こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/utamaru/へアクセスしてください。

2008年5月 3日

5月3日のオンエア曲

(21:42) 申し訳ないとフロム赤坂ーアイドルMIX radio edit

(21:52) Lesson Sex  /  PAM feat. L.L.COOL J太郎


ザ・シネマ・ハスラー

宇多丸が毎週サイコロを振り、出た目に割り当てられた映画を観に行くコーナー!
今夜は『クローバーフィールド-HAKAISHAI』をようやく評論! 

そして来週、宇多丸が観に行く映画はいったい何!? 

【今週のサイの目】
1.小林少女
2.相棒-劇場版-絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン
3.小林少女
4.ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
5.小林少女
6.(リスナー枠)

ザ・シネマ・ハスラーのポッドキャストは配信終了しました

GWの六本木ヒルズは苦み走ったコーヒーみたいだった申し訳MIX

ミッツィー申し訳による
「GWの六本木ヒルズは苦み走ったコーヒーみたいだった申し訳MIX」
20080503_05.jpg

今回は単純な時期テーマにしたくなかったので、
ギリギリまでMIXテーマを決めずにいました・・・
某J局に出演した時、ナビゲーター中野めぐみさんから頂いたご自身のCDの中に
「Black Coffee」という曲を発見!
最近飲料系の曲の整理をしていたのでちょっと引っ掛かりました。
今、思うと運命のいたずらだったのかも知れません・・・

その後、タマフルチームと打合せ兼食事をしてから、
解散時に宇多丸さんが明日の仕事の為
「おいしいコーヒーの真実」というDVDを見なくては! との耳より情報をキャッチ。
今、思うと運命のいたずらだったのかも知れません・・・

今回のテーマは自然の摂理に基づき、決まったようなものです。
GWに六本木ヒルズで生まれた出会いの物が「コーヒー」だった訳です。

更に強い必然性を求めるべく、タイトルやCMで曲を集めた所で止めておき、
生本番までほぼ曲を聞かずに挑む、自分を追い詰めるMIXにチャレンジ!
出会いの物ならではのミラクルなミックスが期待出来るであろうと。

しかし、策に溺れたのでしょうか・・ 軽く失敗だった模様・・・
やはり先に曲を聞いておくのは必然だったようです。
今、思うと運命のいたずらでも何でもありませんでした。
次回から気をつけます!

1.coffee rumba love filter/coba

 ご機嫌なヒューマン・ビート・ボックスにcobaさんのアコが絡むナンバー。


2.BUDZGOOD/blackCOFFEEZ

 NITRO周りの覆面ユニット「blackCOFFEEZ」から


3.Coffee & SingingGirl!!! 〜Relax for Daedelus remix/フルカワミキ

 原曲よりもダビーなREMIXで苦み走ったテイストを演出。


4.ザ・ストレス(申し訳HBB MIX)/安倍なつみ

 こちらもヒューマン・ビート・ボクサー界の孤高のアイドル「なっち」の代表作を
 ニコイチやエディットなどして勝手にREMIX!!!
 より「なっち」のビート・スキルを引き出したつもり。「ジョージアGABA」のCM曲

5.Black Coffee/中野めぐみ

 俺達のナビゲーターこと「中野めぐみ」さんは飲料系の曲が多いので
 今後、大活躍の予感です!

6.NUMBER WONDA GIRL 〜恋するワンダ〜/桑田佳祐

 缶コーヒー「ワンダ 金の微糖」のCM曲です。

7.COFFEE SHOP/アルファ

 なるほど。

8.Digital Coffee/POLYSICS

 最近、POLYSICSさんに日本語歌詞曲があることに気付きました!

9.ブラック・コーヒー/Original Love

 こんな時の為に寝かしておいた曲でしたが、すっかり内容忘れてました。
 やはり良曲!

10.プチッ!チュウ!カフェフレッソ (Type ㈼)/CRAZY KEN BAND

 この曲は4ヴァージョンもあり、本番中迷うことに。

11.1001のバイオリン/THE BLUE HEARTS

 缶コーヒー「ワンダ100年ブラック」のCM曲です。
 「ヒマラヤほどの〜」の歌詞の意味が、
   チベット問題を彷彿させるのも申し訳流儀2008。

(解説:ミッツィー申し訳)

しまおまほ ミューズの引き出し

90年代のミューズ、そして一流Tシャツデザイナーしまおまほの
引き出しから何が出てくるのか!?

しまおまほ ミューズの引き出しのポッドキャストは配信終了しました

杉作J太郎、襲来

宇多丸、そしてしまおまほもタジタジ・・・!?
爆笑トーク炸裂!

杉作J太郎、襲来のポッドキャストは配信終了しました

配信限定!放課後DA★話(5/3)【前編】

ゲスト、杉作J太郎さんもDA★話に参加!

配信限定!放課後DA★話(5/3)【前編】のポッドキャストは配信終了しました

配信限定!放課後DA★話(5/3)【後編】

引き続き、爆笑DA★話をお楽しみください!

配信限定!放課後DA★話(5/3)【後編】のポッドキャストは配信終了しました

杉作J太郎さん!

20080503_14.jpg
しまお嬢も交えて、
神がかり的な面白さのテキトー・トークを展開!

放送後記 第57回


20080503_01.jpg

現在TBSラジオのスタジオが改装中。
いつも使ってる第6スタジオも直前まで別番組をやっており、
我々は別室での待機を余儀なくされました。
これはこれで一体感があって楽しい。


20080503_02.jpg

「『BUBKA』の野郎......ッ!!」

オープニングトークは
「Perfumeには今、アイドルに免疫がないナイーブなファンが増えている。
 例えばそれは俺だ!」話。

『BUBKA』のPerfume記事に"Mr.BUBKA"が憤る!



20080503_03.jpg

本日のゲスト、杉作J太郎さんのベストパフォーマンスと名高い
"Lesson Sex"を聞きながら笑い死に寸前。
ホントに下らねェ!


10時からはランダム型映画評論コーナー「ザ・シネマハスラー」
今回の映画は『クローバーフィールド/HAKAISHA』。

「この映画は言わばアイデア一発、"出オチ"型映画ですよね。だから今さら気の利いた感想を言うのは凄く難しい......。
 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』型のフェイクドキュメンタリーであり、9.11テロ事件以降の巨大な災害モノ──その巨大な災害って要するに怪獣なんですけど──そういうギミックの情報を、公開前にYou Tubeとかで小出しにされているのを観ているときが面白かった。で、実際に映画で観ると、その期待は裏切らない......けど、その期待以上ではない、というか。
 9.11映像としては、実際のあの時の映像に負けているじゃないか、という高橋ヨシキさんの意見は、まったくその通りだと思います。昼ではなくて舞台を夜にした時点で逃げてる感じもするし、原理的に言えばあの映像には絶対敵わないしね。ストーリーも薄いっちゃ薄いし、『ミスト』みたいな"ここはもう僕たちの住んでいた世界ではないのだ"的な絶望感もない。
 ......と、かように賛否両論ある映画ですが、そのアイデア一発を一本の映画として成り立たせたアトラクション的なライド映画としては、とても良く出来ていたと思います。結論としては、『クローバーフィールド』もいいけど『コール・オブ・デューティ4』(XBOX360)のほうがもっとオススメ!


次週は『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』!



20080503_04.jpg

セラートの導入っぷりも板に付いてきたミッツィー申し訳登場。


20080503_05.jpg

この日のMIXテーマは「G.Wの六本木ヒルズは苦み走ったコーヒーみたいだったMIX」。

先日、MIX CD「申し訳ないとフロム赤坂」の取材で六本木の某FMに出演してきた記念です。
マジでサーセン(→六本木方面の人)。


20080503_06.jpg

こっちから見ると意外とサイバーでびっくりします。



20080503_07.jpg

10時40分過ぎからはしまおまほさんを招いての「ミューズの引き出し」

頂いた引き出しメールは
「私は恥ずかしながら先月の末に、一ヶ月分の食費に充てようと思っていた現金をまるまる紛失してしまい、今月のお給料日まで大層ひもじい思いをしました。安くて高カロリーのお貸しを主食にしてみたり、大好きな炭酸水は薄めて飲んでみたり、職場のお客様用のお茶請けをちょろまかしてきたり、冷蔵庫にあったジャムやドレッシングや塩を舐めてみたり、貧乏だった学生時代以上に貧相な食生活を送る羽目になりました。
 そこで、ミューズの"貧乏食"の引き出しには何が入っていますか?」
(ラジオネーム:アダマ・23歳・女性)


しまお「私、お風呂に入りながら飲む水道水が大好きなんですよ。
    凄く甘く感じる......ジュースくらいな感じ」
宇多丸「そんなに?」



20080503_08.jpg

11時からは遂に登場。
杉作J太郎、襲来。

まったくの無内容ながら声のアタックの強さだけで持ってかれます。


20080503_10.jpg

そんな杉作さんを母のように愛おしげに、
もしくは飼育員のように興味深げにまじまじと見つめる1人の女。


20080503_12.jpg

ポッドキャスト(前編後編)にて。

「しまおさん、なんですかこのお腹! やばいよ〜」
実際のところはともかくとして、少なくとも表面上はデリカシー皆無の発言で
しまおさんにちょっかいを出す杉作さん。


20080503_13.jpg

そんな杉作さん、好き!


20080503_14.jpg

わーい!

(左の雑誌は『en -taxi』連載中の「応答せよ巨大ロボット、ジェノバ」)


20080503_15.jpg

おつかれさまー!


20080503_16.jpg

これから三宿WEBに言ってきまーす!





なにこれ。



【本日のじまんTシャツ】

20080503_17.jpg

これがしまおさんオススメの友沢ミミヨ画伯「Hey you !」Tシャツ。
わかってらっしゃるアイツへの贈答品にも喜ばれる逸品。
筆者は黒を購入しました。



【翌日のオマケ映像】

20080503_18.jpg

翌5月4日、タマフルスタッフ編成で
「MC RYU Sunday Jukebox !」を2時間生放送。
RYUさんのナビゲートで'60〜現代までの洋楽をかけまくりました。

新鮮!



【追記】

今週のタマフル後、小荒井ディレクター a.k.a DJ Kit Koala-IがDJをするイベントがあります。
ゲストパフォーマンスに小林大吾!
タマフルが縁で生まれた奇跡のブッキング。

5月10日(土)「W.I.T」
@渋谷 Lounge NEO
http://loungeneo.iflyer.jp/venue/flyer/26625
DATE: Saturday 5月10日
TIME: 23:00 OPEN
PRICE: 3000yen / 1drink
GENRE: ALL DANCE MUSIC


よろしかったら皆さんもぜひ!

 
(構成作家・古川 耕)



2008年5月10日

5月10日のオンエア曲

(21:50) 現場にBACK AGAIN / GATTSUKI MAN
(21:56) Dreaming / さかいゆう


1  2  3  4  5
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方
  • radiko.jp
  • ラジコの聴き方