トークパレット火曜日「小松昌美ハワイにおいでよ!」

2011年01月10日(月)

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします!

 

私は日本で新年を迎えて、初詣にも行ってきたんですが、去年はついていないことが色々あったので、ハワイでも初詣に行くことにしました。

ハワイは日系人が多いので、日本の神社がたくさんあるんです。どこに行こうかと迷っていたら、いいものを見つけました。それは、ダイアモンドヘッドクラブというツアー会社の「神社仏閣ツアー」。ハワイの神社仏閣めぐり。珍しいツアーですよね。

 

このツアー会社はハワイに何度も来ている方やマニア向けのツアーを企画しています。神社仏閣ツアーは中高年をターゲットに企画したんですが、最近は若い女性の参加が増えているそうです。日本で最近人気になっているパワースポットめぐりと同じような感覚で参加しているようです。ツアーのガイドによると、明治元年に日本からハワイへの移民が始まって、最盛期の大正時代には、ハワイに50以上の神社仏閣があったそうです。今でも40以上の神社仏閣が残っているそうです。

 


110110_1.jpgツアーは午前10時ごろワイキキを出発。まずはサウスキングストリートにあるハワイ石鎚神社(右写真)へ。サウスキングストリートは観光客にはあまりなじみがないかもしれませんが、飲食店が集まっているのでハワイに何度か来ている方ならよく利用しているかもしれません。その通りにある石鎚神社。日本から来た宮大工が建てたもので欄干など見事なものがあります。でも、結構小さいので、私もいつも通っている道なのに知りませんでした。お賽銭箱にクォーター(25セント硬貨)をチャリーン。2枚投げたのでだいたい40円分くらい。ツアーの前にお賽銭の小銭をたくさん用意してくださいといわれていたので、小銭だらけでめっちゃ重いです。でも今なら1ドル札でお賽銭を上げても83円くらいですから、やっぱり1ドルは納めるべきでしたでしょうか。

 

 

110110_3.jpg110110_2.jpg次は石鎚神社の近くにあるマキキ教会(右写真左)。ここはキリスト教の教会なんですが、建物は日本のお城そのもの。実は全米最大の日系のキリスト教の教会です。でも私はホノルル城と呼んでいます。そしてホノルルの友好都市・広島市から贈られた厳島神社の鳥居のレプリカを車窓に眺めて、ハワイ琴平神社ハワイ太宰府天満宮(下写真左)、そしてハワイ出雲大社(下写真右)と回ります。ハワイ出雲大社では、ハイビスカスの柄のお守りが大人気。日本の観光客がどっさり買って帰るそうです。私も毅郎さんにゴルフ守りを送りました。今年は安心してゴルフが楽しめると思います。110110_4.jpg110110_6.jpg

 

 

 

 

 

 

110110_11.jpg110110_10.jpgツアーはその後、中華街で飲茶のランチをいただいて中国人が集まる観音様を拝んだ後、まだまだ回ります。白い建物が美しい本派本願寺。ハワイで最も歴史が古いハワイ大神宮。日本以外の観光客に大人気の平等院(右写真左)。ヌウアヌにある墓地の中にある金閣寺のレプリカ(右写真右)と三重塔。最後に、アラモアナショッピングセンターから近い真言宗ハワイ。弘法大師の像と木彫りの雷神・風神が入口でにらみを利かせています。こういった神社が全部ハワイにあるんです。ちなみにお参りする前に手を洗う場所、手水舎には、どこの神社もペーパーナプキンが置かれていました。ハワイではどこのトイレにもナプキンがあるのでみんなハンカチを持っていないんです。だからどこの神社でもペーパーナプキンを用意しているんです。

今回のツアーでは8つの神社仏閣でお参りしました。車窓から眺めたものや中華街の観音様をいれると11ヵ所。これだけ回れば、ご利益は期待できそうでしょ?

 

 

ハワイの神社仏閣ツアーの申し込みは2名から。料金は、ランチや拝観料込みで1人100ドル(約8300円)。申し込みの人数が多いと少し割り引きになります(3~4名参加だと1人90ドル。5~7名参加だと1人80ドル)。

 

 

★★ 小松昌美のブログ ★★
 

  「小松昌美のハワイ生活」
 http://hawaiinioideyo.cocolog-nifty.com/blog/

 

  この番組ホームページで紹介しきれなかったこぼれ話や取材の時の写真、
 それに普段の私のハワイでの日常生活を色々とご紹介しています。
 よろしかったら一度と言わず何度でも覗いてみてくださいね!

一覧へ戻る

ページトップへ