トークパレット火曜日「小松昌美ハワイにおいでよ!」

2012年03月27日(火)

★みなさん。小松昌美の「ハワイにおいでよ!」は
 今日がとうとう最終回となりました!
★最後の取材は。。体を張った、体当たり取材です!
★今、小型の飛行機の操縦体験が人気で、わざわざ、
 ハワイにこれだけを目的に来る人も多いと聞いて、
 高いところが苦手な私ですが、思い切って飛行機の操縦をしてきました。
★場所はホノルル空港に隣接するワシンエアー。
・小型飛行機から大型機の免許まで取得できる飛行学校でもあるんです。
・教官が横に付くことで安全に無免許の人でも空を飛ぶことができる。
★前日にはハワイ出雲大社に安全祈願のお参りに行った。
・ワシンエアーは、1997年創業、15年間、
 7万5千回以上のフライトで無事故、飛行機 047.JPG
 今までたくさんの芸能人も体験済み!
★今回私が操縦体験した飛行機は、小型機の4人乗りで
 飛行機の前に一つプロペラがついているタイプです。
・見ると本当に小さい!
・操縦席で両手を広げたら手が窓から出てしまいそう。
・操縦席には二つハンドル(操縦かん)が付いていて、
 私は機長席に座ります。
・隣には飛行免許を持った教官が同乗します。
・大きな体を小さくたたんでシートベルト、
 そしてヘッドフォンを付け、いよいよ滑走路へ向かいます。
・滑走路のすぐ手前で他の飛行機が着陸するのを待ちます。
★そうです・そして、私たちの飛行機の離陸許可が出ました。
・スロットルを前いっぱいに押して「フルスロットル!」
・ブーンと言う音が激しくなり飛行機は前に走り出します。
★そして「ハンドルを手前にゆっくり引いて!」と言われて引くと
 「フワー!」飛んだ! 私の操縦で飛んだんですよ!
★あっという間の離陸、見る見るうちに遠くなっていく地面、
 高度を上げ続け1500フィート(450m)で水平飛行に入ります。飛行機 037.JPG
★ワイキキやダイアモンドヘッドも上から見るときれい!
 と言いたいところですが、
 空港を離陸してからワイキキを過ぎるまで結構揺れて、
 生きた心地しませんでした。
 景色を楽しむ余裕なんてありません!
・さらに、教官はいつでもハンドルに手を出せる状態には
 していますが、ほとんど手放し状態なんです!
・最初は「手を離さないでください!」と 
 悲痛な表情でお願いしていました。
・ハンドルを強く握りすぎて手が真っ白!握りつぶしそうです。
・私の操縦する飛行機は、オアフの東・ハワイカイやハナウマ湾を抜け、
 ノースショア・真珠湾の上空を飛び、また出発したホノルル空港へ戻ります。
★もちろん着陸も自分で操縦。また緊張の瞬間。
・速度を落とし、滑走路の真ん中の白線がo0600045011870669872.jpg

 目の前になってきました。
・そのままゆっくりハンドルを引くような形で合図を待つ・・・
・「はい、小松さん、そのまま~!止めて!ホールドして!」、
 ストンと着陸!「ハイ! 上手ですよ・・ 大丈夫?」
・着陸手前から、ずーっと息も止めていました。 

 苦しかった~!!
・終わった今ですから言えるんですが、飛行機の運転、結構簡単です!
★怖いのは怖かったけど、小学生でもできるそうです。
・景色は模型を見ているようにきれい、
 色鮮やかな海と山を一望でき、最高のフライトでした!
・ワシンエアーの体験操縦は、30分169ドル(14000円)、
 1時間269ドル(22000円)の2コース。
★それではこれでハワイのコーナーも終わりです。
 みなさん、11年間。本当にお聴きいただき、ありがとうございました。
・次から始まる新コーナーも是非引き続き聴いてください!

一覧へ戻る

ページトップへ