お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

人生が変わる!?「ほめ育」ってなんだ?

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「情報アラカルト うるおい生活講座」。今朝は、一般財団法人ほめ育財団・代表理事の原 邦雄さんに、「ほめ育について伺いました。

ただ褒めるのとは違う!?「ほめ育」とは…?

「ほめ育」とは、「ほめて育てる教育」のこと!「人にはそれぞれ、かけがえのない長所がある。全員、『天命』があり、その『天命』と『長所』はセット。 それを見つけて引き出してあげるのが『ほめ育』。」と、原邦雄さん。教育と聞くと子育てのイメージが強いですが、「ほめ育」の実践により、夫婦や親子の関係が良くなった例もあるそうです!

褒め方のポイント

  1. 存在を認めてあげる…褒めて育てるには、その人のかけがえのない長所をみつけ、伸ばしてあげることが大事。 その大前提となるのが、生まれてきただけで、そこに存在するだけでOKという考え方。あたたかく長い目で見てあげましょう!
  2. 自分の翼で飛べるように育ててあげる…人それぞれ、中身は違うもの。他の誰かに大きな翼があるからといって、わが子(部下)にその翼があるとは限りません。その人が持っている翼をみつけ羽ばたけるよう信じて、褒め言葉をかけてあげましょう。
  3. 根っこに水をあげる…花を育てるとき、根っこに水が届かないと上手に花は育ちませんよね?相手を知って、その人が一番育つ水の量やタイミングをはかり、褒め言葉という水をあげることが大事です!
  4. ほめっ放しにしない…とはいえ、褒めすぎると天狗になってしまいます。時には方向修正も大事です。

※こうすることで、相手は自信を持つ。自信を持てば、心の底からやる気が湧いてきて積極的に色々と取り組むようになる、とのこと。

褒められるとキレイになる!?

生理学研究所の定藤規弘教授が「ほめられた人は、学んだことを忘れにくくなる」という研究成果を発表。 脳にとって、ほめられることは金銭的報酬にも匹敵する社会的報酬なんだとか。ちなみに、褒められるとキレイになることも科学的に説明されているそうです。 褒め言葉は、褒められる人、そして褒めた人、本人の人生も変えられる!ぜひ、人間関係をよくする褒め言葉をつかって、自分や周りの人が幸せをつかみましょう!

「ほめ育」について詳しくは、アスコムから販売中の原邦雄さんの本 『たった一言で人生が変わるほめ言葉の魔法』をご覧ください。 また、「ほめ育」を勉強したい人のために、全国で講座も開催されています。 この講座については、「ほめ育」で 検索してください。