お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

体型に合わせた洋服選び。二の腕・お尻・ウエストそれぞれカバーできるアイテムはコレ

ジェーン・スー 生活は踊る

女性が洋服を選ぶ際に気にしてしまうのが、私の体型でこの服似合うかしら?ってことですよね。お気に入りの服を見つけても、体型にマッチするかどうか、ひとりで悩んでしまう方も多いかと思います。今日は、気になる部位別に、今さら聞けない女性ファッションの選び方を、予約開始と同時に申し込みが殺到する「予約の取れないスタイリスト」の山本あきこさんに伺いました。
DSC_8552

二の腕が気になる方は「フレンチスリーブ」と「フレアスリーブ」

二の腕が気になる方は、トップスは緩めの袖を選ぶとよいでしょう。そこで、オススメなのが「フレンチスリーブ」。肩を覆ってくれて二の腕をすっきり細く見せてくれます。もうひとつおすすめなのは「フレアスリーブ」。ゆったりとしたシルエットに、とろっとした落ち感がある「とろみ素材」が、適度に腕を見せてくれて、二の腕を美しく見せてくれます。

お尻が気になる方は「テーパードパンツ」か「ワイドパンツ」

お尻の大きさが気になっている方は、形が出るスキニーパンツはNGです。そこでオススメしているのが、ユニクロなどでも売っている「テーパードパンツ」か、「ワイドパンツ」。おしり周りと太ももを隠す形をしている「テーパードパンツ」は、履くだけで、脚が細く見える魔法のアイテムです。「ワイドパンツ」もお尻や脚の形が出ないので、まっすぐ長く見える優れものです。選ぶ際はどちらも、センタープレスかストライプ柄で、くたっとしたとろみ素材だと、より効果的です。

ウエストが気になる方は「切れ目ラインを見せる」

着こなしで誤解されやすいのですが、”ウエストを出す=くびれアピール”ではありません。重要なのは、ボトムの切れ目となるライン(線)を見せること。とろみのあるシャツを着て、前だけ裾をINして後ろを出す着こなしは、一番おすすめの着やせテクニックです。ウエストラインがスッキリする上、脚長効果があり、気になるお尻も隠せます。インしたブラウスは少したるませてブラウジングするようにしましょう。また、ボトムを選ぶ際は、後ろにゴムがあるものを選ぶと良いでしょう。前にゴムがあるタイプのものは、おなかが目立ち、部屋着感が漂ってしまいます。

胴長短足が気になる方は「ハイライズボトム」

ボトムはウエストではくことを意識しましょう。腰ではくと足が短く見えてしまうからです。デザインとしてはローライズではなく、ハイライズボトムを選んでください。また、リボンベルトが付いているデザインのものもよいです。スカートの場合は、腰にベルトが出来るデザインのものがオススメですね。

胸があって気になる方は「Vネックシャツ」

大きな胸を隠す服よりも、首もとを見せる方が、全体の印象をスッキリさせ、胸のサイズを抑えてくれるVネックシャツ。ニット系ならリブニットやハイゲージニットのように、目の細かいものを着るのが良いでしょう。

ついワンピースに逃げてしまいがちな方は……

ワンピースは基本的にコーディネイトが必要のない服で、その一枚の印象しか生みません。ですので、コーディネイト力を上げたいのであれば避けるべきでしょう。もしワンピースを選ぶ場合は胸元がシンプルなタイプがオススメです。

TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』は月~金の11:00~13:00生放送。
AM954kHz、FM90.5MHz、PCやスマートフォンはradikoでも。
聴き逃しても過去の音声がTBSラジオクラウドや、radikoタイムフリーで聴けます。
■ メッセージや悩み相談の宛先:so@tbs.co.jp (読まれたらステッカー等進呈)
■ HP:www.tbsradio.jp/so/ (番組情報や選曲リスト等)
■ Twitter:@so954905 (日々のお知らせ)
■ Instagram:so954905 (オンエアや取材裏フォト)
■ Facebook:seikatsu954905 (番組情報と写真)