トークパレット木曜日「スタンバイ・ブックナビ」

2012年03月29日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★今日は、今月出た新刊。タイトルは『ご家庭にあった本』。著者は、岡崎武志さん。私です。図々しいですが、最後の放送という事で...自分の本を書評しました。★副題に「古本で見る昭和の生活」とあります。私は古本屋で転がっている安い本を買って、そこに何が書かれているか、ああでもないこうでもないと、調べたりするのが好きなんですが、この本は、...

...続きを読む

2012年03月22日(木)

今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★3月に出た新刊。これが、なかなか面白い。★主人公は、ケンカしつつも仲がいい姉と弟の2人。小野寺家の姉弟。小野寺より子と  小野寺進。★どういう姉弟かというと、例えば、スーパーの福引で浅草・花やしきのペアチケットが当たると休日に2人で出かける。花やしきなので、コーヒーカップでぐるぐる回るようなやつに2人で乗ったり...

...続きを読む

2012年03月15日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★鹿島茂さんは明治大学教授で、専門は十九世紀フランス文学。それだけ見ると、お硬いイメージですが、学術的論文からやわらかいエッセイまで、何でも書ける当代一の売れっ子の書き手です。★この本は「オール讀物」という月刊誌に連載されたエッセイをまとめたもの。★エッセイと言うと、身辺雑記が多いですが、鹿島さんは、オヤ?と思ったことを、その疑問...

...続きを読む

2012年03月08日(木)

今朝は、文芸評論家の北上次郎こと、目黒考二さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★池井戸潤。直木賞受賞後の第一作目がこれ。おもしろい!★池井戸潤という作家。もともと、企業小説の作家で、直木賞を受賞した『下町ロケット』は、精密機器を作るという下町の工場が大企業に対抗していく話。★他にも、吉川英治文学新人賞(2010年)をとった『鉄の骨』は建設会社、その前の『空飛ぶタイヤ』は中小の運送会社・・・...

...続きを読む

2012年03月01日(木)

今朝は、書評家の岡崎武志さんにお薦めの本を紹介していただきました。 ★タイトルを聞いて、おおっと思った方も多いと思います。1969年「中央公論」に発表されて、その年に芥川賞を受賞したベストセラー小説。ただ、なぜいまさら、という話ですが、じつはこれが新しく新潮文庫に収録されたんです。★単行本も中央公論社、文庫も中公文庫。しかも一度も品切にならず、累計160万部売れ続けている永遠の青春小説です。各種...

...続きを読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップへ