こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/utamaru/へアクセスしてください。

2008年6月 1日

放送後記 第61回


20080531_02.jpg

今週のオープニングトークも先週に引き続き
7月3日発売の宇多丸初単行本『マブ論CLAISISC』にまつわる悩み。

「脚注ってどこまで説明したらいいのかなぁ?」
「『ライムスター』ってちゃんと説明したほうがいいかなぁ?」
「ヒップホップってちゃんと説明したほうがいいかなぁ?」
「N.Y.ってちゃんと説明したほうがいいかなぁ?」
「アメリカって......?(以下略)」

相変わらず情緒不安定が続いているようです。

9時45分からはみんなの公論コーナー「ちょこっとラボ」がスタート。
「よいひらがな・ダメなひらがな」についてリスナーのメールを紹介。
よいがな(よいひらがな)について様々な意見が飛びかう中、
ダメがな(ダメなひらがな)の座は「も」で揺るぎないようです。
ひらがな界熱い!

10時からは無差別映画評論コーナー「シネマハスラー」、
今週の映画は『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』

「数ある黒澤時代劇の中で、『隠し砦』は耐用年数を過ぎてしまった作品だと僕は思ってるんです。『椿三十郎』や『用心棒』と比べてね。だからこそリメイクする意義は持たせやすい作品とも言えるし、逆にそんなのわざわざリメイクしなくても、という気もする。で、森田芳光監督版『椿三十郎』(2007)は限りなくオリジナル寄りなリメイクだったわけですけど、この樋口真嗣版『隠し砦』はかなり大胆なアレンジが加えられてます。どういう風にアレンジしたか? それはなぜ『隠し砦』をリメイクしたかに通じる話でもあるんですが、要は"大手を振って『スターウォーズ』のパクリが出来るじゃん!"と。ご存知の通り『隠し砦』は『スターウォーズ』に多大な影響を与えている作品なんですが、じゃあその原典をリメイクするに当たって、今度はこっちが『スターウォーズ』をパクッちゃおう!と。
 で、その意味で言えば、僕はこの映画、前半は楽しく観ちゃいました。その楽しさっていうのは、いかに『スターウォーズ』を引用したかっていうレベルの話なんですけどね......志はその程度。それでも、まだよかったんです。前半のうちは。ところが後半がね......坂道を転げ落ちるようにダメになるんですよ。まず、主要人物の性格が、後半からあらかた別人になります! とても同一人物とは思えない変わりよう。松本潤の役にヒーロー要素と、お姫様とのラブストーリー要素を持たせた結果、最初と全然別人になっちゃってます。長澤まさみ演じるお姫様もそれに応じて全然キャラ変わっちゃうし。
 あと、クライマックスのデススターこと隠し砦の場面がびっくりするほど盛り上がらないのはなんでだ? 樋口監督って元は特撮監督のはずなのに、こと隠し砦の撮り方に関して言えばとにかくスケール感がない。そもそもあの隠し砦が何のために作られたかもよくわかんないし、だからどうでもいいやってなっちゃうんだよね。長澤まさみが捕まって、これは隠れ巨乳をいかしたシーンが見られるのかー!?と思ったら、そういうサービスもゼロですよ。
 ラストの腰砕けっぷりといい、志の低さがビンビンに伝わる映画でした。パクリが悪いとは言いませんよ。『アポカリプト』とか、もっと言えば『スターウォーズ』だってパッチワーク映画で、でもそれを集積して新しいモノをつくってるからいいんですよ。でもこの『隠し砦』は引用が目的化しちゃったパクリじゃないですか。それってどうなの?
 この映画をつくった人たち、本当に面白いものをつくろうと思って、一生懸命頑張ったと思うんですよ。ただ、頑張ってこれかよ!と。ちゃんと一から考えてつくろうよ! この人たちはきっとやれば出来る子たちだと先生は信じています!」 

次週の映画はリスナー枠で『幻影師アイゼンハイム』!



20080531_03.jpg

10時20分からはJ-POP DJ MIX SHOW「申し訳ないとフロム赤坂」。
この日のDJは申し訳ナイタズの懐刀、薄化粧DJことオギィ申し訳。
例によって華のあるジャニーズMIX。
MIXもメイクも完璧です。


20080531_04.jpg

宇多丸がトイレに行ってる間、
マネージャー役で付き添ってきたミッツィーさんがシャウトを担当。
「山Pことオギィ! オギィこと山P!」
いろんな意味で間違ってます。


20080531_06.jpg

ボクたちの駄話JAMセッション「ミューズの引き出し」

「しまおさんの『夢』の引き出しには何が入っていますか?」(RN:ホワイトロリータ)


20080531_07.jpg

「風邪を引いて熱を出すと必ず見る夢があって......
 原始時代にいて、石で出来た大きなお金を押しているんです。
 それが重くて重くて、もの凄く辛いんです。
 あと、両肘骨折した時に見た夢は、山みたいにでっかいお茶碗が
 ひっくり返ってあって、それが動かせないっていうのが凄く辛いんですよ。
 この夢が今まで見た中で一番辛かったですね」
(写真はイメージです)

あとは段ボールを被った江口洋介に添い寝をされた話。

夢の話ともなるといつも以上にとりとめがありませんな!


そして今週から「サタデーナイトラボ」という名前がついた11時台。
記念すべき第一回目は......「みんな大好きMEMO特集」!

とは言いつつ、細かい内容は吹き飛び、
すべてこの人に持ってかれた感もあります。


20080531_01.jpg

ヤッシー!

どういうプランニングであの方向性のコメントになったのか。
さっぱり分かりません。

とにかくビックリしました。

その他、崎山記者と初代野獣の小西克哉さんのメモ術も。

それにしても今回のメモ特集、ヤッシーにすべて持って行かれた感もあり、
もはやなんの特集だったかわからない回になってしまいました。

次回もまたやりたいものですな!
(ブッキ(文房具マニア)仲間からのメールも思いのほか
 たくさん頂き感激です。ありがとうございました。
 ギンギンです)


20080531_08.jpg

ミッツィーさん&オギィさん、お疲れさまっした!

そして、筆者的にはそろそろ正式に苦情を入れてもいい気がしてきた
ポッドキャストを収録(前編後編)。



そして恒例、お別れの儀。

0531.gif

「しまおさん......
 お疲れっ!」

シュバッ!


20080531_11.jpg

それからド深夜のTBSで一回限りのコンテンツ。
題して「仮想OFF会『ミスト』ネタバレオンリー・ポッドキャスト」(前編後編)!

『ミスト』を未見のライムスターマネージャー、クマゴロシ岸さんや
エンジニアの大沢船長までを強引に帰宅させ、
全員『ミスト』を見た人だけという空間で存分にあのエンディングについて雑談。
ポッドキャスト史上最多参加人数でお届けしました。
(宇多丸、橋本P、せのちん the Master、小荒井D、暴飲番長荒井、筆者)
学校に夜中まで残ってる感じがワクワクしてえれぇ楽しかったです。

疲れたけどな!
(深夜3時までやってた)


【今週のじまん服】

20080531_12.jpg

Y-3のジャケット&パンツで『マトリックス』ごっこ。
インナーは氷の微笑Tシャツ。
映画の人だね!


(構成作家・古川 耕)

2008年6月 7日

6月7日のオンエア曲

(21:35) バカンスの恋 / Bon-Bon BLANCO
(21:39) MYSTERIOUS HEAVEN / Bon-Bon BLANCO
(21:55) Forever feat. TARO SOUL / Romancrew
(23:23) BIG SOUL / TARO SOUL

ちょこっとラボ

ひらがな問題をちょこっと。
そして、今夜のゲスト「TARO SOUL」&「Romancrew」を紹介。

ちょこっとラボのポッドキャストは配信終了しました

ザ・シネマ・ハスラー

宇多丸が毎週サイコロを振り、出た目に割り当てられた映画を観に行くコーナー!
今夜は『幻影師アイゼンハイム』を評論!

そして来週、宇多丸が観に行く映画はいったい何!?

【今週のサイの目】
1.マジックアワー
2.マジックアワー
3.アフタースクール
4.アフタースクール
5.秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE 2〜私を愛した黒烏龍茶〜
6.(リスナー枠)

ザ・シネマ・ハスラーのポッドキャストは配信終了しました

6月13日の金曜日...チケットには若干の余裕が有ります!MIX

「6月13日の金曜日...チケットには若干の余裕が有ります!」MIX
20080607_04.jpg

1.Bushido/ZEEBRA
2.Family/KOHEI JAPAN
3.ヨコハマジョーカー/サイプレス上野とロベルト吉野
4.Live At Mounkberys Tokyo Bronx/いとうせいこう & Tinnie Punx
5.すべてまぼろし Feat.ダ-スレイダ-/LL Cool J 太郎
6.Happy Turn feat. TARO SOUL, HUNGER, KIN DA SHER ROCK                     /Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY
7.Lesson/嶋野百恵 with Mummy-D
8.Special Thanx!/w-inds.
9.涙のハリケーン/BON-BON BLANCO

と言ってもソールドアウトの可能性もありますので、まだチケット未購入の方は急げ!
では来週金曜日、代官山でお逢いしましょう!

(ミッツィー申し訳)

しまおまほ ミューズの引き出し

マンガ家でコラムニスト、90年代のミューズこと
しまおまほの引き出しを、みんなで開けるコーナー。

今週は、しまおさんが京都出張のため電話で出演!

しまおまほ ミューズの引き出しのポッドキャストは配信終了しました

配信限定!放課後DA★話(6/7)【前編】

今回は宇多丸と放送作家 古川耕による男だけのDA★話!
今、ネットで話題の「M○V AWARDS」裏舞台とは!?

配信限定!放課後DA★話(6/7)【前編】のポッドキャストは配信終了しました

Romancrew & TARO SOUL スタジオ生ライブ!

20080607_09.jpg
日本HIPHOP界注目の若手、
RomancrewとTARO SOULがスタジオ生ライブ。

配信限定!放課後DA★話(6/7)【後編】

宇多丸を取り込むにはいくら必要!?

★ストリームからのメッセージも!

配信限定!放課後DA★話(6/7)【後編】のポッドキャストは配信終了しました

放送後記 第62回


20080607_01.jpg

今週の金曜深夜、「申し訳ないとフロム赤坂」リリースパーティー@代官山UNITに
Bon-Bon Blanco出演が大・決・定!!!!

ということでオープニングからいきなり"バカンスの恋"と
"MYSTERIOUS HEAVEN"というボンブラ・クラシックを2連発。

これがひょっとしたら生で聴けるかもしれない......
しかもカワイイ子のパーカッション演奏で......

ん〜〜〜、盛り上がってきた!



20080607_02.jpg

9時40分からは「ちょこっとLABO」

いいひらがな・悪いひらがなを思いつきで絶賛追求中の「ひらがな問題」。
今週から学術的なメールもいくつか頂き、予想外の展開を見せ始めてます。

それと、今までの集計結果から興味深い結果が見えてきました。
人気あるのは「な」行と「ま」行。
それに比べて「は」行がさっぱり盛り上がってません。

「ふ」のバラバラさ加減、「へ」の定まってない感、
「は」と「ほ」のネタ切れ感がマイナス要因になってるのでは、
という仮説も出されました(写真参照)。

今後どうやって着地するんでしょうこのネタ。
そういう意味でも興味がつきません。


20080607_03.jpg

10時からは無差別映画評論コーナー「ザ・シネマハスラー」

今週のサイの目映画は『幻影師アイゼンハイム』


「今週はとっとと結論を言ってしまいます......


 つまんね!

 まず、多くの人が指摘してるとおり、『手品』と『映画』って食い合わせがよくないですよね。だって、どっちも現実に存在しない現象やモノを見せるエンターテイメントなわけで、だから映画の中で手品の不思議さみたいなものを見せられても、『映画なんだからどうとでもなるでしょ』って思っちゃう。特にこの映画だとCGをバリバリ使っちゃってるわけだから、全然アイゼンハイムが凄い手品師に見えない。いや、うまい監督ならCG使おうが使うまいが関係ないと思うんだけど、この映画に関してはどうも見せ方が平板で、出だしから『乗れないなー』って思っちゃったんですよね。
 それと、あとで原作を読んだら、原作にない要素を随分付け加えているんですね。恋愛のストーリーとか、映画のオチになるトリックとか。その新たに付け加えた部分が、僕にはことごとくグダグダに見えちゃった。原作の持ってる『幻想と現実の狭間とは』みたいな部分が下世話な付け足しで全部ぼやけちゃってる。一言で言えば......安い話だよ! ジェシカ・ビールも、19世紀末の公爵令嬢どころかただのカリフォルニア・ガールにしか見えないよ!
 あとね、シーンとシーンの繋ぎでアイリス・イン/アイリス・アウトっていう、要はサザエさんの終わり方みたいな手法が多用されるんですけど、こういうのは普通、そのお話を語るのに適しているから使われるわけであって。でもこの映画に関しては、昔『風』の雰囲気を出すためだけにしか使われてないんですよ。ストーリーテリング上、まったく効果的じゃない。こういう、本来、手段にしか過ぎないものが目的化しちゃってるってどうなんだろうなー......先週の『隠し砦』も、本来手段である『引用』がいつの間にか目的化してましたよね。それと同じ。僕はそういう手段と目的を取り違えてるものが本当に嫌いなんですよぉぉ!
 オチも倫理的に許せなかったです。大どんでん返しでカタルシスを持たらせようとしてるんだけど、よく考えたらヒドくね?っていう。『キサラギ』もそうですけど、最近そういうの多くないっすか? この映画だったらもっといいラストがあるよ......ていうか、あそこまでやっておいてそれ思いつかないなんて、こいつらバカだよ! チョッ!(一際大きな舌打ち)
 ただね、僕はポール・ジアマッティは好きなんです。ポール・ジアマッティを見てるだけで僕は幸せなんです。なので、オススメです!」


来週は出た大ネタ! 『マジックアワー』!

PS:マンガ家のせきやてつじ先生からリスナー枠に応募された『ワイルド・アパッチ』。
   監督名をウイリアム・アルドリッチと言ってましたが、
   正しくはロバート・アルドリッチの間違いでした。
   これはスタッフ側の確認ミスです......すいませんでした!


20080607_04.jpg

10時20分過ぎからはJ-POP DJ MIX SHOW『申し訳ないとフロム赤坂』

ミッツィーさんが今週金曜のリリパに向けて最後のお願いにやってまいりました。
題して「6月13日の金曜日 チケットには若干の余裕が有りますMIX」!

13日、豪華な出演陣はもちろんのこと、小荒井D(Kit Koala-i)や筆者もDJやります。
(あたくしは超久々にハーコー日本語ラップセットで望む所存)
つまり、こいつは総力戦!

みなさん、容赦なく遊びに来てください。


10時40分からはしまおさん@京都出張中と電話を繋いでの
駄話JAM「ミューズの引き出し」

一緒にトークショーに出演されていた友沢ミミヨさんも一瞬だけ生出演。
噂の「Hey You !」Tシャツの制作秘話も聞けました。

20080607_12.jpg

資料写真。
(当日、AD枡田さんが着ていたもの。GJ)


20080607_05.jpg

11時「サタデーナイトLABO」は土曜の夜らしくROOKIES特集(平均年齢20代後半)。

まずは6月11日に「Duck's Market」(名盤)が控えるロマンクルーのライブ!


20080607_06.jpg

続いてメジャーデビュー・ミニアルバム「BIG SOUL」が絶賛発売中のタロー・ソウル!


20080607_07.jpg

トークでは宇多丸の恩着せ発言とそれを受け流す後輩たちとの
緊張感溢れる空気が楽しめました(若干誇張あり)。


20080607_08.jpg

タロー君は連日のハードワーキンがたたって喉を痛めてたそうで。
にしては相当ソウルフルなラッピンを聴かせてくれました。


みんなバッチリだったYO!



20080607_09.jpg

オールドスクール!


20080607_10.jpg

オールドスクール!
(タロー君のお土産)


20080607_11.jpg

見送りの儀。
意外とスルーされて淋しかったです。

この後、ポッドキャストを男ふたりで収録(前編後編)。
ジブさんより4年早かった「ネット上でのM○V DIS」話で炎上しました。





あ、そう言えば!


20080607_14.jpg

Tシャツ出来たよ!

きゃわいい〜。


20080607_13.jpg

6月13日、金曜夜にこんな絵面で代官山でお待ちしてます!
(想像図)












......と、唐突に思いつき連載開始。

【東京ブッキ通信】VOL.1

「文房具と無縁で生きていられる奴などこの世にいない!」
を合い言葉に始まってしまいました。
みんなとつくる文房具情報交換コーナーです。

今回紹介するお便りはこちら!

「今年の7月に結婚いたします。
 そうなると当然会社の上司も呼ぶことになるのですが、
 会社での重要度ゼロで、入社3年経ってもまったく成長が見られない僕としては
 上司の文茎(ぶんけい)をブンブンに奮い勃たせる「これは!」と思われる
 ビジネス文房具を選んで一目置かれる存在になりたいと思ってます。
 そこで古川さんから何かオススメのブンアグラがあれば
 ご教授いただければ幸いです(5000円くらいで)。

 P.S. 僕はこのメモ帳を見てブンボッキしました」(ラジオネーム:なかやままほ)

小技の行き届いたいいメールです!

まずはP.S.について。
ロディアのマウスパッドメモですね。わかります。
ただでさえ狭いデスク上、なるべくコンパクトなメモを使いたい、
けど、あまり小さいと電話をしながら片手で筆記しにくい......
そんなジレンマを見事に解消したロディアのアイデアには脱帽です。
1ブッキ!

が、残念。
筆者は基本トラックボール派、たまに浮気しても光学式マウスなため
マウスパッド使わない派なのです。
最近の光学式マウスは本当に凄いな!
あと、卓上メモにしてはコレ、ちょっと大きすぎな気もします。
よってマイナス0.5ブッキ。

そこで個人的にオススメなのが、同じくロディア・ブロックメモのNo.8。
短冊状の縦長フォルムで、横にして使えば片手で押さえつつ楽々メモが取れます。



超便利!
お試しあれ。

それからメインの質問ですが、これもなかなかいい質問です。
カジュアルな引き出物なら一も二もなく美篶堂の美しい虹色ノート
オススメなのですが、こと上司も含まれるとなるとなかなかそうもいきません。

そこでやや安パイかつ値段オーバーですが、
LAMYサファリのボールペン&万年筆のセットなどいかがでしょうか。
浮ついたところがなく、なおかつオシャレ。
収納ケースもよく出来ていて、「ちょっといい感じの引き出物」として
無類の戦闘力を誇っています。
おすすめ!(※限定版のため在庫に注意)


このコーナーではみなさんのオススメ文具情報をお待ちしております。

ブッキ!
(すぐ飽きそうな予感)


(構成作家・古川 耕)

1  2  3  4
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方