トークパレット火曜日「小松昌美ハワイにおいでよ!」

2010年07月26日(月)

100726_1.jpg夏休み、ご家族でハワイを訪れる方も多いと思います。家族連れにダントツの人気を誇る高級ホテルが「ヒルトン・ハワイアンビレッジ・ビーチリゾート&スパ」です。
ワイキキの海の前に広がる敷地は9万平方メートル。これは東京ドーム2個分で、ワイキキのホテルでは最大級の広さを誇ります。この敷地の中に7つのホテルが建っています。壁に大きな虹が描かれているビルをご存知の方もいるかと思いますが、あれは「レインボータワー」といって、このヒルトン・ハワイアンビレッジの中にあるホテルの一つです。ホテルのほかにレストランやバーが20以上、様々なお店が90以上。プールもスパもあって、「ハワイアンビレッジ」という名前の通り、まさに一つの村のような感じです。

 

 

これだけ広くて、色々なものがあるホテルなのでガイドブックには見所があれこれ書いてあるんですが、きょうは私がおすすめしたいところを2つに絞ってご紹介します。

まず一つ目はレインボータワーの前にあるラグーン(上の写真で下の方に映っているのがそれです)。ホテルのすぐ前がビーチなんですが、その砂浜に大きな海水プールが広がっているんです。ここが実は穴場なんです。ハワイではビーチはすべて公共の場となっているのでヒルトンが管理しているこのラグーンも、公共のビーチ。だから宿泊している人以外でも遊べるんです。このラグーンは、デューク・カハナモクというハワイの伝説的サーファーが子供のころ住んでいたことから
「デューク・カハナモク・ラグーン」という名前がついています。ラグーンは海水を一日に何度も循環させているのでとてもきれい。ラグーンを囲む砂浜は580mの遊歩道になっていて、芝生や椰子の木陰でくつろげますし、ラグーンの水深は深いところでも1.5mなので子供連れで遊ぶにはもってこいなんですね。このラグーンは冬の時期も素敵で、ワイキキで一番きれいな夕日が眺められるそうです。ラグーンの正面に大きな夕日が沈むそうで、その瞬間、太陽が緑色に光る「グリーン・フラッシュ」という現象が見られるそうですよ。

 

 

100726_3.jpgもうひとつのおすすめは、一年中、花火が楽しめる! ヒルトン・ハワイアンビレッジでは毎週金曜日の夜にホテルの前の海辺から花火をあげています。ヒルトンの花火は、私たち地元の人間にとっては週末のスタートの合図。打ち上げている時間は5分ほどしかないんですが、この花火を見たいという人が多くて、夕方になるとホテルの前のビーチは人で埋まるんです。昼間のワイキキビーチより混んでいます。花火の時間は日沈の時刻によって変わりますが、今の時期は午後7時45分からです。

 

 

(内容は放送当時のものです)

 

 

★★ 小松昌美のブログ ★★
 

  「小松昌美のハワイ生活」
 http://hawaiinioideyo.cocolog-nifty.com/blog/

 

  この番組ホームページで紹介しきれなかったこぼれ話や取材の時の写真、
 それに普段の私のハワイでの日常生活を色々とご紹介しています。
 よろしかったら一度と言わず何度でも覗いてみてくださいね!

一覧へ戻る

ページトップへ