかわいさを併せ持つデザイン。さすが、ライカ!

ライカ・ゾフォート!かっこよさとかわいさを併せ持つデザイン。さすが、ライカ!


今はみんな写真はスマホだから、デジカメも使わなくなっているのに、インスタントカメラは人気なんですね。ライカのほかにも、富士フイルムのインスタントカメラ”チェキ”とか、同じく富士フイルムのフィルム付きカメラ”写ルンです”といった、ひと昔前に見なくなってしまったカメラが今、人気復活しているというんです。

チェキと写ルンです! ああ、懐かしい!!

チェキと写ルンです! ああ、懐かしい!!

★レトロ! きれいすぎない! そこがまたかわいい!!

東京・渋谷で若い女性たちに、こうしたカメラで撮っているのか聞いてみると、みなさんかなり使っているようでした。

●「持ってます、チェキ。見た目がかわいいから。出てきたフィルムがかわいい。めったにないようなイベントは、これでかわいく収めたい。」
●「子供の頃、めっちゃ使ってました。お母さんとかが、これ持って出かけるみたいな。復活です、今、”写ルンです”。」
●「チェキ持ってます。淡い感じで味がある。なんかちょっとレトロになって、きれいすぎない。またそれもかわいい。一周回って戻ってきたみたいな感じ。」

 みなさんフィルム写真のレトロな感じが気に入っていました。考えてみれば、今の女の子たちは、自分のお母さんたちがインスタントカメラとか写ルンですを持ち歩いていた頃に、子供だった世代なんですね。”今この瞬間”を切り取るということではスマホにかなわないけれど、シャッターを押したら写真がべろーっと出てくる感じとか、現像するまでうまく撮れたかどうか分からない感じが、”一周回って”新鮮。写真がきれいすぎないのがかわいい!!

★”インスタ映え”って知ってました!?

 でも彼女たちは、インスタントカメラや写ルンですで獲って終わり・・・ではなく、その写真を、さらにスマホで撮影するのがイマドキなんだそう。なぜなのか?

●「みんな”写ルンです”で撮って、それをインスタグラムにあげて、レトロな感じの写真をアップするのが流行っていると思います。たぶん、“インスタ映え”がすごいっていうか。ドリンクカップのストローにドーナッツを刺して(輪に通して)撮るのが流行ってるけど、これもインスタ映えだと思います。みんなやってるじゃないですか。このソフトクリームもインスタ映えする~。”写ルンです”とかもめっちゃインスタ映え。」

 インスタ映え!! これが今日のキーワードです。

『インスタグラム』というスマホのアプリ。通称『インスタ』。スマホで撮影した画像をインターネットにアップしてたくさんの人と共有するSNSサービス! 要するに、みんなに見てもらうことに使っている。そのためには”人気のスポットに行っているワタシ”とか、”話題のスイーツを食べているワタシ”をかわいく撮りたい。しかも、できるだけほかの人と差別化したい。そこにレトロ感のあるインスタントカメラや写ルンですが、はまった。女の子が”インスタ映え”と言っていましたが、これこそが今の若い人たちを突き動かす一番の動機になっているのが、話を聞いてよく分かりました。

インスタントカメラの写真をスマホで撮影にチャレンジ!・・・でもこれ、意外と難しい!

インスタントカメラの写真をスマホで撮影にチャレンジ!・・・でもこれ、意外と難しい!

★”インスタ映え”が人気のポイント!!

 ライカカメラジャパンの田中さんも、今のインスタントカメラの人気復活をこう分析しています。

田中紘子さん
「みなさん写真には相当にこだわって、ロケハンする方もいるようです。例えば何かのイベントに招待されて、それを撮影して自分のインスタにアップするという方だと、どこで、どう人と違う写真を撮ろうかというのをロケハンして、念入りに考えて、撮影するらしいんです。それだけ自己表現の場としてインスタグラムが活用されていて、その中でライカ ゾフォートのようなインスタントカメラでの写真を活用した自己表現が、ひとつの形として、流行として出てきているような状況ですね。」

 最近のいろいろな流行をみてみると、その背後に『インスタ映え』というキーワードが見えてきます。お店も、スイーツも、観光スポットも・・・そのほかのヒット商品も、今や『インスタ映えします!』というのが売り文句になっている状況。それが、今のインスタントカメラの人気ぶりにも表れているのですね。

 どういうものが”インスタ映え”なのか・・・彼女たちの独特なセンスをつかむのも大変ですが、いろんなビジネスが”見栄え”を気にしなきゃならなくなって、これまた大変な時代ですね。

 

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。

近堂かおりの現場にアタックhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170411073326

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)