お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

フジロックもサマソニも「無音化」か。「のど」に光レーザーを当てて歌声が聴ける時代。

夢★夢Engine!

TBSラジオ『東京エレクトロンpresents夢★夢Engine!』(毎週土曜 深夜24時30分~放送)毎週科学者や研究者をお招きして、研究することの面白さや楽しさを伺っています。
12月17日(土曜)の、今夜の放送は、「野外音楽フェス」を科学。

立命館大学の、西浦敬信(にしうら・たかのぶ)教授をお招きしました。

2016_1217夢夢くるり3

毎年9月に、京都市の梅小路公園で行われる、くるり主催の「京都音楽博覧会」。

2016_1217夢夢くるり1

(※写真は2014年のものです)

毎年、およそ1万3000人が芝生広場に集まり、ゆったりと音楽を楽しめるのが、このフェスの特長。

会場である「梅小路公園」は、JR京都駅から西へ徒歩15分。
緑と花で憩える空間として、また災害時には市民の皆さんが避難できる場所として、
1995年に開園した、面積13.7ヘクタール、およそ東京ドーム3個分の公園です。

2016_1217夢夢くるり12

公園内には「京都水族館」や、さらに今年、「京都鉄道博物館」もオープン。
市民の皆さんが、家族連れで楽しむことができる施設がある一方で、
周りには、住宅地が広がっていることから、フェスの開催時間は、
お昼12時ころ~夜7時くらいまで… と配慮をしています。

しかしそれでも、演奏の音が、近隣住民に「騒音」として影響を及ぼすことも
視野に入れ、2014年から、立命館大学の西浦先生に調査を依頼。

2016_1217夢夢くるり10

スピーカーの特性や、向きの調整を重ね、2015年のイベント開催時には、
周辺からの騒音苦情が、ゼロになるという結果を生みました。

2016_1217夢夢くるり11

京都の自然、文化、歴史を傷つけることなく、新しい音楽文化として、
「京都音楽博覧会」は発展し、多くのファンに愛されています。

2016_1217夢夢くるり7

すごい!

実は「くるり」の岸田さんも佐藤さんも、立命館大学出身。
その縁もあり、西浦先生に相談があったそうです。

2016_1217夢夢くるり8

ちなみに、ステージ前方エリアの「デシベル」は、90デシベルほど。
これが後方になると80デシベル。

ちなみに音のエネルギーは、

10db違うと ⇒ 1/10倍
20db違うと ⇒ 1/100倍
30db違うと ⇒ 1/1000倍
40db違うと ⇒ 1/10000倍

「京都音楽博覧会」のステージで演奏が行われている間、
西浦先生と研究室の学生2人、そして番組スタッフで、「騒音計」を持って、
会場周辺のいくつかのポイントを、徹底調査。

2016_1217夢夢くるり13

時間ごとに区切って、時間時間で、どれくらい聞こえるのかを調べました。
(※約15分毎に 30秒間計測を行い,時間ごとの騒音レベルを調査)

10年目を迎えた今年はTété、矢野顕子、Mr.Childrenが彩りました。
残念ながら、荒天になり途中で中止になってしまいましたが、今年の「京都音楽博覧会」も
とても素敵な一日でした。

さて…スタジオには、調査でも使った「騒音計」を用意。
松尾さんの声は、いったい何デシベルくらい出るのか。挑戦!

2016_1217夢夢くるり14

まずはスタジオの時計の針の音をチェック。40デシベルくらい。

つづいて…

2016_1217夢夢くるり15

マイクから離れて「あーーーーーーーーーー!」と叫ぶ!

結果は…

2016_1217夢夢くるり15

131.4デシベル!!!!!

これはジェット機のエンジン音の近くよりも、うるさい音なのだとか。
あまりの記録に、写真がブレました。

先生もびっくり。

2016_1217夢夢くるり16

数々の舞台をこなす、松尾さんの声量。さすがでした。

さて・・・最後は「未来」のお話し。
これからの「音楽フェス」はどうなるのか。

なんと、騒音はもはやゼロになるかもしれないとのこと。
西浦先生が今研究しているのが、「光マイクロフォン」という技術。

「光で音を収録する光レーザーマイクロホン」。

普通のマイクのように音の圧力を感知するのではなく、音によって、震える物体の振動を
レーザーで読み取って音に変換する技術です。

わかりやすくいうと、カメラで音を録るという感じなのだとか。

つまり、音が何かにぶつかって、振動したその「対象物」に光レーザーを当てて、
音をキャッチすれば、マイクなどが無くても、音声が聴けたり収録できたり…
ということができるそうで、もう実験実証済みとのこと。

2016_1217夢夢くるり16

かつて大島渚監督が、松尾さんに…

「カメラの性能は上がっているのに、マイクだけは、
遠隔から録れる技術が進化しない」

と嘆いていたそうです。
しかし、監督の悩みも、もうすぐ解決してしまう時代が来るかもしれません。

西浦先生によれば、もはや喋っている人の「喉」に光レーザーを当てれば、
声が収録できてしまうかも!とのこと。
音声収録のプロはもはや、光レーザーをいかに対象物に当てるか…という技が、
問われる時代になるのかもしれません。

2016_1217夢夢くるり17

自身の研究が、地域に役立つ瞬間。
西浦先生の研究、そして心地よいフェスを目指し続ける「くるり」に、一同感動でした。

2016_1217夢夢くるり17
【プレゼント】
今日の放送を聞いて、クイズに答え、応募すると1名様に、
くるりのオールタイムベストCD『くるりの20回転』をプレゼント♪

2016_1217夢夢くるり5

TBSラジオクラウドでも聴くことができます。
こんなゲストを呼んでほしい!など、リクエストも添えて、送ってください。
あて先は、yumeyume@tbs.co.jp

 

TBSラジオ「東京エレクトロンpresents夢★夢Engine!」は
毎週土曜 深夜24時30分~放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。PCやスマートフォンではradikoでもお聴きいただけます。
■番組への投稿はメールアドレス:yumeyume@tbs.co.jp
twitterのハッシュタグは #yumeyume です
さらに番組公式インスタグラムもやっています。yumeyume_tbsr で検索してください