次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2012年12月30日Part7(外伝2)「文化系大忘年会2012」 | メイン | 2012年12月30日(放送後記動画)「文化系大忘年会2012」 »

2012年12月30日Part8(外伝3)「文化系大忘年会2012」

charlie_01.jpg IMG_3643.jpg
     鈴木謙介さん(チャーリー)           矢野利裕さん                 

DSC_6295.jpg DSC_5062.jpg
    斎藤哲也さん&二村ヒトシさん      放送前の打ち合わせ  
     


          

※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○アートと社会
・フジテレビの昼ドラ「幸せの時間」に驚愕(リスナー)
・15年から20年近く前のコンテンツの再評価(柳瀬)
 →作り手が4,50代になって80年代回帰(charlie)
・Lifeメンバーが活躍した一年(リスナー)
 →なぜLifeが次々に論客を輩出するのかは、Life本で!(斎藤)
・政治的、社会的テーマをアートにする回路が働かなかった(國分功一郎)
 →アートよりむしろ特撮がその役目を果たしていた(國分)
・音楽の人は早く反応していた、小説は遅効性(海猫沢)
・アートの予言的な側面(速水)
・今年を一言で表すなら「祭」(矢野)
・言葉の論理性と飛躍性(矢野)
 →飛躍する力を持つ『藝人春秋』と『祝祭の書物』(矢野)
・震災に真っ先に反応したのは和合亮一@wago2828(水無田)
・印刷された時に詩はどのような様相を呈するか(水無田)
・詩の出てくる速度と言葉としての強度(水無田)
 →即時性があっても後に残すのは難しい(水無田)
 →時間を経てどのように捉えられるか(水無田)
・GREAT3の「彼岸」とストレイテナーの「シンクロ」(charlie)
 →果たせなかったこと、失ってしまったものを歌う(charlie)

○「桐島、部活やめるってよ」を語る
・映画「桐島、部活やめるってよ」が今年の外せない作品(リスナー)
・「神木君はモテるでしょ普通に」という女子高生の談(矢野)
・神木君に感情移入して見る人と、一歩引いて見る人(矢野)
・居場所の問題として泣きながら見ました(常見)
・そもそも学園物はファンタジーでしかない...感情移入できない(海猫沢)
・桐島推しメール多数...なぜそこまで桐島なのか?(charlie)
・文化祭、体育祭となった時にあのクラスを誰が仕切るのか(矢野)
・人間関係を鳥瞰で見る...最近の学園物ラノベの傾向(charlie)
・桐島で描かれているのは『文明の衝突』(常見)
・スクールカーストはもっと流動的(矢野)
・チャーリー、Lifeやめるってよ(斎藤)
・集団をどう見ているかで感じ方が変わる映画(charlie)
・色んな共感ポイントを作ったのがこの作品の成功点(charlie)

○都市と郊外の文化
・今年の音楽のキーワードの一つは「シティポップ」(矢野)
・どこか絶妙にダサいものが流行している(矢野)
 →ローファイとチープの間(charlie)
・『ここは退屈迎えに来て』...山内マリコの連作短編(速水)
 →田舎から都会に行く、という女の子物語の逆バージョン(速水)
 →郊外でこじらせ、と言うと『下妻物語』(charlie)
・この本によって地方都市の描かれ方が変わった(海猫沢)
 →ケータイ小説が先取りしたもの?(charlie)
 →ケータイ小説はヤンキー的、これはもっとファンタジック(海猫沢)
・1500円くらいの文芸小説は教養がないと買えない(海猫沢)
 →地方に行くとまだケータイ小説(海猫沢)
・ロードサイドの複合型書店の進化(速水)
・様々なオススメが増えている時代(charlie)
 →その作品は自分にとって何なのか?(charlie)

            text by Life助手;今野夏希


○参考URL

・NHK バリバラ
 http://www.nhk.or.jp/baribara/

・朝日新聞デジタル:ことのは311
 http://digital.asahi.com/special/kotonoha311.html

・tofubeats「水星」 磯部涼さんによるレビュー
 http://www.ele-king.net/review/album/002660/
○Life関連アーカイヴ

・2011/08/28「"祭り"の時代」(濱野智史、西嶋一泰ほか)
 http://www.tbsradio.jp/life/20110828/

・2011/03/27「このメディア環境を生きる」(神里達博ほか)
 http://www.tbsradio.jp/life/20110327/

・2012/05/27「東京論2012」
(藤村龍至、中村由佳、西森路代、中川大地ほか)
 http://www.tbsradio.jp/life/201205272012/
 


参考資料↓
123

456

789

101112

131415

161718

192021

222324


Copyright© 1995-2017, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.