次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2016年7月 | メイン| 2016年9月 »

2016年8月 アーカイブ

2016年8月23日

2016年08月28日Part0(予告編)「ポケモンGOのその先へ~これからの『遊び』を考える」

life201608_610_343.png

「ポケモンGOのその先へ~これからの『遊び』を考える」予告編

※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

8月28日(日)のタイトルは

「ポケモンGOのその先へ~これからの『遊び』を考える」

出演:鈴木謙介、速水健朗、斎藤哲也、西森路代、海猫沢めろん、倉本さおり、宮崎智之、三上洋、会田大也ほか

予告編の出演:鈴木謙介、速水健朗、斎藤哲也、西森路代、海猫沢めろん、倉本さおり、矢野利裕、宮崎智之、長谷川裕P(黒幕)

8月28日(日) 深夜25:00~28:00 (=月曜1:00~4:00)

ラジコではインターネットで放送同様、音楽も聴けます。

Ustreamによる動画生中継も行います⇒ http://ustre.am/lrQf

※ツイキャスでも中継します→ http://twitcasting.tv/life954

===

charlie(鈴木謙介)です。

この夏はいろんな話題が飛び交っているのですが、世の中的な認知度がもっとも高いもののひとつが「ポケモンGO」でしょうね。ゲームとしてハマっている人もいますし、社会問題として取り上げられることも多いわけですが、やはり「新しい遊び」を提案したことの意義は大きいと思います。僕自身は教え子たちと一緒に街を歩きながら、「ポケモンGOをプレイしている人が目に見える」ということだけでテンションが上ってしまうあの独特のノリに「新しい遊び」の芽生えを感じるのですけど。

遊びという点で考えると、ヴァーチャル・リアリティ関連も盛り上がっています。Playstation VRのようなゲーム機器もそうですが、お台場の「VR Zone」(https://project-ican.com/)や東京ジョイポリスの「ZERO LATENCY VR」(http://tokyo-joypolis.com/attraction/1st/zerolatency/)など、実際の空間で、他の人と一緒にヴァーチャル空間を共有しながらプレイする「新しい遊び」が登場しています。僕はめろん先生と一緒に「VR Zone」を体験したのですけど、五感全部を操作される感覚に「これはいままでにない体験だなあ」という感想を持ちました。と同時に「みんなもやってみてよ! 感想語りあおう!」という気持ちにさせられるあたり、近年の「応援上映」だとか『シン・ゴジラ』を巡る盛り上がりなんかにも通底する「体験した人どうしでないと分からないコミュニケーション」への欲望も刺激されるのでした。

実は今年、特にそうした「体感」をキーワードにした消費について研究していることもあって、この辺の消費の理論的裏付けみたいなことも考えてはいるのですけど、より日本的な文脈に照らして言うなら、「スマホで誰とでも無料でコミュニケーションを取れるようになったけど、それって楽しいかと言われるとやや義務化してるところもあるよね」みたいな状況が一部で生じていて、それに対して「じゃあ今、本当に楽しいことってなんだろう?」みたいな疑問や、それに応えてくれる「遊び」が求められているフシがあるように思います。僕自身、そういう空気に押されてか、いままで消極的だったようなものに対してもできる限り手を出していこうみたいな気持ちになっていますし。

そういうわけで今月は、夏休みのレジャーの締めくくりということで、いま登場しつつある様々な「これからの遊び」について話してみたいと思います。題して「ポケモンGOのその先へ~これからの『遊び』を考える」

VRのような新しい遊びだけでなく、アウトドアだとかボードゲームだとか、温故知新的な「遊び」もあるでしょうし、普通の人がやっていることを「遊び」としてアレンジしてしまうとか、こんな「遊び」があったらいいのになあというものまで、みんなで挙げていけたら。個人的には「これからの遊び」として面白そうだ!是非挑戦してみたい!というものに出会えたらいいなと思っているので、リスナーの皆様からも「あなたのお勧めする、これからの「遊び」を教えてください」ということでメールを募集したいと思います。これを期にあなたが楽しんでいる「遊び」が、Life界隈でブレイクするかも? 

というわけでメールアドレスは life@tbs.co.jp

ぜひお早めにお願いします!

※長谷川プロデューサー(黒幕)出演イベント
9/24(土)LL教室の試験に出ない1990年代J-POP
http://www.velvetsun.jp/new-events/2016/9/24/924ll1990j-pop

|

2016年8月31日

2016年08月28日Part1「ポケモンGOのその先へ~これからの『遊び』を考える」

撮影:ササキミチヨ
Life954_20160823saito&charlie.jpg
      斎藤哲也さん         鈴木謙介(charlie)

※再生できない場合は、個別ページかTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

出演:鈴木謙介(charlie)、会田大也、海猫沢めろん、塚越健司、速水健朗、三上洋、西森路代、倉本さおり、宮崎智之ほか斎藤哲也

○今回のテーマは『遊び』
・今日はラジオなのに浴衣縛り(Charlie)
 →意味はないけどなんか楽しい、という遊びをやってみよう(Charlie)
・子供のころからやってきたゲームはビデオゲームからスマホゲームへ(Charlie)
 →今のスマホゲームの突端が『ポケモンGO』(Charlie)
・「福岡の椎名林檎」を感じる4人組バンド、ポルカドットスティングレイ(Charlie)
 →○○のマネ、ではなく継承して前に進んでいくことに成功しかけている(Charlie)
 →フリーのMVからライブに誘導して売れる今時のバンドの売れ方(Charlie)
・VRなど新しいテクノロジーを用いたものに注目が集まっている(Charlie)
 →ポケモンGO はAR(拡張現実)を用いる(Charlie)
 →技術関係なくこの現実にポケモンが侵食してきている(Charlie)
 →スマホが普及した今、「こんな新しい遊び方があったのか」と
  皆がどきどきしている(Charlie)

○Lifeパーソナリティの「遊び」
・みんなと遊べないチャーリーにオススメの「火おこしゲーム」(斎藤)
 →大きな薪とマッチ一本でいかに火をおこしていくか(斎藤)
 →火をおこす大変さにゲーム性を見出すのはわかる(Charlie)
・華やかな浴衣を選んだつもりなのに肺を病んでそうとみんなに言われる(宮崎)
・スマホを落としたのを機に課金していたスマホゲームも全部やめた(Charlie)
・ビブリオバトル・句会・連歌など文学の世界の遊び(倉本)
 →恋人へのラブレターの最後に俳句を書く(Charlie)
 →(一同に驚かれて)20年前でも引かれていた(Charlie)
 →遠回しに三十一文字で伝えてみる、余裕という意味での遊び(Charlie)
・『伊集院光 深夜の馬鹿力』の遊びを募集するコーナー(塚越)
 →ヴィトゲンシュタインの「言語ゲーム」(塚越)
 →「思っていたことと違った」で展開していくコミュニケーション(塚越)
 →それが楽しめるのは余裕(塚越)
・ルールはぼんやりした共有から始まって修正されていく(Charlie)
 →政治の世界もそんな感じで、ゲームは通底している(塚越)
・スマホ疲れでアナログゲーム回帰(海猫沢)
 →最近流行の人狼ゲームはコミュニケーションゲーム(海猫沢)
 →ゲームって実はすごくリア充なもの(Charlie)
 →ゲームはコミュニケーションツールとして優秀(海猫沢)
・山口でミュージアムエデュケーターをしている(会田)
 →人と何かを共有するのにゲームってすごい便利(Charlie)
 →小さい子向けだと遊びがほとんど学びになる(会田)
 →遊びそのものが大きな目的に埋め込まれることが多くなった(Charlie)
・小学生の頃は軍人将棋が大好きだった(速水)
 →審判が必要、普通の将棋にはない自由さ(速水)
 →ルールって自分で変えられるんだ、という記憶(速水)
・最近話題の9ます将棋は発想を変えるという一つのヒント(速水)
・縛りこそ遊びの醍醐味と言われるけどそういうのは苦手(西森)
 →3・4人でどうしたらいいかわからなくなる(西森)
・人狼はライブプレイングシアターで、見てる方が楽しい(西森)
・6年くらいこのスタジオで配信をしているがLifeでマイクを持つのは初めて(三上洋)
・VR・ポケモンGOはずっとバブルで話題(三上)
 →メディアでは社会的影響・経済規模ばかり聞かれる(三上)
・ポケモンGOにある「レベル20の壁」(三上)
・TBSラジオクラウドになったせいかメールの数が少なめ(Charlie)

            text by Life助手:千葉彩佳

○Life関連アーカイブ

2013/01/27「友だちの作り方」
http://www.tbsradio.jp/life/20130127/index.html

2012/10/28「うれしはずかし文化的初体験」
http://www.tbsradio.jp/life/20121028/index.html

参考資料&選曲↓

このパートでかけた曲
●ポルカドットスティングレイ 「テレキャスター・ストライプ」(charlie選曲)
●松本梨香 「タイプ:ワイルド」(塚越健司さん選曲)

|


Copyright© 1995-2017, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.