トークパレット木曜日「スタンバイ・ブックナビ」

2011年05月19日(木)

 今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★被災地に、天皇皇后が訪問されるシーンがニュースで流れました。   ★体育館の硬い床に膝をつけて、被災者の人たちと同じ目線で慰めの言葉をかけて、おられたのが印象に残りました。被災者の人たちはそれを正座して迎えていました。★じつに日本的な風景だと思いました。★そこで、この本。実は、日本人は床に直接座るという特有の風習を持...

...続きを読む

2011年05月12日(木)

今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★妻と夫の彼女の人格が入れ替わってしまう、という話。★このパターンは過去にいくつかある。例えば、 ・「パパと娘の7日間」...父親と娘(女子高生)の人格が入れ替わる。ドラマ化。 ・「今夜は心だけ抱いて」唯川 恵...母親と娘の人格が入れ替わる。 ・「秘密」東野 圭吾...娘の体に母の人格が入り込む。有名。★過去に...

...続きを読む

2011年05月05日(木)

 今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきした。 ★5月5日こどもの日。せっかくこういう日に私の出番が回ってきたので中学から高校に入ったぐらいの人に読んでもらいたいと思って、少年少女向けの本を選びました。★1977年に出た本で、私は大学生でしたが、これを読んで非常に感動したんです。★1920年代から40年代初めのドイツのお話。1925年に生まれた二人の少年が出てきます。...

...続きを読む

2011年04月28日(木)

今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。★今年最大の話題作と言われている作品。(まだ4月ですが、、、)★帯にある宣伝コピーの文句は、「孤高の暗殺者ニコライ・ヘルの若き日の壮絶な闘い」★年配の方なら覚えている方もいるかと思いますが、かつて30年前にトレヴェニアンという人が書いた『シブミ』という冒険小説の金字塔とされる作品の続編。★トレヴェニアンは覆面作家...

...続きを読む

2011年04月21日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。★連日、福島原発の放射能汚染について報道されていて、この先、いつ終息するのか、大気や土壌、海洋に将来的にどんな影響を及ぼすのか、心配は続きます。★人間の歴史は、地球環境を破壊してきた歴史とも言えて、森林破壊、大気汚染、地球温暖化など、世界的なテーマになったのはつい最近、という気もしますが、じつは数百年単位の以前から、ちゃんと小説や...

...続きを読む

前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ページトップへ