次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2011年8月 | メイン| 2011年10月 »

2011年9月 アーカイブ

2011年9月 1日

2011年08月28日Part2「"祭り"の時代」

撮影:会田邦秋
20110828 hamano2.jpg 20110828 tsudas.jpg
       濱野智史さん                 津田大介さん
 


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○学園祭の「ハレ」と「ケ」
・学園祭の準備は女子と絡むチャンス(リスナー)
 →泊まり込みでお酒を飲むのが楽しみだった(澁谷)
・学園祭でリーダーシップをとると人格が変わる...(斎藤)
・本番は失敗した学園祭。終了後に盛り上がった(リスナー)
 →学園祭の「コンプライアンス」(charlie)
 →19時には追い出される現代の大学(澁谷)
・実家の前が工業高校。学園祭のバンドが一日中BOOWY(津田)
・「祭りの準備」による若者の結束。コミュニティの強化(西嶋)
 →戦後民主主義を体現する文化祭(charlie)
・アメリカのディスコ・パーティー文化と階級社会(速水)
 →準備に参加する学園祭の教育的意味(charlie)
・高円寺の阿波踊り。コミュニティの固定化と流動性(西嶋)
・一年に一度訪れるルーチン(charlie)
・祭りは新たな友達を作るチャンスだった(リスナー)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )

○Life関連アーカイヴ

「不良・ツッパリ・ヤンキー」
http://www.tbsradio.jp/life/20070120/

「理想のリーダー、リーダーの理想」
http://www.tbsradio.jp/life/20100627/

参考資料&選曲↓


このパートでかけた曲

●植木等 with 三波春夫 "新二十一世紀音頭"(速水さん選曲)

BGM↓

●小沢健二 "シッカショ節"
http://hihumiyo.net/

●くるり "お祭りわっしょい"
http://www.myspace.com/quruliofficial

●Tamas Wells "The Opportunity Fair"
http://www.myspace.com/tamaswells

●XTC "Harvest Festival"
http://www.myspace.com/xtcfans

●Adhitia Sofyan "Carnival"
http://www.myspace.com/adhitiasofyan

|

2011年9月 2日

2011年08月28日Part3「"祭り"の時代」

撮影:会田邦秋
    20110828 tomomi.jpg    20110828 saito.jpg
          澁谷知美さん               斎藤哲也さん



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。


○「祭り」と地域交流
・座間キャンプの盆踊り。佐世保のアメフェス(リスナー)
 →横須賀米軍基地でも神輿など日本の祭りを持ち込む(速水)
 →新しい様式と古い様式が同居する祭り(澁谷)
・東京音頭はミリオンセラー。盆踊りのプロモーションの成功(速水)
 →ふんどしに和太鼓は鼓童の海外公演から(西嶋)
 →半纏も映画「無法松の一生」の人力車の格好から(西嶋)
・都市設計と祭り
・出品することで「仕事」という観点が加わるコミケ(リスナー)
・ライフスタイルセンター「サンストリート亀戸」(charlie)
 →地域の「出し物」ができるステージ(charlie)
・団地・米軍基地。共同体の確認の場としての祭り(速水)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )

○Life関連アーカイヴ 

「地方を考える」
http://www.tbsradio.jp/life/20070120/

「『働く』ということ」
http://www.tbsradio.jp/life/20070127/


参考資料&選曲↓

このパートでかけた曲
●氣志團 "One Night Carni"(斎藤さん選曲)
http://www.myspace.com/kishidan


BGM

●松本源之助社中 "神田囃子(東京)"

●松本源之助社中 "四丁目(玉入り)"

●秋田竿灯会 "秋田竿灯囃子〜本太鼓〜(秋田)"

●JITTERIN'JINN "夏祭り"
http://jit-ter.com/index.shtml

●桑田佳祐 "祭りのあと"

●水前寺清子 "東京音頭"

|

2011年9月 3日

2011年08月28日Part4「"祭り"の時代」

撮影:会田邦秋
20110828 cha&tomo.jpg 20110828 hayamizY.jpg
     澁谷知美さん&charlie                  速水健朗さん
 



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○津田さんがcharlieのフェス童貞を捨てさせる?!
・天候の変化に「奇跡」すら感じるフェスという空間(リスナー)
・「ハレ」の中での自由度の高さがフェス(津田)
 →フェスは「ぼっち」でも楽しめる!(津田)
・商業主義フェスとそうでないもの
 →a-nationには完全に踊らされた(澁谷)
 →"自称"エコバッグに大量のゴミとなるチラシ(澁谷)
・決まったフォーマットのクリスマス消費
 →多種多様な消費の形を持つ祭りやフェス(charlie)
・疑似環境と疑似イベント
・感動するポイントの自由度。フェスはそこを拡張している(津田)
・多様性と階層性、にわかにも優しいAKB(濱野)
・テーマパークと祭りの違いは「マゾ要素」
 → パチンコに通じる「痛みポイント」(charlie)
・祝祭性の搾取、ブラック企業
・RSR、砂原良徳によるレイ・ハラカミ追悼(津田)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )

○Life関連アーカイヴ 

「クリスマス資本論」
http://www.tbsradio.jp/life/20101128/

「僕らが旅に出る理由」
http://www.tbsradio.jp/life/20110727/


参考資料&選曲↓


このパートでかけた曲

●レイ・ハラカミ "joy"(津田さん選曲)
http://www.myspace.com/reiharakami


BGM↓

●The Band "Life Is A Carnival"
http://www.myspace.com/theband

●Jens Lekman "Do You Remember The Riots?"
http://www.myspace.com/jenslekmanmusic

●Prefab Sprout "Carnival 2000"
http://www.myspace.com/theprefabsprout

●Bruce Springsteen "The Last Carnival"
http://www.myspace.com/brucespringsteen

●The Starlets "After The Carnival"
http://www.myspace.com/starletsuk

●The Blow Monkeys "Let The People Dance"
http://www.myspace.com/theblowmonkeys




|

2011年9月 4日

2011年08月28日Part5「"祭り"の時代」

撮影:会田邦秋
      20110828 studio1.jpg



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○ネットの「祭り」とフジテレビデモ
・「京都祇園祭」の消費文化的イベント臭さ(リスナー)
・人生に待ち受ける最大の祭りは葬式(リスナー)
 →残された人のための死の確認作業(charlie)
・「ハレ」の場としての結婚式(リスナー)
 →自分が始めて主役になれる祭り(澁谷)
・親友と上司が結婚式よりフジロックを優先...(速水)
・Twitterによって世の中のあらゆることが祭りに(リスナー)
 →ネットの祭りは誹謗中傷ばかり(リスナー)
 →ユーザーの増加による功罪
 →WaiWai事件からスポンサーへの圧力が...(津田)
・公私の領域が曖昧なSNS(津田)
 →コンプライアンス病、過大な社会的制裁(津田)
・フジテレビデモは排外主義か?
 →ネットの盛り上がりがリアルへ繋がるように(速水さん)
 →公共性を求める純粋な主張も(津田)
 →「素直な気持ち」の責任を伴う(charlie)
・韓流ファンはオタクだということを自覚(濱野)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )

○Life関連アーカイヴ 

「暴走するインターネット2.0」
http://www.tbsradio.jp/life/20071125/

「情報社会の限界(ギリギリ)ライン」
http://www.tbsradio.jp/life/20090628/

「2ちゃんねるvsミクシィ」
http://www.tbsradio.jp/life/20061202_2channelmixi/


参考資料&選曲↓


このパートでかけた曲

●SUPER JUNIOR "カーニバル"(澁谷さん選曲)
http://www.myspace.com/sungminnielee


BGM

●Gangway "Violence, Easter And Christmas"
http://www.myspace.com/thatsgangway

●Beirut "Forks And Knives (La Fete) "
http://www.myspace.com/beruit

●Kings Of Convenience "Riot On An Empty Street "
http://www.myspace.com/kingsofconvenience

●青柳拓次 "お囃子"
http://tone.jp/artists/aoyagitakuji/

●Eyeless In Gaza "She Moves Thru The Fair "
http://www.myspace.com/eyelessingaza

●The Pearlfishers "Say Goodbye To the Fairground "
http://www.myspace.com/thepearlfishers


|

2011年9月 5日

2011年08月28日Part6「"祭り"の時代」

撮影:会田邦秋
IMG_8098のコピー.jpg



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○「祭り」と「政(まつりごと)」
・ジブリの散歩風「反原発デモ」と松本哉の「3人デモ」(リスナー)
・ロンドン暴動の「素直な気持ち」(charlie)
・ベルリンのサウンドデモはテクノ(津田)
 →大規模デモ後に出生率が増える?!(津田)
 →祭り化したデモ、出会いの場(津田)
 →「高円寺・脱原発デモ」の可能性(津田)
・反韓流デモの一部に理解を示すことが何を招くか(澁谷)
・急激に入ってきたものに対する反発は避けがたい(速水)
 →韓国以外のコンテンツに対するデモが起きたか?(澁谷)
 →コンテンツに対する反発は人種差別か?(速水)
・右翼団体に相乗りされたフジテレビデモ(津田)
 →主張・動機のグラデーション(津田)
・明治の盆踊り禁止令。幕末の「ええじゃないか」(西嶋)
 →祭りと宗教。動員力の危険性(西嶋)
・反韓でないなら日の丸はいらない(津田)
 →無自覚に排外主義を祭りの盛り上げに利用した(津田)
 →そうした「利用」の危険性、「動員される」危険性(charlie)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )


○Life関連アーカイヴ 

「運動」
http://www.tbsradio.jp/life/20070604/

「政治」
http://www.tbsradio.jp/life/20070729/


参考資料&選曲↓


BGM↓

●Atomic Swing "Carnival stall"
http://www.myspace.com/atomicswing

●Simon & Garfunkel "Scarborough Fair/Canticle"
http://www.myspace.com/simonandgarfunkel

●Johnny Conquest "Nor`easter"
http://www.discogs.com/artist/Johnny+Conquest

●Weekend "Carnival Headache"

●SPANK HAPPY "Riot In Chocolate Logos"
http://www.myspace.com/kikuchinaruyoshi

●坂本龍一 "Riot In Lagos"
http://www.myspace.com/sakamoto




|

2011年9月 6日

2011年08月28日Part7(外伝1)「"祭り"の時代」

撮影:会田邦秋
IMG_8146のコピー.jpg



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○ネットでの祭りから現実のデモへ
・公共の免許で自社商品を宣伝することについての批判
 →「韓流ゴリ押し」というメッセージ(澁谷)
・C.W.ミルズの「動機の語彙と"ほんとうの動機"」(澁谷)
・反ハリウッド及び反韓流は人種差別か?(速水)
・花王、サントリーといったスポンサー企業の被害(津田)
 →2ちゃんの既女板などによる電凸(津田)
 →フジテレビの態度の硬化と対立の激化(津田)
 →花王のAmazonの差別的レビュー(澁谷)
・ネタ的コミュニケーションの加速(斎藤)
 →メカニズムからの追求が必要(charlie)
・ベースは反メディア。そこに排外主義が結びつく(charlie)
 →政治活動家が「素直な気持ち」を利用する(charlie)
・遊びの排外主義を実行委員会は利用した(津田)
・個人主義の確立のためのゴーマニズム宣言(濱野)
 →皮肉にも2ちゃんねるの匿名集団の動員ツールに(濱野)
・強い「個」と「祭り」の相性の悪さ(charlie)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )


○Life関連アーカイヴ 

「暴走するインターネット2.0」
http://www.tbsradio.jp/life/20071125/

「2ちゃんねるvsミクシィ」
http://www.tbsradio.jp/life/20061202_2channelmixi/


参考資料↓

|

2011年9月 7日

2011年08月28日Part8(外伝2)「"祭り"の時代」

撮影:会田邦秋
20110828 tsukagoshi.jpg 20110828 Ust.jpg
         塚越健司さん              UstTodayチーム


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○祭り、政治、テロリズム
・ウィキリークスという「祭り」。非日常の継続が可能か?
 →ネットによって、個人が社会と戦える象徴(charlie)
 →アサンジという強烈な個性と不正の根拠である一次情報(塚越)
・村の祭りには終わりがあった(西嶋)
 →共同体から個人へ。終わりをなくした現代の祭り(西嶋)
・「アサンジ」は「ひろゆき」。匿名の巫女が力を生む(濱野)
 →フジテレビデモもひろゆきの記事から(津田)
・ネットの力が日本の政治に使えるか?(charlie)
・ネットの祭りは出会いが分離している(濱野)
 →不幸な出会いを避けた結果が今ではないか(charlie)
 →対立すら生まないデモ(charlie)
・「反日教育」を先にやられている被害者意識(津田)
・高福祉国家のノルウェーで起こった連続テロ
 →犯人はイスラムではなく白人のキリスト教徒(charlie)
 →ロンドン暴動を起こした若者は福祉を取り上げられる(charlie)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )


○Life関連アーカイヴ 

「情報社会の限界ライン」
http://www.tbsradio.jp/life/20101024/

「Life政策審議会」
http://www.tbsradio.jp/life/20090816life/

「Life外伝:日常と愛国心の間で」
http://www.tbsradio.jp/life/20061021_sidestory/


参考資料↓


|

2011年9月 8日

2011年08月28日Part9(外伝3)「"祭り"の時代」

撮影:会田邦秋  
  IMG_8057のコピー.jpg
   charlie     濱野智史さん         西嶋一泰さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○「祭り」と「ネットワーク」。「縁」による「継承」
・この夏一番の祭りはももクロのライブ(リスナー)
 →AKBのオフ会。最後はカラオケで大合唱(リスナー)
・ネットの知り合いとKARAのファンミーティングへ(津田)
 →日本語のできる韓国の人がファン同士を繋いでくれる(塚越)
 →ファンの共通点はその対象のファンであること(澁谷)
 →日常の序列を無効にする(charlie)
 →クラスタが細分化するギリギリ前の状態にある「K-POP」(塚越)
・地上波エヴァのアスカの裸が2chを落としかけた(charlie)
・階級社会ではクラブカルチャーは階級を無効化する
 →日本ではクラスターを無効化する(斎藤)
・AKBはファンにもにわかが許容される(濱野)
 →ネットによってファン同士の繋がりがフラットに(charlie)
・限界集落の村祭りに、全国から学生たちが集まってくる(西嶋)
 →根のない自分を受け入れてくれる「幸福な趣味縁」(西嶋)
 →村は廃れても祭りによってそのネットワークを残す(charlie)
・伝統的な祭りのハッキング(西嶋)
・震災後、必要なのは「絆」ではなく「縁」(charlie)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )


○Life関連アーカイヴ 

「僕らが旅に出る理由」
http://www.tbsradio.jp/life/20110727/

「地方を考える」
http://www.tbsradio.jp/life/2008810/

「トモミ&ミチヨのK-POP in Japan」
http://www.tbsradio.jp/life/20110221k-pop_in_japan/

参考資料↓

|

2011年9月10日

2011年08月28日「"祭り"の時代」~放送後記動画

■放送後のスタジオの様子をご覧いただけます。
※動画をご覧いただくにはWindows Media Playerが必要です。

放送後記の出演;鈴木謙介&西嶋一泰民俗芸能STREAM

|

2011年9月13日

2011年08月18日伊藤聡のブックハッスル『犯罪』

8月18日(木)に次回予告編を収録した際に行われたUstreamの一部を番外編として配信します。
        images.jpg

伊藤聡のブックハッスル

ブログ「空中キャンプ」の伊藤聡さんが本を読んで考えたことを
あれこれ語るブックハッスル。

今回の題材はフェルディナント・フォン・シーラッハ『犯罪』です。



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

出演:伊藤聡速水健朗斎藤哲也黒幕(長谷川P)


|

2011年9月17日

2011年09月25日予告編「愛という名のもとに」

ustream_life201109.jpg

次回のLifeは

「愛という名のもとに」


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

9月25日(日) 深夜25:00~28:00

※4月からスタートが30分早まっています。

出演:鈴木謙介、柳瀬博一、斎藤哲也、速水健朗
ゲスト:二村ヒトシ、水無田気流、海猫沢めろん、千木良悠子

予告編(9月17日収録)の出演:鈴木謙介、速水健朗、斎藤哲也、伊藤聡、長谷川P(黒幕)


Ustreamによる動画生中継も行います⇒ http://ustre.am/lrQf

※ストリーミング中継も実施しますので、ラジオをお持ちでない方も、
パソコンとネット環境があればリアルタイムでトークを聴くことができます。
サイト右上の「スペシャルなお知らせ」をクリックしてください。
著作権の関係で音楽は聴くことができません。

ラジコでは音楽も聴けます。


=====

charlieです。

恋は盲目、などとよく言いますが、この言い方によく現れているように、
恋とか愛とかって感情は、そもそも「理屈じゃないもの」「説明のつかないもの」
だと僕らは思っています。
説明がつかない故に、なんで俺じゃなくてあいつなんだよ、とか、
「どうすればモテるのか」なんてことで悩むし、自分でも押さえきれない感情で
突っ走ってしまったりする。

恋愛だけじゃないですね。親子の愛だって、親は愛情のつもりでも子どもは
そう受け取らなかったり、教師も、自分の「体罰」を「愛のムチ」なんて
言い換えたりします。

愛は不条理。そして、愛は理不尽。
だけど、愛情からでしかできないことだってある。
恋愛もそうだし、テレビで見た被災地の人たちのために何かをしてあげたい
と思う気持ちにだって、きっと「愛」はある。
今月のLifeは、そんな「愛」がテーマ。題して「愛という名のもとに」。

愛についての不条理で理不尽な体験から、「愛」と私たちの関係について考えます。
リスナーの皆様からも、「愛という名のもとに許せたこと、許せなかったこと」に
ついてメールを募集します。恋愛関係などに限らず、画面の向こうのアイドルに
本気で恋してしまったとか、人間じゃなくて書物の文字しか愛せませんとか、
幅の広い話題をお待ちしてます。

メールアドレスは、life@tbs.co.jp

==========

※プロデューサーはせがわ(黒幕)より補足。
「愛という名のもとに許せたこと、許せなかったこと」というテーマでは
メールを書くのが難しいという方は、許せる、許せないにこだわらず、
愛の不条理さ、理不尽さ、ヤバさ(スゴさ、アブなさ)を感じた出来事
愛しすぎてこんなことしちゃった、愛のあまりこんなことになっちゃった、
ということでも結構です。愛の対象は人でも物でも何でもOK。
自分自身のことだけでなく、目撃談や本やマンガ、映画、事件などについてでも
かまいません。

メールはぜひお早めに!


|

2011年9月28日

2011年09月25日Part1「愛という名のもとに」

撮影:会田邦秋
    sutudio 925.jpg



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○告知だらけでも許される(ダメです!黒幕)。「愛」のあるラジオLife
・手塚治虫「ブッダ」。家族愛を営む余裕がなかった時代(charlie)
 →親子のような閉じられた「愛」(charlie)
・「愛に生き、愛に死ぬ」斎藤哲也さん
・文化系アダルトビデオ監督、二村ヒトシさん
 →AVだからこそ描ける愛の不条理(charlie)
 →僕らがやっているのは性の商品化。愛があるとヌケなくなる(二村)
・二次元愛担当。海猫沢めろんさん
・愛はヤバいのがデフォ(水無田)
 →他者と供にありつつ個人であること(水無田)
 →ハイデガーとエヴァ(水無田)
・10月からTBSラジオで柳瀬さん新番組 金曜18時~「柳瀬博一・Terminal」
・速水さん「愛」がタイトルに入った本を発売「ラーメンと愛国」
・最近はスナックでも働いているという作家・女優、千木良悠子さん
 →酔っぱらいに「愛」を注いでいます(千木良)
・"愛"といえばあの人...森山さんは電話出演
 →「愛」は「赦し」ですね(森山)
 →それストーカーの反省じゃないの?(水無田)

             text by 小嶋裕一 ( @mutevox )

○Life関連アーカイヴ 

「2020年のわたし」
http://www.tbsradio.jp/life/2011/04/20114242020.html

○参考URL

SWANNY舞台『わたしのエプロン』 http://swanny.jp/


参考資料&選曲↓
123

4


このパートでかけた曲

●DadaD "Touch Touch Touch"(charlie選曲)
http://www.myspace.com/xxxdadadxxx

●欧陽菲菲 "LOVE IS OVER"(斎藤さん選曲)

http://www.feifei.jp/page/disco/


BGM↓

続きを読む "2011年09月25日Part1「愛という名のもとに」" »

|

2011年9月29日

2011年09月25日Part2「愛という名のもとに」

撮影:会田邦秋
charlie 21.jpg nimura.jpg
                 charlie                 二村ヒトシさん



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○様々な愛のかたち
・「愛」を頻繁に使うと価値が下がる(リスナー)
・そもそも日本にカップル文化が成立したことがないのでは(水無田)
 →農村共同体、お見合い、専業主婦...(水無田)
 →女性の殆どが専業主婦志望の時代、選ぶ側の男性は
                 ほぼ専業主婦一択のヌルゲーマー(水無田)
 →愛が無くても結婚・家族ができた(柳瀬)
・愛の種類。エロス、アガペー、フィロソフィー(charlie)
 →愛で営む家族のイメージが先行(charlie)
・許せないことが多いのは「恋」という名のもとにだからでは?(リスナー)
 →「恋」だから許せることも、結婚後「愛」ゆえに許せない(速水)
 →「我慢」と「許す」は違う。「愛」とはその存在をそのまま認めること(二村)
・アガペーを説いているはずの宗教が、最も戦争を生んでいる(水無田)
 →東洋では「愛」は解脱すべき対象(水無田)
・妻にAVを返却させることはできるか?(リスナー)
 →借りたタイトルによる。二村さんの作品は...(速水)
・格好付けずに酔った自分を晒したほうがモテた(リスナー)
 →それを自覚しだしたらアウト(千木良)
・友達が行ったナンパ講座にはラポール講座という副題が...(海猫沢)

                  text by 小嶋裕一 ( @mutevox )

○Life関連アーカイヴ 

「新・家族の条件」 
http://www.tbsradio.jp/life/20100926/

「草食系男子の本懐」 
http://www.tbsradio.jp/life/20090222/


参考資料&選曲↓

BGM↓

続きを読む "2011年09月25日Part2「愛という名のもとに」" »

|

2011年9月30日

2011年09月25日Part3「愛という名のもとに」

撮影:会田邦秋
20110925melon2.jpg  20110925minshita.jpg
         海猫沢めろんさん                  水無田気流さん



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○愛とお金
・愛ゆえに許せたことは遠距離恋愛でかかる「お金」(リスナー)
 →愛を解消するのにもお金がかかるからね(斎藤)
・男女雇用機会均等法以降の「割り勘」時代
 →ラブホ代は何故か男が出すというバブルの名残(charlie)
・愛と金に関する男女の認識のズレ
 →クラナド問題(charlie)
・産まない自由は勝ち得たが、産む自由を勝ち得なかった80年代(水無田)
・若年層に専業主婦を求める女性が増えている(水無田)
・ラブホが割り勘しやすくなったのは自動精算機のおかげ?
・男性に拡がるモテ格差(水無田)
 →年収600万円以上で既婚+恋人アリが7割。300万円以下は3割(水無田)
 →モテ力があれば、比較的チープに愛人を維持できる(水無田)
・「札束と花束を持った男」の実質的一夫多妻制(水無田)
・デンマークではDNA鑑定で父親を特定し、養育費を給料から天引き(水無田)
・君が「愛」だと思って求めているものは「恋」だよ(二村)

                  text by 小嶋裕一 ( @mutevox )


○参考URL

ラブホテル 自動精算機のつかいかた - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=A7PdIkTMz-0

参考資料&選曲↓

●ポルノグラフィティ "サウダージ"(二村さん選曲)
http://www.pornograffitti.jp/

BGM↓

続きを読む "2011年09月25日Part3「愛という名のもとに」" »

|


Copyright© 1995-2016, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.