お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

明日へのエール「金のことば」3月25日(土)は野球評論家・飛田穂洲の言葉

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜 夜9時〜10時)何気なく耳にした、あるいは目にした「ことば」によって、勇気づけられたり救われたり…。 時として「ことば」は私たちに大きな力を与えてくれます。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、“ことば”をテーマにお送りしている番組です。これらの「ことば」が、皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です


いくら歳月を経ても色あせない言葉があります。そんな、時空を超えて私たちの心に届く偉人たちの言葉をご紹介する「金のことば」

野球評論家「飛田穂洲」

3月25日(土)は、 野球評論家「飛田穂洲」 を紹介しました。連日熱戦が続く春のセンバツ高校野球。その高校野球の評論に健筆を振るい、「一球入魂」という誰もが知る名言を生み出した野球評論家が飛田穂洲です。32歳で早稲田の初代野球部監督に就任した飛田は、野球から1つの人生を掴めという教えで、かつて大敗を喫したシカゴ大学に雪辱を果たし、その後は朝日新聞社に入社して学生野球の評論を書き続けました。長嶋が座右の銘とした「快打洗心」という造語を生み出すなど「学生野球の父」と謳われた飛田が残した言葉とは…

放送の内容はYouTubeでお聞きいただけます