こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/utamaru/へアクセスしてください。

2011年7月 2日

放送後記 第221回(2011年7月02日)


タマフル総選挙の余波はまだ続いており。

TBS内で出会った直後、
お互いの順位を謙遜しあう
カプコン佐藤さんとミッツィー申し訳さん。

20110702_01.jpg

頭を下げ合っているうち、いつしか土下座以下の体勢に。

散歩の途中で出会った犬みたいにも見えます。


20110702_02.jpg

さりとて、何事もなく放送はスタート。

ライムスターのサマーミニアルバム「フラッシュバック、夏。」より
「ザ・サウナ」「into the night」という
とても同じグループの同じアルバムに入っているとは思えない2曲を
宇宙初オンエアしました。


20110702_03.jpg

「ザ・シネマハスラー」で扱った映画は賛否両論『SUPER 8/スーパーエイト』


20110702_04.jpg

来週の映画は『ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える』だ!

最近なかなか邦画が当たりませんなぁ。


20110702_05.jpg

「申し訳ないとフロム赤坂」はミッツィー申し訳さん。
タマフル総選挙のダメージをあからさまに引きずったよそよそしいトーク、
そして一見投げやりとも思えるサマーソングMIX。

ただ往々にしてミッツィーさんが投げやりなMIXほど
評判がいいといういつもの展開......

これは7月22日の代官山までいろいろ波乱がありそうだぜ!


20110702_06.jpg

11時からの特集は『L.A.ノワール』猛プッシュ企画の第二弾。
「『L.A.ノワール』を100倍楽しむためのノワール映画入門」!

レクチャーして頂いたのは
柳下毅一郎さん(映画評論家にして特殊翻訳家。祝・タマフル初登場!)と
お馴染みの高橋ヨシキさん。

ノワール映画の定義から歴史的背景、オススメの入門映画から書籍まで
1時間の中にノワール映画のイロハをギュッと濃縮してお届けしました。

ああ、『L.A.ノワール』やりたいなぁ!



20110702_07.jpg

タマフルのファム・ファタールことしまおさん。

しばらくぼんやりニュースはお休みして
「タマフルミステリーメン:セカンドジェネレーション」の募集をはじめまして。

いきなり逸材たち(ミュータントたち)が集まっているようで
これは期待が高まります。


20110702_10.jpg

放送お疲れさまでした!

ヨシキさんが爽やかな笑顔で見せているのは
ブラック・ダリアさんのあんまりなアレの写真です。
(拡大注意! 死体写真です)


20110702_09.jpg


これがタマフルノワール感だ!




(構成作家・古川 耕)

◆付録 タマフル推薦ノワール入門10アイテム

①<ビリー・ワイルダーもの>
『深夜の告白』(Double Indemnity /1944年)
『サンセット大通り』(Sunset Blvd. /1950年)



②<オットー・プレミンジャーもの>
『ローラ殺人事件』(Laura /1944年)



③<フリッツ・ラングもの>
『飾窓の女』(The Woman in the Window/1944年)



④<オーソン・ウェルズもの>
『黒い罠』(Touch of Evil/1958年)



⑤<反則もの>
『4つ数えろ』(Dead Men Don't Wear Plaid/1982年)



⑥<カラーだけどノワールもの>
『ブラックダリア』(The Black Dahlia/2006年)



⑦<デヴィット・リンチもの>
『マルホランド・ドライブ』(Mulholland Dr./2001年)



⑧<これもある意味ノワールもの>
『エンゼル・ハート』(Angel Heart/1987年)




⑨<ジャパニーズ・ノワールもの>
『冷たい熱帯魚』(2010-11年)


⑩入門書籍
『渋く、薄汚れ。----ノワール・ジャンルの快楽』滝本誠(2006/フィルムアート社)



<<ジェイムズ・エルロイ「暗黒のL.A.」4部作>>
『ブラック・ダリア』1987/文藝春秋
『ビッグ・ノーウェア』1988/文藝春秋
『L.A.コンフィデンシャル』1990/文藝春秋
『ホワイト・ジャズ』1992/文藝春秋



『ハリウッド・バビロンⅠ&Ⅱ』ケネス・アンガー(1959/パルコより2011年復刊)



<<放送では紹介出来なかった宇多丸推薦ノワール入門書>>
 


  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方