現場にアタック

2012年01月24日(火)

担当 山崎景子
     
きのう、また、福島県浜通りで震度5弱の地震がありましたが、今日は地震の話題。
ここ4年以内に70%の確率で、マグニチュード⑦クラスの首都直下型地震が起きる
 という研究結果についてです。

4年以内に70%。衝撃的な数字ですが、首都直下型地震。
中央防災会議の被害想定では、東京湾北部を震源とするマグニチュード7・3の
地震があった場合、最大で死者およそ1万1000人、建物の全壊・焼失およそ85万棟とも。
それが、4年以内に70%。果たしてどういう研究結果なのか。今回の試算を行った
研究チームのひとり、東京大学地震研究所、酒井 慎一  准教授の話です。


    
     正しくは、30年間で98%の確率でマグニチュード7の地震が起きる、という結果。
     で、今までは、「30年間で70%と言っていたが、その70%の確率となるのが、
     大体、4年ぐらいという事で、今回の発表となる。まあ、地震というのは、小さい地震がたくさん起き、
     大きい地震ほど少ない、という経験則があり、大体、マグニチュードが1上がると、
     数は10分の1になるという観測事実があるが、今回、首都圏で地震活動が高くなった、
     大震災から半年分のデータを計算して、換算したのが、今回の確率。


      
これまで、「30年で70%」だった確率が、「4年で70%」。
「30年で70%」は、政府の地震本部が震災前に出していた確率。
一方、東大地震研究所の今回の試算は、震災後、首都圏で活発化している地震活動を反映したもの。
今回の試算で出た「4年で70%」「30年間で98%」といえば、今後30年で88%と
されている東海地震の発生確率より高い数値!
 
今回、これまでと全く違う数値出ているのには背景があります。
 再び、東大地震研の酒井准教授です。
      


      普通は地震の予測をする時は、ある特定の地震に固定して、その地震が過去に何度起きて
      何年おきに、というのを調べて、その繰り返し間隔から、今後、何年間で何%と出すのが
      普通だが、首都圏地域に関しては、繰り返しがわからない地震が起きていて、だけど、
      地震が起きると、被害が大きいので、別の計算方法を用いて、今回、出した。関東地方は2枚の
      プレートがありモデル計算が難しく、人が多くて地震の観測もしにくく、わからないのが実情。

         


元々、海の地震に比べて、内陸は規則性がわかっていない。さらに2つのプレートが下にある事で
相互作用があり、複雑。なので、過去、何度が関東で地震があったが、どこで起きた地震か
わかっているのは、わずか2つのみ。1923年の大正の関東地震、1703年元禄の関東地震。
なので、繰り返し間隔どころではなく・・・これといった予測の計算法がわかっていないのが現状。
     
でも、政府の地震本部は過去、予測を出していますが、、
これは、地震本部の場合も、結局、1個1個の繰り返しがわからないので、通常の予測が出来ず。
それで、明治から最近までにマグニチュード7クラスの地震が5回起きた、という頻度から確率を出す。
ただ、これは地震本部は「過去の頻度」に目をつけた、という事で、絶対ではなく、
東大地震研は今回、別の計算方法で予測をしています。

どんなやり方か?というと、、、
地震学の世界で有名という経験則を使って試算したそう。
この経験則は「マグニチュードが1上がると、 地震の発生頻度が10分の1になる」というものだそうですが・・・・

ですが、これを用いた事に専門家から疑問の声も。何が問題なのか。
地震学を専門とする武蔵野学院大学の特任教授、島村英紀 さんに伺いました。


 
     経験則というのは、一般の方がよく知っているように大きい地震ほど数が少ない。小さいほど数が
     多いというもの。それを全世界で起きた全ての地震を数えるとだいたい、マグニチュードが1下がる
     ごとに地震が10倍増える。まさに経験則で地震がそういう起き方をしていた、という事。ただ、
     これは全地震の平均なので、特定の場所について、その法則が厳密に成り立つか、は不明。     
     むしろ、成り立たない。ですから、使ったのが不思議で、僕らはそういう計算をあえて発表しない

 

世界全体の平均を一部の地域にあてはめるのはどうか、という疑問という事。
経験則しか、頼りになるものがないというのはわからなくもないが、地震学の教科書で
勉強したての学生じゃあるまいし・・・・と島村さんは結構、手厳しい。

そこで、東大地震研究所、酒井准教授にこの疑問をぶつけてみたのですが・・・・
「そういう」意見も出るのでは、と。さらに経験則を使った地震予測を出したのは、今回初めてたそう。
では、なぜ今回、新しい計算方法での地震予測を出したのか。酒井准教授のお話です。

     

     例えば、数字が今回4年で70%と出したが、その精度は75かもしれないし、60かもしれないし
     はっきりわからないが、一言、言えるのは、確率が上がったのは事実で、それなりに何か数字で
     言わないと動けないのでは、という事で数字を出した。それはみなさんにというのもあるし、
     国とか自治体とかに対しても、今までの対策では不十分だという為には、
     それなりのきっかけみたいなのが、必要ではないか。そういう気持ちもありますけども。

 


酒井さんなどの研究者は、大きなお金が動く事から慎重になり数字が一人歩きするのを恐れ、
なかなか表舞台でなかったが、それではダメだと。
転機となったのは、東日本大震災。周期的に大きな地震が東北で起きる事は予測が出きていた
にも関わらず。大きな被害を食い止める事ができなかった。
今回の衝撃的な数値の発表には、更なる防災対策のきっかけにして欲しいという思いもあるようです。
       

一覧へ戻る

ページトップへ