お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【ダイヤルA.B.C☆E】3/17(金)放送後記(塚ちゃん&エッちゃん)

ダイヤルA.B.C☆E

ダイヤル A.B.C☆E

「TOKYO JUKEBOX」内で、毎週金曜18:25頃からお送りしている、「ダイヤルA.B.C☆E」。この番組は、Evening、Entertainment、EnjoyをモットーにA.B.C-Z(毎回メンバー1人)と、声優の小桜エツコのコンビでお届けしています。

3月17日(金)の担当は、塚ちゃん

ここでお二人をご紹介。

○塚田僚一(塚ちゃん)
メンバーカラー【黄色】金髪がトレードマーク。その体・筋肉から繰り出されるパワフルなアクロバットパフォーマンスは、A.B.C-Zの魅力の一つ。裏表なく、その場を明るく元気にさせる人柄は、アイドル気質抜群。バラエティではジャニーズらしからぬアウトな突き抜けエピソードを惜しげもなく披露し、お茶の間にインパクトを与え続けている。4月から、主演舞台「サクラパパオー」(作:鈴木聡)が決定(埼玉・東京・仙台・愛知・大阪)。現在、舞台稽古ガンバッテます!

○小桜エツコ(エッちゃん)
1991年 声優デビュー。愛らしくて親しみやすいキャラクターを数多く演じ、子供から大人まで幅広い世代に支持されている、今もっとも注目されている声優。第25 回日本映画批評家大賞「最優秀声優賞」を受賞。「妖怪ウォッチ」のジバニャンをはじめ、アニメを中心にテレビ・CM・舞台でも活躍。愛らしい声の中にキラリと光る毒の牙が、この番組のエッセンス!

オープニング

久しぶりの登場となった塚ちゃん。舞台の制作発表では、会社員の役なので黒髪にしていたんですが、また金髪になっていました。しかも根元まで明るい金髪。「これからもどんどんピカピカみんなのことを照らすLED電球塚ちゃん!」「明るくなりました!ありがとうございます!!」と二人のトークも弾んでいました。舞台の時は、金髪?黒髪?どうなるか、楽しみですね。

そして、今回は行ったのは、久しぶりのこのコーナー!

<めざせ!名回答者!!>

TBSラジオの伝説的番組「全国こども電話相談室」のように、子どもたちの素朴な疑問に対して、知識豊富に「なるほど!」と思わせるような名回答が出来るか、挑戦していくコーナー。

子どもが大好きな塚ちゃんは、このコーナーが得意。塚ちゃん自身が子ども目線になれるので、大人より子どもに物事を伝える方が、ハードルが下がるとのこと。果たして今回は、名回答が生まれるのか!?

Q:生放送でNGがあった時は、どうするんですか?(小学5年生・男子)
塚ちゃん:「こういう失敗もあるんだよ」
     「悪い例だよ」と伝える。
傷つけてしまった人がいたら、謝る。
エッちゃん:「始末書」「謹慎」「降板」・・・これ以外やれることはない!!

今回もエッちゃんのバッサリ回答でスタジオは大笑い!模範となる名回答は、「出演者やスタッフみんなで協力してフォローする」というシンプルなもので、2人も納得。「NGがあった時の、結束力・チーム感ったらない(すごい)よね~」「自分もその場に立ち会ったら、アクロバットで飛んで(フォローしに)いきます!」と、NG対応の心得も再確認していました。
(広報ライターM:オンエアでは、すぐにズバッと答えているようですが、塚ちゃんは自然と身振り手振りが大きくなり、エッちゃんは頭を抱えるほど、回答を真剣に考えていました。)

ダイヤルABC☆E0317塚田

メッセージ宛先&次回予告

番組では、A.B.C-Zメンバーとエッちゃんへの質問、放送の感想など、皆さんからのメッセージをお待ちしています。どんどん投稿してくださいね!

メールアドレス:abcz@tbs.co.jp
お便り:〒107-8066  TBSラジオ「ダイヤルA.B.C☆E」

そして今夜、3/24(金)の放送で、この番組は最終回を迎えます。締めくくりはなんと、A.B.C-Zメンバー全員とエッちゃんの6人勢ぞろいで生放送!お楽しみに!!

♪オンエアリスト♪

M1:今日もグッジョブ!!! / A.B.C-Z
この番組の初回、1曲目にかけた、記念すべき曲。明るく軽快で、元気になれる曲なので、そのイメージで塚ちゃんの歌割りパートも多め。実は二枚目のかっこいい感じもやりたい塚ちゃんも大好きな1曲。
(プロデューサーN:聴くと元気が出るので、会議で役員に怒られて凹むたびにトイレで聴いています…。)

M2:カウンター / 赤い公園(塚ちゃん選曲)
塚ちゃんが3度目の挑戦となる、「SASUKE 2017」(TBSテレビ系列:3/26(日)よる6時30分から放送)の収録前に聴いていた曲。「後輩に負けるわけにいかない!」といつも以上に緊張しながらも、この曲で気持ちを高めて挑んだそうです。その勇姿もお見逃しなく!