トークパレット木曜日「スタンバイ・ブックナビ」

2012年01月19日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★5月22日に開業予定の新電波塔「スカイツリー」。年間来場予定者数が500万人、周辺を含む町全体の来場者数は2900万人という試算もある。★ロンドンオリンピックと並び、今年一番話題を呼びそう。★建築中からテレビ雑誌などでも大きく取り上げられ、その話題はいいよ、と言われるかもしれませんが、今日ご紹介する本はちょっと視点が違う。著者は...

...続きを読む

2012年01月12日(木)

今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★桂望実さん、有名な作品は「県庁の星」。映画化もされた。面白いものを立て続けに書いている作家。今回のも凄くいい。★まず設定。小劇団を主宰している大介という男と、妻の瑞穂、という夫婦。この2人が、週末だけひなたという少女を児童擁護施設から引き取って一緒に暮らしている。★というのも、「週末里親制度」という制度があって...

...続きを読む

2012年01月05日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。  ★「どりこの」と聞いて、知らない人はどんなものを思い浮かべるでしょうか。これ、じつは昭和初期に流行した日本の「飲みもの」なんです。★最盛期には年間に220万本というヒット商品で、海外でも飲まれた。しかも、これ、滋養飲料で「食欲不振、食べ過ぎ、二日酔い、つわり、貧血、胃腸病、高熱、疲労、神経衰弱」などに効果があり、「と...

...続きを読む

2011年12月22日(木)

今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★フィギュアスケートの世界を描いた長編小説。★主人公の藤里小織(さおり)という少女がお母さんと一緒にフィギュアスケートの世界で、懸命に努力をしていく、という話。中学から始まって大学に行くまでを描く。 ★面白い点、まずひとつは、フィギュアスケートの世界がどういうものか、という事が、克明に描かれている事。★例えば、非...

...続きを読む

2011年12月15日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★もうすぐクリスマス。私は、この時期になると、必ず観たくなる映画がありまして、それがアメリカの映画監督フランク・キャプラの「素晴らしき哉、人生!」。1946年の作品です。★2006年にアメリカ映画協会が選んだ「感動の映画ベスト100」で圧倒的一位に輝いたのがこの「素晴らしき哉、人生!」だった。ほか、3本のキャプラ作品が100位内に...

...続きを読む

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップへ