お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

明日へのエール「エールシアター」。映画雑誌「SCREEN」編集局長・米崎明宏が選ぶオススメ映画!

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜 21時00分〜22時00分)。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、過去と現在に散らばる様々な言葉の中から、とっておきの言葉を集めてお届けしています。これらの「ことば」が、リスナーの皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です。


「エールシアター」(3月25日(土))

映画雑誌「SCREEN」編集局長・米崎明宏さんに、生きるヒントや、人生のエールになるような映画についてお話をうかがっている「エールシアター」。今回、米崎さんが選んだ映画は「ペイ・フォワード 可能の王国」

「世界を少しでも変えられたら…!」と願う少年が、日々奮闘する姿を描いた2001年公開の映画です。 出演は、主役の少年トレバー役に、ハーレイ・ジョエル・オスメント。 先生のシモネット役に、ケヴィン・スペイシー。ほかに、ヘレン・ハント、ジョン・ボン・ジョヴィなどが出演しています! アメリカ、ラスベガスの郊外。 母とふたりで暮らす少年トレバーは、 中学1年生、最初の社会科の授業で、こんな課題を与えられました。「もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をする?」。 生徒達から様々な意見がでる中、 トレバーの提案した考えは…〝ペイ・フォワード″。 自分が受けた善意や思いやりを、その相手に返すのではなく、 別の3人に渡すというものでした。 これが成功すると、たちまち多くの人が善意を受ける計算になります! この考えを実証するため、トレバーは行動をスタート!! 無職の男、社会科のシモネット先生、いじめられている同級生…など 周りの人に向けいろいろ試みます。 しかし、善意が伝わらなかったり、助けられなかったり…、うまくいきません。 「ペイ・フォワードは失敗だったのか…」。そう諦めかけた頃…、トレバーの気づかないところで、事態は少しずつ動き出していきます…!なかなか思うように行かない日常の中で、 相手にとって〝ハッピーなことを見つけていく少年″の姿を追った感動作。衝撃的なラストも含め必見です!

03しあた

映画雑誌「SCREEN」5月号

米崎さんが編集局長を務める、最新洋画情報雑誌「SCREEN」5月号は販売中です。今回の特集は二つ!来月公開の「美女と野獣」を中心にディズニーヒロイン・プリンセスやディズニー映画ほか、様々な角度からディズニー新情報を紹介しています。そしてもう一つは、「スクリーン版映画遺産」と題しまして、映画人が選んだ「映画史に残るベストムービーランキングの発表となっています!是非ご覧ください。