次回の放送日時
lifeニュース版
IPサイマル radikoで聴く
生放送のスタジオの動画をご覧いただけます
ustreamで聴く
twitcastingで聴く
ストリーミング放送で聴く
Life書籍化第二弾ができました!

「文化系トークラジオ Life のやり方」


第一弾はこちら
Life?~番組について~
浅野いにおさんのイラストが待ち受け画面としてダウンロードできます!
access to TBS RADIO 954kHz
詳しくはこちらをご覧下さい。
イラストと番組ロゴは浅野いにおさんに描いていただきました。
radiocloud
TBS RADIO ホームページ

« 2010年6月 | メイン| 2010年8月 »

2010年7月 アーカイブ

2010年7月 1日

2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part2

           DSCF1522.JPG
    ◆「サッカー日本代表・長谷部のプレーはデール・カーネギー的」by 速水さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○アニメの中の「理想のリーダー」
・ガンダム・ブライト艦長から考える組織論(リスナー)
 →ガンダムは「十五少年漂流記」(速水)
・「理想のリーダー」アンケートの意義は?(津田)
・落合がいかに日本人の求めるリーダーでないか(速水)
 →落合と言えば津田さん。「『落合戦記』がオススメ!」
・「パトレイバー」の後藤隊長(ツイートから)
 →「踊る大走査線」へのつながり、流れ(charlie)
 →白州次郎との共通点(柳瀬)
・ウォルフレン「日本社会の硬直性」(charlie)
・力だけでなく上に立つ映画版ジャイアン(速水)
 →出来杉くんにリーダーシップは...(charlie)
 →だから映画には出してもらえないんだよね(速水)
 →結局「力」が重要?(斎藤)

○芸能界におけるリーダー問題
・Perfumeのリーダーは?ヤスタカは神!(リスナー)
 →言い出しっぺがリーダーをやるべき(津田)
 →でも「3人揃ってPerfume」ですよね(津田)
 →目指すべきは神だな、と(津田) 金髪だし(速水)
・東方神起のリーダー、ユノ(リスナー)
・理想のリーダーはTOKIO城島さん(リスナー)
 →組織の性格によって求められるものは違う?(リスナー)
・リーダー待望論と現実の反応の乖離(西田)
 →「リーダーは要るが、俺のリーダーは要らん」(charlie)
・リーダーとマネージャーの違い(リスナー)
 →戦隊ものの司令官がマネージャー、赤がリーダー(charlie)
・漫画「俺はキャプテン」はマネージメント(斎藤)
・「マネージャー」への誤解(柳瀬)
 →リーダーは機能。マネージャーはメンタル(柳瀬)

○日本のリーダー、世界のリーダーたち
・日本青少年研究所・2007年のデータから
・だってリーダーやる意味がない!(ツイートから)
 →リーダー、マネージャーははある種汚れ(charlie)
・英雄待望論とリーダー論がごっちゃ(柳瀬)
・今回のW杯で言うと...速水さん語る
・アルゼンチン・マラドーナとブラジル・ドゥンガ(速水)
 →カリスマチーム現実派チームか(速水)
・リーダーシップ、改革派か否か(リスナー)
・ヨーロッパと日本、監督スタイルの違い(速水)
 →チームの人間関係が壊れたフランスチーム(速水)
 →ヨーロッパの求める監督は規律訓練型(速水)
・このラジオのリーダーは誰ですか?(ツイートから)
・岡田監督を見て考える、日本のリーダー育成(津田)
・イタリア・モウリーニョ監督が優れている点(速水)
 →リーダーシップってそれだけなのか?(charlie)

                     text by Life助手;村山佳奈女


○Life関連アーカイヴ

・方法としての体育会系
http://www.tbsradio.jp/life/2008720/

・2009年のチェ・ゲバラ
http://www.tbsradio.jp/life/200901172009/


参考資料&選曲↓

続きを読む "2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part2" »

|

2010年7月 2日

2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part3

DSCF1523.JPG DSCF1529.JPG
◆年功序列とリーダーについて触れる柳瀬さん◆初リーダー体験は新聞部長(部員2人)の津田さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○ジャンプ漫画におけるリーダーの変遷
・リーダーは多くを求められすぎている(charlie)
・「ワンピース」ルフィとゾロ。近藤勇と土方(リスナー)
 →初音ミクが巫女。Pの役割は...って何の話だよ!(charlie)
・大きな理念を語る役と、現実に落とし込む役
 →ジャンプ漫画の主人公が変化している?(charlie)
・本宮漫画のひな形「男一匹ガキ大将」(柳瀬)
 →「ナショナリズム」でも語られている(斎藤)
 →他、「魁!男塾」「北斗の拳」「釣りバカ日誌」...
・王位継承者としてのキン肉マン(charlie)
・「スラムダンク」からの変化(柳瀬)
 →「HUNTER×HUNTER」「ワンピース」...
 →主人公がリーダーにならなくなった(柳瀬)
・「キャプテン翼」「世紀末リーダー伝たけし!」も(津田)
・すみません、漫画読まないのでわからないです...(西田)


○現代の若者が考える「リーダーシップ」
 →仕切るのも仕切られるのも嫌な世代(西田)
・「管理職になりたい」は安定したいだけ(西田)
・最近の小学生は班活動が少なくなった(斎藤)
 →むしろグループワークは普通になっている?(西田)
・宮台さんが憂える若者の傾向に、西田さん反論
 →「一緒に何かやる」ことは自然になった(西田)
・リーダーを決めなくても成立する時代?(津田)
 →グループが見えないのが、上の世代には不安?(charlie)
・charlieがいかに教室運営に尽力しているかの話
・「ワム!」ジョージ・マイケルのいい話(速水)
・オーケストラ型からバンド型の組織へ?(charlie)
・「大衆はバカだ!?」(斎藤)

               text by Life助手;村山佳奈女


○Life関連リンク

・After95
http://www.tbsradio.jp/life/20061028_after95/

・先生
http://www.tbsradio.jp/life/20070923/

参考資料&選曲↓

続きを読む "2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part3" »

|

2010年7月 3日

2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part4

             DSCF1534.JPG
             ◆.reviewの西田亮介さん(サーファー!)



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○3時は「加ト吉なう」。本日はトマトおろしうどん
・ハルヒから見るリスクや権威(リスナー)
・ハルヒは神でもありリーダーでもある(ツイートから)
・charlieへ津田さんつぶやく「...アニメ、お詳しいんですね」
 →これはバンド論にも近いですよ!(charlie)

○ジャニーズのリーダー像、機能としてのリーダー論
・ジャニーズはフロントマンとリーダーが常に別(速水)
 →嵐・大野君のリーダー像は未来を示している!(速水)
 →実は年功序列では?体育会系のジャニさん(津田)
 →アルフィー、BOφWY...それぞれの構成
・X JAPANモデルとLUNA SEAモデル(ツイートから)
 →万能すぎるYOSHIKIのリーダーシップ(速水)
・「経験則から年上」から「誰もがリーダー」へ(柳瀬)
・「踊る大走査線」に見る「官僚制の逆機能」(リスナー)
 →ピラミッド型組織におけるマネジメントの現場(柳瀬)
・日本で求められるリーダーは結局調整役?(ツイートから)
・実際問題...リーダーはほとんど調整役!(津田)
 →「ほんとに大人っていうのは...!」津田さん吠える

○理想のリーダーと、リーダーの理想の組み合わせ
・小泉内閣以降のリーダーシップ変遷(西田)
 →「調整できない」とは?(charlie)
・慶應義塾大学のリーダーシップ教育
・SFCの人材教育。技術論と三田会と(西田)
 →学生の交流会が復活した理由とは(charlie)
 →自己啓発と承認がセットになっている...(西田)
・SFC「君たちは未来からの留学生なんだよ」(津田)
 →キモいね~!(笑)(速水)
・菊池雄星君が読んでいる自己啓発書(速水)
・リーダー本がラフにたくさん読まれている(速水)
 →ブームなのにリーダーは出ない(津田)
・95年以降「年上=偉い」構造が崩壊(柳瀬)
・ベンチャーブームと、00年代のルサンチマン(柳瀬)
・現代の若者が気付いていること(柳瀬)
 →勝間和代本ブーム的自己啓発の終わりへ(柳瀬)
・社会起業家や自治体の問題点(西田)

               text by Life助手;村山佳奈女

○Life関連アーカイヴ

・Jの時代
http://www.tbsradio.jp/life/20070324_j/


・第2ロスジェネ?~新・就職氷河期の生き方
http://www.tbsradio.jp/life/20081130/

・バンドやろうぜ
http://www.tbsradio.jp/life/20090726/

参考資料&選曲↓

続きを読む "2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part4" »

|

2010年7月 4日

2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part5

          DSCF1526.JPG
    ◆恒例のカトキチタイム。今日は「トマトおろしうどん」。調理はADにゃんちゅう。


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○社会起業家ブームに対するcharlieの雑感
・「意識の高い」人の輪、集まりがある(charlie)
・危機感の薄い学生、偏差値幻想を保つ学生
 →地方にはまだ一部残っている?(柳瀬)
 →嫌いだった意識啓発、せざるをえない(charlie)
・「意識の高い人」は東京一極集中である理由
 →レッドオーシャンとブルーオーシャン(charlie)
・教育者としてのcharlieは理想のリーダー(ツイートから)
 →津田さん、黙って見せてくるのやめて!(charlie)
・被害者意識や逆恨み。能動性を持つ難しさ(charlie)
・奈良には帰りたくない。なぜなら...(西田)
・リーダーよりフォロワー(赤木智弘さんのツイートから)
・丸くまとめるリーダー、出る杭型リーダー
 →今後、日本に必要なのはどっちか(津田)
 →出る杭がフォロワーに嫌がられる現実(charlie)
・朝日新聞世論調査から見る日本社会
・「日本は危機!」by池上彰。それへの反応(charlie)
・理想のリーダーとして挙がる人々の共通点(柳瀬)


○ユニクロ、楽天...「社内の公用語を英語に」問題
・経営者の最大の仕事は後継者を育てること(柳瀬)
・これらの企業と社会の空気の乖離(柳瀬)
・「鈍感力」ではない新しいリーダー像(津田)
・外に出て行く企業、退却戦の企業(charlie)
・ソニー、本田...国内を極める企業こそグローバルに(柳瀬)
・世代交代が進んでいない(charlie)
 →キャメロンが43歳、オバマが48歳...(津田)
・charlieはこれからどういうリーダーに?(津田)
 →いつも試行錯誤していて欲しい(西田)
 →試行錯誤やプロセス開示の大切さ(津田)
 →「アンチ決断主義」(斎藤)
 →AKB48で言えば秋本康!一番年下という位置(速水)
 →リスクテイカー。「断固たる優柔不断」(柳瀬)

             text by Life助手;村山佳奈女


○Life関連アーカイヴ
・失われた10年~Lost Generation?
http://www.tbsradio.jp/life/200701210lost_generation/

・~「就活」で何を学ぶか~
http://www.tbsradio.jp/life/20080215/

・地方を考える
http://www.tbsradio.jp/life/2008810/

参考資料&選曲↓

続きを読む "2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part5" »

|

2010年7月 5日

2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part6(外伝1)

              DSCF1525.JPG
    ◆本日カメラ3台使いの異次元Ustを担当してくれたUst Todayの野田さんと三上さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○象徴としてのリーダー
・私の理想はタモリか津田さんか!(リスナー)
→ですが、非実在リーダー推奨(リスナー)
 →濱野智史さんの「キャラクラシー」(charlie)
・非実在感の増している僕にチャンスが(津田)
 →僕なんかbotだと思われてます(charlie)
・非実在リーダーの現実性
 →「お雇い外国人」政治はあり得るか(斎藤)
 →「クルーグマンを日銀総裁に」!?
・自治体的インフラを民間に外注している街(西田)
 →PPP(Private、Public、Partnership)の概念
・自治体も経営する必要性(ex.夕張市(charlie)
・対極にある「これからの正義の話をしよう」(charlie)
・「上から目線」の何が悪いの?(津田)
 →年功序列の無効化によるもの(柳瀬)
 →「年上でもこんなに尊敬できない」がバレた(津田)
・「誰でも10年やればプロに」「1万時間で」という言説
 →年功序列と、機能としての時間の積み重ね(柳瀬)
・「現場目線」とデータ。人を動かすのは?(charlie)
・フィールドワーカーとしての現場感覚(西田)
 →データと現場を横断する人の必要性(西田)
 →現場を持たずとも広く構想できる人(charlie)

○スペシャリストとジェネラリスト
・日本企業にスペシャリストは多い(柳瀬)
 →元スペシャリストが結果的にリーダーに(柳瀬)
 →JICAはその典型(斎藤)
・スペシャリストとして脂の乗る時期に管理職に(津田)
・MBAはジェネラリスト養成(柳瀬)
 →龍馬伝に見るジェネラリスト養成(柳瀬)
・専門の足し算がジェネラリストだと思われがち(斎藤)
 →「現場目線」の積み重ねでしかない(charlie)
・池上彰「日本の教育が危ない」朝日新聞のデータ
 →見聞は広がらないと広めようと思えない問題(charlie)
・起業家精神教育が少ない日本(西田)
・「職業体験」は大人のためのもの(斎藤)
・ゆとり教育を改めても時間は足りず(charlie)
・学者の政策提言も現実から乖離(charlie)
 →具体的なプロセスは官僚の権益(津田)

             text by Life助手;村山佳奈女


○Life関連アーカイヴ

・ポスト「失われた10年」に語るべきこと
http://www.tbsradio.jp/life/20071111/

・「Life政策審議会」
http://www.tbsradio.jp/life/20090816life/

・Twitterはじめました
http://www.tbsradio.jp/life/20091122_twitter/

参考資料↓

続きを読む "2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part6(外伝1)" »

|

2010年7月 6日

2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part7(外伝2)

             DSCF1532.JPG
      ◆外伝2ではLife的リーダー論話に。Lifeのリーダーは誰?


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○Lifeパーソナリティ それぞれの踊り方、順番
・「裸踊り」についての話は?(ツイッターから)
 →政治的イシューですよこれは!(速水)
・鳩山元首相、辞任直後のツイートについて津田さん解説
 →「最初に裸踊りをする人がいないと社会運動は起きない(津田)
・2番目に踊る柳瀬さん、天の邪鬼(?)のcharlie
・津田さんが「巻き込まれ型リーダー」になる理由
 →リーダーになりたいわけじゃなくて...(津田)
 →1番か2番か。charlieの津田さん論
・津田さんが助ける人、俺が助ける人の違い(charlie)
 →charlieと津田さん、近いようで違うのは...
・宮台さんと西田くんのリーダーシップ論の違い(charlie)

○宮台ゼミにおけるcharlieの思い出
・多様なメンバー、終電まで続く当時の宮台ゼミのメニューいろいろ
 →宮台ゼミをtsudaってた!(charlie)
・SFCからやって来た西田さんとcharlieのなれそめ
・当時のcharlieのリーダーシップは?(津田)
 →「リーダーっていうか...」(西田)
・上限を見せる、圧倒的な人がいる場の重要性(charlie)

○Lifeのリーダーはcharlie? 黒幕?(リスナー)
 →つんくか?中澤裕子か?みたいな...(津田)
・「黒幕」を名付けたのはcharlie
・責任者であり、最大のサポーター(黒幕)
・自分の関わった組織のリーダーシップ論しか話せない(charlie)

                      text by Life助手;村山佳奈女


★Lifeの番組オリジナルTシャツは↓で販売中!
http://www.j-shopping.jp/954ishop/org/program/life/

※東京・赤坂サカスのTBSストア有隣堂ヨドバシAKIBA店でも販売中。
 上記2店舗では実物をご覧になって購入できます。
 取扱店募集中です。関心のある方は life@tbs.co.jp にご一報ください。

○関連アーカイヴ

・Life存続サミット!
http://www.tbsradio.jp/life/20090329life/

・先輩・後輩のリアル
http://www.tbsradio.jp/life/20090426/

・Twitterはじめました
http://www.tbsradio.jp/life/20091122_twitter/


○参考資料↓

続きを読む "2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」Part7(外伝2)" »

|

2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」~放送後記動画

■放送後のスタジオの様子をご覧いただけます。
※動画をご覧いただくにはWindows Media Playerが必要です。

.reviewの雑誌、「.review001」は紀伊國屋書店新宿本店3FのLifeコーナー、
文化系書店紀伊國屋Life堂」などで購入できます。
テーマは「希望とその実践可能性」。若い研究者や書き手による各種論考のほか、
西田亮介×宮台真司、西田亮介×高原基彰の対談、Lifeプロデューサー長谷川の
インタビューなどが掲載されています。

参考資料↓

続きを読む "2010年6月27日「理想のリーダー、リーダーの理想」~放送後記動画" »

|

2010年7月 9日

らじこんコンテンツ「映画『告白』をめぐって」のご案内

P1010606.JPG

「らじこん」コンテンツ

「映画『告白』をめぐって」
http://www.radi-con.com/program/40

※Part1&Part2 各105円

Windows Media Playerの準備が必要です。
 Macについては別途、配信方法を検討中です。

出演:荻上チキ(評論家)、松谷創一郎(ライター・リサーチャー)
    川村元気(東宝プロデューサー) 


※音声配信ポータルサイト「らじこん」は、2015年4月30日(木)正午をもちましてサービスを終了いたしました。

======

Lifeプロデューサーの長谷川です。

「文化系トークラジオ Life」を聴いてくださってありがとうございます。
前回の「理想のリーダー、リーダーの理想」の外伝2の中でも、
番組の環境を作るのが僕の仕事、なんて話をちょろっとさせていただき
ましたが、時おり昨年3月の「Life存続サミット」を聴きなおしたりして、
番組の環境を整えるための作戦をいろいろ練っています。

カトキチ(テーブルマーク株式会社)さんのサポートのおかげで、ずいぶん
助かっていますが(実は今月からもう1社つきます!近日中に発表します)、
厳しいご時勢でもあり、本放送以外の番外編コンテンツを制作していくためにも、
またラジオの将来像のためにも様々なマネタイズの仕組みを模索中です。

「Life存続サミット」にもいろいろなアイディアが出てきますが、とりあえずは
従来どおりの広告収入を柱としながら、イベント事業、グッズや音声コンテンツ
の販売、さらに投げ銭的な寄付などをやっていくことになるのかなあ、
と思っています。

もちろん、TBSラジオとしてもいろいろ模索をしていて、今年4月に音声コンテンツ
を有料で配信するポータルサイト「らじこん http://www.radi-con.com/
をオープンしました。

※「らじこん」について詳しくは下記の記事などをご覧ください。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20100531_369087.html

Windows Media形式なので、Macには対応していないなど、
改善するべき点も多々ありますが、この試みに「Life」も参加してみます。
※Macについては、別途配信方法を検討します。

といっても、何も今まで無料だったLifeのアーカイブをこれから全部有料にしますよ、
ということではありません。これまで通り無料の放送や配信をしつつ、ときどき
スピンオフ的なコンテンツなどを有料配信するので、「Life」という番組全体に対する
投げ銭の感覚で買っていただけると嬉しいです。

第1弾として、映画『告白』についての鼎談を配信しました。
出演は、「Dig」にも出演中の評論家・荻上チキさん、
ライター・リサーチャーの松谷創一郎さん、
そしてこの映画を企画した注目の若手プロデューサー川村元気さんです。

映画『告白』をめぐって」↓
http://www.radi-con.com/program/40

賛否両論、議論を呼んでいるこの映画について、なぜ大ヒットしているのか、
また、いじめや学校空間を描いた作品という面に注目して議論しています。

Part1&Part2、各105円。クレジットカード、またはウェブマネーでの決済になります。
ご利用ガイド」などをお読みの上、ぜひ聴いてみてください。


|

2010年7月14日

らじこん「クルマ社会の過去・現在・未来」SP番外編

映画『告白』をめぐって」につづくLife「らじこん」コンテンツ第2弾!

BMW 003.jpg

「クルマ社会の過去・現在・未来」 スペシャル番外編 
http://www.radi-con.com/program/40 

出演:宮台真司、柳瀬博一、伊藤暢人

Part1&Part2 各105円の有料コンテンツです。
 上記リンクからご購入ください(番組支援のためよろしくお願いします!)。
 クレジットカード、またはウェブマネーでの決済になります。
 「ご利用ガイド」などをお読みの上、ぜひ聴いてみてください。

Windows Media Player専用です(CDに焼くことは可能)。
 Macについては別途、配信方法を検討中です。

※音声配信ポータルサイト「らじこん」は、2015年4月30日(木)正午をもちましてサービスを終了いたしました。
===

5月23日に放送した「クルマ社会の過去・現在・未来」。
その放送直後に、charlieの師匠でもある社会学者・宮台真司さんがTwitterで、
「このテーマで僕を呼ばないのは失敗だったんじゃないかな(笑)」とのツイート。
ならば、ということでBMWファンという共通項もある柳瀬さん、そして自動車業界
の取材を続けている伊藤暢人さん(日経ビジネスオンライン)を聞き手に、
「らじこん」用スペシャル番外編を収録しました。

内容のレジュメは↓

続きを読む "らじこん「クルマ社会の過去・現在・未来」SP番外編" »

|

2010年7月17日

Life番外編~伊藤聡のシネマハッスル「アウトレイジ」

outrage 003.jpg
6月20日(日)に行われたUstream「伊藤聡のシネマハッスル」
の録音の一部を番外編として配信します。

伊藤聡のシネマハッスル」。
Lifeファミリー、ブログ「空中キャンプ」の伊藤聡さんが映画を観て
考えたことを語ります。第3回のテーマは北野武監督の『アウトレイジ』です。


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

出演:伊藤聡、松谷創一郎、速水健朗、斎藤哲也、長谷川P(黒幕)


「アウトレイジ」公式サイト
http://office-kitano.co.jp/outrage/main.html

伊藤聡「空中キャンプ」
■[映画]『アウトレイジ』を見たゼ!
http://d.hatena.ne.jp/zoot32/20100612

参考資料↓

続きを読む "Life番外編~伊藤聡のシネマハッスル「アウトレイジ」" »

|

2010年7月20日

次回7月25日(日)「Life 夏の一冊」予告編

summerbookyokoku.jpg


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

次回のLifeは

「Life 夏の1冊」

7月25日(日)深夜25:30~28:00

ウェブ中継を実施しますので、ラジオをお持ちでない方も、パソコンと
インターネット環境があればリアルタイムでトークを聴くことができます。
サイト右上の「スペシャルなお知らせ」をクリックしてください。
※著作権の関係で音楽は聴くことができません。

ラジコhttp://radiko.jp/では音楽も聴けます。
※TBSラジオのラジコのサービスエリアは東京、神奈川、千葉、埼玉です。

またUstreamによる動画中継も行う予定です。
詳しくは当日のTwitterの番組アカウント「 @Life954 」などをチェックしてください。

※予告編で重大発表が...「ディスクユニオン」さんありがとう!!!


===

charlieです。

夏休みになると、課題図書っていうのが出されて、読書感想文を
書いてこいとか言われると思います。

あれ、苦手な人はとことん苦手ですよね。
もちろん今になれば「面白い」とか「泣けた」以上の感想が書けるように、
作品世界を読解できるようになることが求められていたのだと分かりますが、
現実問題として、ちょっと複雑なテーマを扱った作品になると「一言で言い表せない」
とか「なんとも言えない気持ちになる」なんて言い方しかできない僕らなわけで、
その課題はうまくいってないなのかなあとも思います。

もしも、心から感動して、何枚でも書き足りないほどの感想を書きたくなる
ような作品に出会っていれば、また話は別だったのかもしれません。
いまだったら、どんな読書感想文を書くのかなんてことを考えながら、
あのとき読めなかった本を読み返してみるなんていうのもいいですね。

そんなわけで、学生さんは夏休みに入ってきているこの時期、
Lifeのテーマは「夏の一冊」です。

夏休みに読んだ課題図書の思い出、夏と言えば読みたくなるこの一冊、
夏の甘酸っぱい or 苦い思い出と結びついている一冊など、
あなたにとっての「夏の一冊」を教えてください。
せっかく番組の中で作品を紹介しあうので、どの辺が心に残っているのかとか、
いつ頃の話なのかとか、エピソードも含めて教えてもらえると嬉しいです。

また、2010年、この夏はこれを読むべき!とか、
この夏こそはこの本に挑戦したい!
といったメールもお待ちしています。

今月も「ベストメール賞」に選ばれた方には、超レアなベストメールバッジを
プレゼント。ベストメール賞は次回予告のPodcastで発表しますので、
生放送中も含め、ぜひメールをお寄せください。

メールはどうぞお早めに! life@tbs.co.jp

参考資料↓

続きを読む "次回7月25日(日)「Life 夏の一冊」予告編" »

|

2010年7月26日

Life番外編~伊藤聡のシネマハッスル「トイ・ストーリー3」

7月16日(日)に「Life・夏の1冊」の予告編を収録した際に
行われた映画談義Ustreamの録音を番外編として配信します。


伊藤聡のシネマハッスル」。
ブログ「空中キャンプ」の伊藤聡さんが映画を観て考えたことを
本と絡めて語ります。第4回のテーマは映画『トイ・ストーリー3』です。



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

出演:伊藤聡速水健朗斎藤哲也長谷川P(黒幕)

「トイ・ストーリー3」公式サイト
http://www.disney.co.jp/toystory/#/movies

伊藤聡「空中キャンプ」
■[映画]『トイ・ストーリー3』を見たゼ!
http://d.hatena.ne.jp/zoot32/20100711

参考資料↓

続きを読む "Life番外編~伊藤聡のシネマハッスル「トイ・ストーリー3」" »

|

2010年7月28日

2010年7月25日「Life 夏の1冊」Part1

DSCF1607.JPG DSCF1589.JPG
◆課題図書「The Leisure Seeker」読破のcharlie  ◆「本でヤンキー女子は口説けない」森山さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

出演 : 鈴木謙介、佐々木敦、柳瀬博一、仲俣暁生、斎藤哲也、
      森山裕之、速水健朗、澁谷知美、峰なゆか、伊藤聡、Hopson

○パーソナリティそれぞれの読書、読書感想文体験
・「クルマ社会の現在」で話題になったあの本(charlie)
 →夏なので、頑張って英語で読みました(charlie)
・色気づきはじめた頃から小説などを(仲俣)
・子供のために買い直しているあの本(柳瀬)
・ショッピングモールの本屋で妖怪図鑑(速水)
・高校時代「ライ麦畑」を女子と交換したものの...(森山)
 →本は結局、ひとりのものだなと(森山)
 →動機が不純だからです(charlie)
・「清志郎ナイト」ライブ直後の斎藤さん登場
 →ベイベー!フランス書院文庫読んでるかい!(斎藤)
・感想文大好き。それが高じて物書きに(佐々木)
・統計を読むのが好きな子供でした(charlie)

○澁谷知美さん、峰なゆかさん、伊藤聡さん、ホプスンさん登場
・本好きが高じた本屋バイトの思い出(澁谷)
・峰さんと共に海外文学話を拾います(伊藤)
・ペンシルバニア大学から間違ってやってきました(ホプスン)

○今月からディスクユニオンが提供に!
・買取キャンペーン実施中。詳しくはホームページ

○大人が涼しくなれる怖い話を知りたい(リスナー)
・一冊だけ、ぞくっとした本が...(速水)

                      text by Life助手:村山 佳奈女


○関連アーカイヴ↓
ひと夏の思い出
http://www.tbsradio.jp/life/20070826/

クルマ社会の過去・現在・未来
http://www.tbsradio.jp/life/20100523/


参考資料&選曲リスト↓

続きを読む "2010年7月25日「Life 夏の1冊」Part1" »

|

2010年7月29日

2010年7月25日「Life 夏の1冊」Part2

DSCF1591.JPG DSCF1598.JPG
◆佐々木さん「感想文好きが高じて物書きになりました」 ◆書店でバイトをしていた澁谷さん



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○リスナー、パーソナリティの「夏の一冊」
・夏の夜にシンクロする恋愛小説(リスナー)
・読書感想文に悩む学生へ進める数冊(リスナー)
 →仲俣さんおすすめの2冊をご紹介
・Lifeリスナーを吉祥寺に集結させた一冊(リスナー)
 →佐々木さん解説の、体を動かしたくなる小説(リスナー)
・夏の本は、自分の行動を喚起する実用書(柳瀬)
・柳瀬さんのおすすめ本
 →「太田道灌さん」とさん付けで呼ぶように...(柳瀬)
・妄想を膨らませることが大事(charlie)
・保坂和志作品の真似をした学生時代(リスナー)

○アクティブに動く夏か、何もしない夏か。
 →ひきこもって本を読む派のcharlie
・仕事をしだすと「夏の本」ができない(森山)
・読書は独りのもの(森山)
・森山さんの原点、「ブックオフにあると必ず買う本」とは
 →夏休み、何もすることのない時間の苦しみ(charlie)
・小説を巡る、浪人中の夏の思い出(リスナー)
・色恋どころじゃなかった受験中の楽しみ(澁谷)
 →好きだった現国。大学入学後も役に立った(澁谷)
・国語はやらなくてもできるタイプでした(charlie)
 →...やだねぇ...。(澁谷)
・ブローティガンのカッコよさ、藤本和子訳の瑞々しさ(伊藤)

                    text by Life助手:村山 佳奈女


○関連アーカイヴ

・1Q84
http://www.tbsradio.jp/life/20090712_1q84/

・休日の哲学
http://www.tbsradio.jp/life/20091025/


参考資料&選曲リスト↓

続きを読む "2010年7月25日「Life 夏の1冊」Part2" »

|

2010年7月30日

2010年7月25日「Life 夏の1冊」Part3

DSCF1608.JPG DSCF1606.JPG
◆ライブ出演後に登場!斎藤"キヨシロー"哲也さん◆斎藤さんのバンドに参加した仲俣さん


※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○続・リスナー、パーソナリティの「夏の一冊」
・『シカゴよりこわい町』のおばあちゃん(リスナー)
・夏を経てひとつ大人になる小説(charlie)
・日米決戦、敗戦はわかっていたことだった(リスナー)
 →『昭和16年、夏の敗戦』猪瀬直樹
・敗戦は、8月15日だけじゃない(柳瀬)
 →常夏の南国。極彩色の中での殺し合い(柳瀬)
・戦争で儲かる人々の存在(澁谷)
 →『戦争広告代理店』『戦争請負会社』(澁谷)
 →『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(仲俣、柳瀬)
・夏は、男も女も大人になる季節(リスナー)
・三島由紀夫の『潮騒』は純愛?(リスナー)
 →唯一、大人になる前に読んだ三島作品(charlie)
・『坊ちゃん』読書感想文の苦い思い出(斎藤)

○読書感想文は必要か。なぜ感想文か。
・課題図書を設定するのは良いこと(charlie)
 →感想文と批評の違いとは?佐々木さん!(charlie)
・「あらすじをまとめるのも批評のうち」by豊崎由美さん
 →要約する時点で批評に。感想が批評になる瞬間(伊藤)
・おもしろい小説≠おもしろい批評。逆もまた然り(仲俣)
 →本のことをあまり書かない批評が好き(森山)
・誰でも書ける。思ったことをどう書くか(佐々木)
・心の底から感想文が嫌だった。前の会社でも...(森山)

○アメリカでは重視されない感想文。日米の違い
・感想文で終わらない。議論やまとめ方に重点(Hopson)
 →解釈の多様性(charlie)
 →プログラムとしての一貫性(澁谷)
・感想文は読んだことの証明でしかない(佐々木)
 →電話帳で感想文を書いた猛者(仲俣)
・無理矢理読まされるのは、悪くない(佐々木)
・東大模試の作文で感動を狙ったものの...(斎藤)
・高2の課題図書事情。感想文はなし(リスナー)
 →『坂の上の雲』『向日葵の咲かない夏』...
 →高校生のスタンダード小説(リスナー)
・夏目漱石『こころ』は訳がわからない?
・文章から読み取れる人柄に興味がある(峰)
・ポール・オースター、フィッツジェラルド...
 →文体キャラという話(佐々木)
・「翻訳文体が読めない」という学生(charlie)
・『こころ』大好き。好きなシーンは...(森山)

                  text by Life助手:村山 佳奈女


○関連アーカイヴ
・戦争とサブカルチャー
http://www.tbsradio.jp/life/20061014_war/

・様々なる定番
http://www.tbsradio.jp/life/20100425/


○参考資料&選曲リスト↓

続きを読む "2010年7月25日「Life 夏の1冊」Part3" »

|

2010年7月31日

2010年7月25日「Life 夏の1冊」Part4

DSCF1594.JPG DSCF1600.JPG
◆来日したHopsonさんと空中キャンプ伊藤聡さん ◆「めす豚物語」について熱く語る峰なゆかさん



※再生できない場合は、個別ページTBSラジオクラウドにてお聞きください。
※最新エピソードはユーザー登録なしでお聴きいただけます。

○本日はオクラのっけうどんで加ト吉なう
・おいしいぜベイベー(斎藤)
・本日不参加の津田大介さんからツイートが...
・津田大介、最近モテキらしいよ(斎藤)
・charlieの切替はすばらしい。ベイベー(斎藤)

○近頃売れている本について~超訳ニーチェ、サンデル...
・この夏は新訳を読みたい(リスナー)
・マルクスとニーチェの違い(斎藤)
 →ニーチェはアゲアゲ(斎藤)
 →カツマーちょっと50%増くらいの...(斎藤)
 →斎藤哲也、今日、舌滑るね...!(charlie)
・ニーチェは自己啓発書的ニーズ?(charlie)
 →商品としての企画。これは確かに売れる(charlie)
・後追いでなぜか出てきたナイチンゲール本(斎藤)

○新書ブームが生んだものと、その総括
・「雑誌代わり」としての新書(charlie)
 →人生論とホットイシューを足して割ったもの(charlie)
・新書ブームで本が出せました(速水)
 →新書はそもそもデビューの媒体じゃなかった(速水)
・書き手のインフレ、定番回帰へ(佐々木)
・新書よりもお高めな本が売れ始めている?
・新書ブームの功罪・「朝生」化とマッチポンプ(charlie)
・charlieが準備している「読んで、考える本」
・新書のいいところ...出会いの場である新書(速水)
・学生に読ませるのは新書が多い(澁谷)
 →読書、勉強嫌いな学生に教える方法(charlie)
・ハインライン『夏の扉』を読み直して発見したこと(速水)
 →登場する猫の重要性。未来でなく過去のSF(速水)

                 text by Life助手:村山 佳奈女


○Life関連アーカイヴ

・現代の現代思想
http://www.tbsradio.jp/life/20090524/

・『ニッポンの思想』をめぐって
http://www.tbsradio.jp/life/20090913/


○参考資料&選曲リスト↓

続きを読む "2010年7月25日「Life 夏の1冊」Part4" »

|


Copyright© 1995-2017, TBS RADIO,Inc. All Rights Reserved.