お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

明日へのエール「江戸暮らし」。4月1日(土)は、『寺子屋』について!

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜 夜9時〜6時)何気なく耳にした、あるいは目にした「ことば」によって、勇気づけられたり救われたり…。 時として「ことば」は私たちに大きな力を与えてくれます。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、“ことば”をテーマにお送りしている番組です。これらの「ことば」が、皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です


江戸暮らし

毎月1回、時代小説家で江戸料理・文化研究家の車浮代さんをお迎えして、江戸の人々の暮らしの知恵や楽しみ方を伺っています。

4月は江戸の子どもたちが通った「寺子屋」について教えて頂きました。現在と同じように、教育熱心な親が多かった江戸時代。町人の子どもたちに「読み」「書き」「計算」などを教えていた民間の教育施設が寺子屋です。寺子屋は全国にもあり、江戸だけでも1000軒を超えていたそう。師匠と呼ばれる先生は、役人や医師、お坊さんなど本職を持っていた人たち。使っていたのは「往来物」という手紙形式の教科書で、職業に関する勉強をしていたそうです。

最後に…今月おすすめの料理は「筍つけ焼き」

【作り方】
①たけのこは、くし切りにする。

②酒、みりん、しょうゆ(それぞれ大さじ1)を混ぜ合わせたタレを作り、たけのこの表面に塗って、200度のオーブンで焼く。裏面も同様にタレを塗って焼く。

③串が通るようなら取り出して、器に盛り、木の芽を粗みじん切りにして散らす。

詳しいレシピは車浮代さんの著書「江戸おかず 12カ月のレシピ」に詳しく書かれています。
ぜひご一読を!

DSC_0083