トークパレット木曜日「スタンバイ・ブックナビ」

2010年12月23日(木)

今朝は、本の雑誌社・顧問 目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。★これが、すっごい面白い!★話は、夏子という天才的な詐欺師を描いた小説なのですが、それを遠い親戚で弁護士の徹子という女性側から描いたもの。★しょっちゅう問題を起こす夏子に対し、徹子は遠い親戚なので頼まれると断れず。その都度、駆りだされ、終生、振り回される事になるというストーリー。 ★この小説、素晴らしいのはディテール。夏...

...続きを読む

2010年12月16日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんに今年のベスト3と今年最後のお薦めの本をご紹介! まずは、今年最後のお薦めの本。『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』全2巻です。★ポール・オースターは、アメリカの作家で、日本でも非常に人気がある。彼が、ラジオ番組のために、普通の人々の本当にあった話を募集して紹介する。それを本にした。★だから、書いたのはアメリカの、ごくふつうの人々。1ページの短い話から、数ページに...

...続きを読む

2010年12月09日(木)

  今朝は、本の雑誌社・顧問 目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。★どういう小説か。上巻の帯をみると、簡単な内容紹介が載っている。これを読むと、「自死した娘、病床にある元妻......50歳で会社を早期退職した石井隆平は決して戻らぬ自分の半生を噛みしめ、ひとりユーラシア大陸横断の旅にでる。逗留先のウラジオストックで自殺を決意し旅をするエリカの存在を偶然知った石井...

...続きを読む

2010年12月02日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。★毎年、この時期、カレンダーを見ると、ちょっと意識するんですが、12月8日はジョン・レノンの命日なんです。もう30年にもなるんですね。★ジョン・レノン享年40ですから、生きていれば70。この日のことは、ぼく、当時大学生でしたがよく覚えています。それだけ強烈な印象でした。★1980年12月8日の深夜11時少し前、ジョン・レノンは当時...

...続きを読む

2010年11月25日(木)

今朝は、本の雑誌社・顧問 目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。★ちょっと変わった家族小説。4編の短編集。★何が変わっているかというと、登場してくる家族。例えば、表題作ともなっているひとつ目の話、「at Home」。★これは、父親が空き巣、母親が結婚詐欺師、僕が働くのは偽造屋。あと、弟と妹がいる5人家族の話。ただし、この5人は血が繋がっていない。赤の他人。この設定が肝。★話としては、...

...続きを読む

前の5件 9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19

ページトップへ