お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

金曜日恒例サラリーマンの声 時間を忘れて何かに夢中になったことありますか?

森本毅郎 スタンバイ!

白熱電球の発明で知られるトーマス・エジソンが創業した会社が、電球などの消費者向け照明事業の売却を検討していることが明らかになりました。もしそうなってしまったら、ちょっと寂しい気もしますね。ところで、エジソンと言えば、数多くの名言を残していますが、4月ということで、新社会人に向けてひとつご紹介しましょう。『決して時計を見るな。これは若い人に覚えてもらいたいことだ。』時間を忘れて没頭しろ、ということでしょうか。そこで・・・。
「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」!!毎週金曜日は金曜日恒例サラリーマンの声!!今日4月7日(金)はレポーター近堂かおりが『時間を忘れて何かに夢中になったことありますか?』をテーマに街でお話を伺いました!

★あっという間だな~!!

「●飲んでたら忘れる。古い友達と会って会話して、会話に夢中になって、もうこんな時間かということはありますけどね。 」
「●夜にパソコンでネットやってる時に、自分、野球が好きなもんで高校野球とかプロ野球とか昔の映像があるじゃないですか。あれを夜見てると朝になっちゃったりしますね。止められない時あるな~。」
「●仕事とかね、集中してる時。例えばメールが来る。海外の代理店がメール来るやつを順番に処理してるとここで終わりでってやってると20通も30通もあるから、ずっとそれをやり続けるんでパッと時間を見るともう昼飯食う時間だ、トイレに行く時間以外は集中してやります。」
「●デートしてる時かね。時が経つのを忘れるじゃん。あら、もうこんな時間、止めどもなく、終わりがないくらい。そういう時かな夢中になるって。最近もあるよ、それはしょっちゅう。恋多き男だから。いくつになっても恋心は忘れない。」

確かに、時計ばかり見てしまうような相手とはデートしませんよね。なかなかダンディーなお父様でしたが、彼女と言っておりました。愛する奥様とは別にいらっしゃるようです。パソコンでネットサーフィンも気持ち分かりますし、お酒飲んでて・・・も分かります!気づいたらもう夜明け、ということも・・・あります(笑)。さらに、こんなお父さんがいました。

★古文書読んで時間を忘れます!!

「●今はどちらかというと趣味の方。古文書を読んでいるんですよ、崩し字ってあるでしょ。いわゆる昔の江戸時代の人が書いた手紙とか亜文書とか、それやってる時は時間がすぐ経っちゃう。あれはかなり気合が入りますからね。博物館とか文書センターみたいな、絵巻物があるでしょ。それに賛が書いてあるじゃないですか。あれを読みたいなと思って、書いてあっても絵だけしか見えないじゃない。だから何が書いてあるのかなって非常に気になってね。ああいう文章が読みたいなって思ってここ半年くらい前から勉強している。僕は今、リタイアしちゃってるから朝ごはん食べて、午前中くらいずっとやっている。半日くらいね。かなり入れ込んでいるから、読めないってところが非常に気になるから何とかして読もうと。まだ半年だからね。あともう1年くらいかかるんじゃないかな。スラスラ読めるようになりたいですよね。」

古文書を読んでいるとは!!あのニョロニョロとした字を調べながら読んでいくそうで、相当集中していらっしゃるわけです。半日くらいあっという間に過ぎちゃうそうです。それだけ興味を持っていることがスゴイですよね。さらにはこんな声もありました。

★ロボット作って妄想して時間を忘れます!!

「●一番好きなことをやってる時なんですけど、ロボットを作ることが好きなので、よくキットがあるじゃないですか。段々大きくなってくる。そうすると最初は足とか体とか、頭、脳、そういう風に少しずつ出来てくると成長してるみたいなもの、子供が。そういう想像したり妄想したりするのが好きなんでしょうね。組み立てながら今度どうなるんだろうって考えながらまた組み立てる。楽しいですよ。足を作って、普通足ってまともにこういう足じゃないですか。反対向いても足ですよね。反対になるとどう歩くかって思うじゃないですか、例えばガニ股になってもいいわけですよ。普通に作らなくても変えてもいいわけじゃない。そういう風に自分なりのロボットを作りたいと思うわけですよ。教科書通りだと面白くないから。本当にその中にプログラムを入れて、最終的には動かすんで、おはようと言えば答えてくれる、そういうロボットです。」

今度はロボットを作るお父さん!キットを組み立てながら、色々と妄想・・・。そうしていると、半日くらい経ってしまっているそう。想像力が豊かですよね。このお父さんは、コンピューター系の会社にお勤めで、想像することは仕事に活きているよ、ともおっしゃっていました。最近はプログラムを組むだけじゃなく”発想”が必要なんですって。さらにこんな声がありました。

★SLを作っていて時間を忘れます!!

「●古い話から言えば仕事があったけど、今はね趣味であるね。機関車を作るの趣味なの。そういうことやってると時間を忘れる時はあるね。今やってるのは真鍮の板から作ってる。今出来てるのはどれだ?こういうもの。まだここまでしか出来てない。(コレ何の写真?)車輪だよ。これから全部削るんだよ。(SLの車輪を真鍮から切り出して)そうそう。面白いんだよ。(全部で何パーツ)数万点じゃない。だってこれの本物の設計図持ってるんだけど、こんな厚さ(5~6センチ)があるんだから。大正10何年の設計図を国立国会図書館に行ってコピーしてきた。ということで要するに死ぬまでに出来るかどうかわからんのを始めたわけ。たぶん出来ないと思うよ、死ぬまでに。だってこういうのって10年計画とかね、そういう人が多いんだよ。こういうのが好きで昔からやってるんだけど、もう40年やってるんだけど、今回のコレに取り掛かったのは半年前かな。死ぬまでに終わらないよ。」

キットを組み立てるのではなく、真鍮の板から機関車を作っているのです!!仕上がりは実物の1/24スケールだそうです。わざわざ国立国会図書館に行って、設計図をコピーしてくるほどの熱意。死ぬまでには終わらないよ、とおっしゃってましたが、完成するのでは?ものすごくお元気そうでしたもの!!
それにしても、みなさん話す声も弾んでいましたし、時間を忘れるくらい夢中になれるものがあるっていいですね!!

「現場にアタック」近堂かおり

近堂かおりが「現場にアタック」で取材リポートしました。

近堂かおりの現場にアタックhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20170407073456

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)