トークパレット木曜日「スタンバイ・ブックナビ」

2011年08月25日(木)

 今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★毎年、この時期になると、心がそわそわ。なぜか。小中高と、夏休み、ずっと宿題をやらずに遊んでた。あと一週間で全部やらなくちゃいけないと思うから、なんですね。★とくに小中学校の自由研究には困った。ナニをやっていいかわからない。たぶん、多くの小中学生が、お母さんから「自由研究、どうするの?」と叱られているのでは。★そんな小...

...続きを読む

2011年08月18日(木)

今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。★重松清さん。今更ですが、直木賞作家(「ビタミンF」2001)であり、山本周五郎賞(「エイジ」1999)もとっているベテランの人気作家。その新作、家族小説。★基本的に、家族小説といえば、多いパターンはやっぱり「おっ」というドラマが起きる。具体的に言うと、家族の誰かが死ぬ、家族内で非常に仲互いをする、、、派手な設定...

...続きを読む

2011年08月11日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。★ここ数年、仏教と仏像ブームが続いています。仏教に関する本はコーナーが作られるほどたくさん出ているし、2009年東京国立博物館の「阿修羅」展は、90万人もファンを集め、それを見るため長蛇の列ができるほどで、話題になりました。しかも、若い人が仏像に興味を持っている。仏像ガールと呼ばれる女性まで出てきました。★そんな若い世代の仏像ブー...

...続きを読む

2011年08月04日(木)

今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。★志水辰夫といえば、作家生活30年のベテラン。デビュー時はハードボイルド作家だったが、5、6年前から時代小説を書き始めて、その新作が今回の作品。★シミタツ時代小説の一番大きな特徴は冒頭。そこがどういう場所なのか、どういう時代なのか、主人公がどういう人物なのか、全く説明しないで始まる。★例えば、今回の作品の場合。男...

...続きを読む

2011年07月28日(木)

 今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★宮澤賢治は昭和8年、約80年前に、37歳という若さで亡くなっています。いまでもよく読まれ、熱烈な愛好者がいる文学者です。★これまで宮澤賢治については、既にたくさん本が出ていますが、この本は、自然観察者としての賢治をクローズアップさせ、「とんぼの本」というシリーズらしく、美しい写真、貴重な写真をたくさん使って、新たな視...

...続きを読む

前の5件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

ページトップへ