次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2015年3月 | メイン| 2015年5月 »

2015年4月 アーカイブ

2015年4月20日

2015年04月26日Part0(予告編)「ポジティブの現在/ネガティブの未来」

life201504_610_343.png
今月のLifeは

「ポジティブの現在、ネガティブの未来」

「ポジティブの現在、ネガティブの未来」予告編

※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

4月26日(日) 深夜25:00~28:00 (=月曜1:00~4:00)

出演:鈴木謙介、速水健朗、常見陽平、白河桃子、海猫沢めろん、西森路代、
塚越健司、斎藤哲也、中沢明子ほか

予告編の出演:鈴木謙介、速水健朗、海猫沢めろん、西森路代、斎藤哲也、
           矢野利裕、長谷川裕P(黒幕)

ラジコではインターネットで放送同様、音楽も聴けます。

Ustreamによる動画生中継も行います⇒ http://ustre.am/lrQf

※今回からツイキャスでも中継します→ http://twitcasting.tv/life954

=====

charlieです。

ポジティブな気持ちで日々を過ごすことを悪く言う人はいないでしょう。どんなことであれ、どうせ失敗するだろうという気持ちで取り組んでもいい結果は出ませんし、くよくよしていても仕方がないというのも確かです。ですが、「前向きに考えていればすべてがうまくいく」とまで言われると、そんなことはないだろうという気がします。

最近、特に若い人と話していると「感謝」だとか「幸せ」というコトバが息をするように出てきます。「ありがとう」は「有り難い」もの、幸せとは日常のささやかな瞬間に仄暗く灯る明かりのようなものだと考える僕のような人間にとっては、そこまで感謝をインフレさせるのは、それこそありがたみが薄れるなあと思ってしまいますが、さりとて言われて悪い気はしないので、まあそんなものかな、とも感じます。

おそらくこれは近年「ポジティブ心理学」だとか「自己啓発」だとか、いくつかの分野で同時多発的に現れている現象で、また日本だけに限らない現象のように見えます。また、昨年この番組で扱った「ポエム化」の問題を振り返って分析した( http://goo.gl/aay136 )こともあるのですけど、こうした理念が非常に世俗的な成功や成長を目指すものであるにも関わらず、やはりその背後には宗教社会学的なメカニズムが働いているのではないかと僕は考えています。

そうした小難しい話でなくとも、最近ネットやテレビで「ネガティブ」な表現が忌避される傾向が、特に昨年くらいから強まっているように思いませんか。自分が非難されるのはもちろん、誰かと誰かの論争を見て暗い気持ちになるのも嫌。ヘイトスピーチは許せないけど、日本が褒められるのは嬉しい。「感動したらシェア」なエピソードとか大好き。教育や研修の場面でも、ブレインストーミングの入口は「まず相手の意見を否定しないこと」というルールを示すところだったりします。

こうした風潮に対して僕も「前向きになるだけですべてがうまくいくわけがない」と頭では分かります。でも他方で、もうどうにもネガティブなものの言い方に耐えられない、もっと楽しいこと、前向きなこと、他人への感謝、人生の悦び、そういうことだけ考えていたいという気持ちが抜きがたく芽生えてくるのです。もしこれが世の中の風潮のようなものとシンクロしているのだとしたら、それはどういう出来事で、どんなメカニズムによって生じているのか、そんなことを考えてみたいと思いました。

というわけで今月のLifeのテーマは「ポジティブの現在/ネガティブの未来」。松岡修造さんに元気付けられ、友達の心づかいに感謝し、四季の移り変わりに歓びを感じる、そんなポジティブマインドが溢れつつある現代の姿に迫ります。リスナーの皆様からも「ポジティブとネガティブ、最近のあなたが心惹かれるのはどちら?」というテーマでメールを募集します。「こんなポジティブ/ネガティブなものには耐えられない」というメール、あるいは実際に実践しているポジティブな気持ちを高める方法(毎日、感謝する出来事を探すとか、モチベーションを高める手帳術とか)なんかも募集しています。

メールアドレスは life@tbs.co.jp

メールはぜひお早めにお願いします!

ネガティブなことを嫌がる向きには、今回のテーマはポジティブな自己啓発を揶揄するもののように思われるでしょうし、そういう前向きさが耐えられない人には「Lifeがベタに自己啓発を始めた」と受け取られるかもしれませんが、僕らとしてはそのどちらでもなく、「何が起きているのか」をリスナーと一緒に共有したい、という気持ちが強いです。いろんな立場から番組に参加してもらえればと思います。


|

2015年4月29日

2015年04月26日Part1「ポジティブの現在/ネガティブの未来」

撮影:会田邦秋
DSC00542.JPG
                charlie(鈴木謙介)


「ポジティブの現在、ネガティブの未来」Part1

※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

◯charlieのOPトーク
・今月39歳の誕生日を迎えたcharlie
・番組開始時は「希望の話をしよう」(charlie)
 →キラキラ系、意識高い系...今は皆希望の話しかしていない(charlie)
 →ポジティブなメッセージは聞いていて気持ちいいが...(charlie)
・今あらためて、ポジティブとネガティブの話(charlie)

◯出演者それぞれのポジティブ、ネガティブ
・今回から採用されたSSは荻上チキさんとcharlieのセッション(charlie)
 →ベース演奏は荻上チキさん(charlie)
・「日本すごい系」番組の多さ(リスナー)
・コーチングにハマる知人(メール)
 →人間ポジティブもネガティブもバランスが大事(メール)
・ポジティブ彼女とネガティブ彼女、どっちがいい?(charlie)
 →どっちかといえばポジティブ彼女のほうがいい(斎藤)
 →僕はポジティブでもネガティブでもどっちでもいける!(charlie)
・僕は物事斜めから語る派、シニカルを自分の芸風にしているが...(速水)
 →根は楽観主義者(速水)
・番組では自己啓発を批判する立場だった(速水)
 →世間の考えるポジティブ・ネガティブが違うフェーズに(速水)
・新作「キッズ・ファイヤー・ドットコム」群像5月号で発表(海猫沢)
 →20年前から変化して、ホスト業が仕事として確立(海猫沢)
 →ホストマニュアルは自己啓発と同じことが書いてある(海猫沢)
・新作主人公はめちゃくちゃポジティブ(海猫沢)
・自己啓発系と女性市場、雑誌への介入(charlie)
 →昔キラキラしていた雑誌が今キラキラしてない(西森)
 →光文社がリアリティ追求方向へ(西森)
・番組では初登場ジャーナリスト白河桃子さん登場
・ゲスト内唯一のバブル世代として(白河)
・バブルのときはシニカル、ネガティブが格好良かった(リスナー、白河)
 →バブル当時の若者、未来が明るいと確実に思っていた(リスナー、白河)
・千葉商科大学国際教養学部専任講師に就任された常見陽平さん
・マイナス面をきちんと探すネガティブさ(常見)
・僕自身はすごくネガティブ、問題改善サイクルはポジティブ(常見)
・就職しても若き老害の肩書は変わらない(常見)
・観覧席に塚越健司さん、中沢明子さん(charlie)
・謙虚なのをネガティブと言い換えているのでは(メール)
 →どうして謙虚にならざるを得ない状況がおきるのか(メール)
・ネガティブをポジティブに変えられる力が日本の子供は非常に低い(charlie)
 →この背景にあるのは謙虚さなのでは?(charlie)

             text by Life助手;新井亜主美
◯参考URL

charlieさんと荻上チキさんのセッション動画
http://goo.gl/Ob6qXg

千葉商科大学 国際教養学部
http://www.cuc.ac.jp/fgs/

◯Lifeアーカイブ

2006/10/07 「バブル」ってなんだ?
http://www.tbsradio.jp/life/20061007_bubble/

2010/01/24「今、聞きたい名言」
http://www.tbsradio.jp/life/20100124/

2012/11/25「"わくわくできる未来"を求めて」
http://www.tbsradio.jp/life/20121125/

参考資料&選曲↓

このパートでかけた曲
●YUKI "歓びの種" (charlie選曲)
●西野カナ "Darling" (白河桃子さん選曲)

BGM↓

●The Jazz Butcher "Who Loves You Now?"
●Belle & Sebastian "I Can See Your Future"
●The Wild Swans "Now And Forever"
●James Iha "Be Strong Now"
●Neon Indian "Future Sick"
●Dr. John "AC-Cent-Tchu-Ate The Positive"


|

2015年4月30日

2015年04月26日Part2「ポジティブの現在/ネガティブの未来」

撮影:会田邦秋
DSC00507.JPG DSC00529.JPG

「ポジティブの現在、ネガティブの未来」Part2

※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

・ネガティブな気持ちを覆い隠すためのポジティブな言葉(メール)
・いつもネガティブなこと言う人が感謝の言葉を言い始めた時はやばい(西森)
・SNSでネガティブなこと書きにくい問題(charlie)
 →背景の1つにネガティブさが一切含まれない「キラキラ女子」(charlie)

◯ルミネCM炎上問題
・「仕事もプライベートも全部充実!」に耐えられない(永田夏来さんメール)
 →ルミネCM炎上問題は温度差を上手く炙りだした(永田)
・CM内の「需要がないよ」、それはそれぞれの需要なのでは(速水)
・人からの圧力、どっちかを選ぶことは今の風潮に合わない(西森)
・「変わらなきゃ」という言葉(速水)
 →自己変容を余儀なくされる言葉(速水)
・ルミネCMに古さを感じる(常見)
 →「とらばーゆ」で15年前にやっていたことと変わらない(常見)
・女性業界では繰り返し起こるベクトル(白河)
 →「そのままの自分でいいよ」と「ロールモデルを目指す」2つのベクトル(白河)
・変わらなきゃというメッセージではなく、何に向けて変わるの?(charlie)

◯「キラキラ」ってなんだろう
・一昔前の「キラキラ」はギャル系(charlie)
 →今はギャル系がいなく、差異をはかるのは「キラキラ」(charlie)
 →その「キラキラ」とは何だ(charlie)
・キラキラ広報問題(常見・charlie)
・女子アナ、マスコミ志望は減少、今の頂点は広報(charlie)
・女性は、自分のPRはできないけれど他人のPRはできる(西森)
 →管理職に女性がなりたくない問題に共通する背景(白河)
・リアルが充実した先にキラキラしている頂点はセレブリティ(charlie)
・「セレブリティである証明=キラキラしている」に比重が変化(charlie)
・はあちゅう(伊藤春香さん、元ブロガー、キラキラ広報原型の一人)(速水)
 →キラキラポジティブを体現(速水)
・はあちゅうの源流(斎藤)
 →90年代、和田裕美さんが帯にでてきた時期(斎藤)
・経沢香保子さんの話(常見)
・今は文化人でも外見を綺麗にしていないといけないとき(西森・白河)
・セルフブランディングの広がり(常見)
 →2000年代前半に日経アソシエイトで特集(常見)
・セレブリティの条件、セルフブランディング要素(charlie)
 →指標はTwitterのRT(ReTweet)数(charlie)
→セルフブランディングを可能にする構造、ポジティブな輪(charlie)
・ポジティブでキラキラしている人のまわりにポジティブな人がいる(白河)
・セルフブランディングとバイラルメディア、シェアの共感の輪(charlie)
・女性のライフスタイルについてのRTが多い(charlie)
→いい女botの本(白河・海猫沢)
・「意識高い」はもう終わっている、キラキラ系へ(charlie)

             text by Life助手;新井亜主美

◯参考URL

「炎上」と「クソリプ」のあいだ
(charlieのブログ「Soul for Sale Phase II」、ルミネCM炎上問題について)
http://blog.szk.cc/2015/03/21/between-flaming-and-shit-reply/

ルミネをこじらせて――「ありのままで」からの逆走
(松谷創一郎さんによるルミネCM炎上問題分析記事)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/soichiromatsutani/20150321-00044065/

表紙がおもしろいと話題な、アイセイ薬局のヘルス・グラフィックマガジン
http://www.aisei.co.jp/user/efforts/magazine/tabid/281/Default.aspx

"モノサシ" PV music by OLIVE
(㈱バンダイ就活応援ソングin2007)
https://www.youtube.com/watch?v=qJWkCt2t97k

◯Lifeアーカイブ
2014/12/28「文化系大忘年会2014」
http://www.tbsradio.jp/life/201412282014/

2014/08/31「ソーシャル、レジャー、リア充」
http://www.tbsradio.jp/life/20140831/

参考資料&選曲↓

このパートでかけた曲
●OLIVE "モノサシ" (常見陽平さん選曲)

BGM↓
●Feist "Past In Present"
●Sloan "Worried Now"
●Wilco "In A Future Age"
●The Posies "At Least For Now"
●Jellyfish "Now She Knows She's Wrong"
●Badly Drawn Boy "What Is It Now?"


|


Copyright© 1995-2016, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.