こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/utamaru/へアクセスしてください。

2014年11月29日

放送後記 第399回(2014年11月29日放送)

20141129_01.jpg

珍しくゲストのいない放送日。

前日夜はZEPP東京でのワンマンライブを終えたばかりで、

どことなくまったりとしたムードで放送スタート。


20141129_02.jpg

「週刊映画時評ムービーウォッチメン」で扱った映画は『6才のボクが、大人になるまで。』


20141129_03.jpg

リチャード・リンクレイター監督関連資料、の一部。


20141129_04.jpg

そして来週のラインナップ。

やばい、面白そうな作品ばっか。


20141129_05.jpg

ガチャ入れーの


20141129_06.jpg

出た。チャウ・シンチー監督の『西遊記 〜はじまりのはじまり〜』だ。

この番組では2008年の『ミラクル7号』以来、久々のチャウ・シンチー監督作品。
楽しみです。


20141129_07.jpg

そして夜11時からは「ディスコ954」を飛ばして1時間丸々、特集コーナー。

ガッツと技術とユーモアに溢れた「メイカーフェア東京2014」のレポートをお届けしました。
(現場の様子は下にまとめて)


20141129_08.jpg

夜12時からは初代しまおまほ登場。


この日は夜7時から9時までのTBSラジオ「ジェーン・スー 相談は踊る」にも出演しており、
生放送ダブルヘッダーでした。


20141129_09.jpg

まだやるぜ!


「なんなら......なんなら......なんなら!
 ♪なんならなーん」

今年の流行語大賞、あるいは、ひょっとしたら......?
(※もう大賞も決まりました)


(文・構成作家 古川  写真・小荒井D)

【オマケ】メイカーフェア東京2014レポート

20141129_10.jpg

11月24日(月)メイカーフェア会場に到着!


20141129_11.jpg

まず立ち寄ったのは、リトルビッツさんのブース。

パーツのひとつひとつが独立したモジュールとなっており、
(電源、スイッチやスピーカー、ライトやバイブ、シンセ系パーツなど)
それぞれを磁石でパチパチと繋げていくと即席のオモチャや楽器が出来上がる。
しかもKORGとのコラボ製品なので、オシレーターやシーケンサーやらのパーツは本格仕様。

これ、気がつくとずっと無言で遊んでるやつだ!

20141129_12.jpg

当日朝に急きょ組み立てて貰ったDJキット。
iPhone2台を繋いでパーツをパチパチ繋げばDJが出来てしまう......かわいい!


20141129_13.jpg

こちらは「アシステック・デザイン・ラボ」さんによる「未来の車イスプロジェクト」

こめかみ周辺にある側頭筋を使って、具体的には奥歯を噛みしめることで、車イスを運転します。

可能な動きは前進(一度噛み)、左右旋回(右噛み・左噛み)、後退(二度噛み)。


20141129_14.jpg

ヘッドバンドのLED、赤色のゲージがやや右側に偏っています。
これは宇多丸さんがいま右奥歯を噛んでいるという表示。


20141129_15.jpg

手許のモニターで右奥歯と左奥歯の力のかかり具合が視覚的にチェックできます。


20141129_16.jpg

なんと無線で遠隔操作も可能。
20メートルくらいまでいけるそうです。


また、コントローラー下についているロケットランチャー的なギミックは
中に赤いライトとドライヤーが組み込まれていて音声認識で作動する。
人混みで前を開けて欲しいときに使うんですな。

よく考えられている!


20141129_17.jpg

こちら、「函館プラネタリウムの会」「工房ヒゲキタ」さんのコラボブース。

メイカーフェアはニコニコ動画と連動したブースが多いのも特徴でしたな。


20141129_18.jpg

技術力の低いロボットコンテスト=「ヘボコン」。

我々が見学した回のトーナメントで優勝したマシン。
動力部分はともかく、ボディのエビ? カブトムシ? みたいなのが禍々しくてカッコイイ。

優勝したあと、ウイニングランと言わんばりにステージ上をグルグルと猛烈に回転、
さらに各出場者の鼻先まで迫って威嚇のムーブをかましてたのも超ヤバかった。

今回のヘボコンに関してはあくまでイレギュラー。
今年の夏に開催された本戦の模様はこちらの動画をご覧下さい。


20141129_19.jpg

我々の目を奪った注目の子供マシン。

メガネ meets サングラスはかなりタマフル寄りのビジュアルだが、
その上に載せられたスリッパに幻惑させられる。

20141129_20.jpg


20141129_21.jpg

デイリーポータルZのウェブマスター・林さんが展示していた一種の顔ハメパネル。

(参考記事「テレビのような顔ハメ」

20141129_22.jpg

同じくDPZ林さん案件。
立体に見えるプリンのシール。

(参考記事「最初からプリンが乗ってる皿」

実物よりも写真のほうが立体に見える!

20141129_23.jpg

ファブラボ浜松さんが展示していたバッドポッド型自転車。

こう見えても股間が圧迫されて大変なことになっています。


20141129_24.jpg

バットマント(黒いビニール)のサービスあり。

右手のボタンを押すと前の扇風機から風が出てマントがなびきます。
今、すごくなびいています!(※見え方には個人差があります)


20141129_25.jpg

世界よ、これが「コアラのマーチ振り機」だ。

前日のロケハンで、2万回以上振ったコアラのマーチを開封する現場に
幸運にも立ち会わせて貰いましたが、中から焦げ茶色のボールが出てきた瞬間、
思わず感嘆の声を上げてしまい、ちょっと恥ずかしかったです。

20141129_26.jpg

「ベント」さんが出品していた「コーンデザイナー」。

ヨーグルトを塗布した皿にチョコのシリアルで文字を書くという、
忙しい朝にも手の込んだ朝食を! という夢のようなフードエンターテイメントマシン。

ここになにが書いてあるかというと、これは誰が見ても分かるとおり、「V」ですね。


20141129_27.jpg

宇多丸さんが泣くほど笑って見ていた「ロボットプロレス『できんのか!』」

左端が子供たちを完全ロックしていたアフロ選手。

また、左から2番目のワルー選手が、その右隣の流血仮面選手をジャーマンスープレックスした瞬間、
会場から大きなどよめきが起こっていました。


20141129_28.jpg

こういうものも出店されてました(説明は省きます)。


20141129_29.jpg

「きのこたけのこ自動判別マシーン」

カメラできのこの山とたけのこの里を自動判別してロボットアームで
選り分ける大変な優れものです。(二日目には故障してました)

20141129_30.jpg

技術は高いが理屈がバカ過ぎる!


20141129_31.jpg

ハートウォーミングな発明品「お父さんフーフーして」

こちらのフーフーマシンにフーフー息を吹きかけると......


20141129_32.jpg

ネット経由で遠隔地にセッティングされたファンがウィーン。
カップの熱い飲み物を冷まします。
しかもおとうさんの映像付きだ。

宇多丸「これ、エロいのに使えるじゃん!」
ブースの人「それだと来年からメイカーフェアに出られなくなります」

ですよね〜。

感想:メイカーフェアはとにかく情報量が多い!

歩き疲れてふと視線を上にやると空中をドローンやら
謎のラジコン生物がフワフワ飛んでたりして、
肉体以上に脳がクラクラして疲れます。
この楽しさはぜひ、皆さん自分の目で確かめて下さい。

(構成作家・古川)

  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方