いじめられているあなたへ

あなたはいじめに悩んでいませんか?

ここは、いじめが辛いと悩むあなたを応援するところ。
あなたの力になるかもしれない言葉を、集めるところ。

これまで「こどもリアル」に寄せられた、
いじめについての応援メールをまとめてとどけます。

つらいとき、負けそうなとき、ここへきて、
We'reシンセキからの言葉を、見てみてください。

「こどもリアル」は、あなたを応援します。
つらい時は、遠慮なく、メールくださいね。

メール メール:kodomo@tbs.co.jp


2011年3月 4日(金)

011:「いじめられているあなたへ、そしていじめているあなたにも」

こんにちは。


今回は、
2010年 10月 14日 23:46に届いたメール。
いじめられているあなたに、贈るメールです。
読んでください。

 

=======================

▼ラジオネーム「よちゃんパパ」から

私、42歳男性です。「いじめ」いやですよね。いじめられた経験たくさんあります。

わたしは、生まれつき手の色が違っていてそれを幼稚園のころから中学ぐらいまでからかわれたりしました。鞄を女子便所にほうりこまれたり、給食のマーガリンを机いっぱいに塗られたり、筆記用具や上履きがなくなることは、日常茶飯事。頭から校庭の砂利をかけられたこともあるし、水泳の授業の時は、頭に乗られて沈められそうになったり、クラスみんなが敵にみえた。移動教室のキャンプファイヤー、フォークダンスで楽しい思い出んなんか有りません。記憶がよみがえってきてちょっとつらいですが、今悩んでいる子供たちのために話を続けましょう。

どうやって解決したか?  小学生のときまでは親に相談して親が盾になってくれたけど、中学からは、だれにも相談しないで、我慢した。中一の時の担任は、いじめられるお前が、悪いという対応だった。当然学校は嫌いになるわ、勉強しないわ、成績が下がるわ、親に責められるわ、でも学校は、休まなかった。何かよくわからないが登校拒否はいじめたやつらへ負けを表すような気がしてそれだけは、しなっかた。成績のいい高校ではないが進学して、その時の担任の先生や友人がとてもよくて(彼らとはいまでも連絡をとりあっています。)大学に進学して今は医療関係の仕事をしています。結婚もして子供も二人います。

今、いじめられている人にいいたい。いじめられていたら無理をしない。逃げなさい!!学校なんか休んだっていい。いくらでも自分で勉強したり体を動かすことはできる。ただ10代で死にたいなんていってんじゃねーぞ!!今、確かにつらいよ。私が想像を絶するようないじめがどこかで起きているかもしれない。でもそこは、短いトンネルの中にしか過ぎないと思う。必ず明るい未来が待っているはずだよ。なんでもいい1歩踏み出してみよう。(その1歩が逃げることだってわたしは、いいと思う。)繰り返す。絶対死ぬな。(親を悲しませるな!!)

今いじめている人に言いたい。私は、いじめたやつの顔は、いまでもはっきり覚えている。いじめた方は忘れても、いじめられた方は絶対に顔とされた事は絶対にわすれない。自分が大人になってもし自分の子供がいじめられているとわかったらあなたはどんな行動をするだろ。想像して欲しい。いじめをしても自分がむなしくなるだけだ。先頭にたっていじめているやつ。君は小さな猿山のボスにしかすぎない。心の小さい人間にしか成長できないよ。いますぐいじめをやめなさい。!!


=======================

いじめに悩むあなたへ。
あなたはひとりじゃないよ!
たくさんのシンセキが応援するから、
ひとりで悩まないで、番組に、相談してね・・・


→ kodomo@tbs.co.jp

2011年3月 4日(金)15時00分更新 |

2011年2月17日(木)

010:「図書館に逃げてもいいんだよ」

こんにちは。


今回は、
「クラスで悪口を言われ、生きるのが辛い」
と悩んでいた中3のチョッパーちゃんに届いたメールから。
2010年 12月 05日 09:17に届いたメールです。
同じように、いじめに苦しむあなたに・・・

 

=======================

▼「8小OG」さん、30代の女性から

おはようございます。はじめてこの番組を聴く31歳の会社員です。
いじめられているあなたへ
わたしも小学校の頃、いじめられてました。
聞こえよがしに悪口を言われたり、暴力ふるわれたり・・・
学校が終わった後に近所の児童館や図書館へ行く楽しみがあったから乗り越えられたけど、
なかったら、とても落ち込んでいたと思います。
今はとても辛いと思いますが、学校に行くのがどうしても辛くなったら、
無理に行かず休んでもいいのではと思うんです。
なにより大事なのはあなたの命だと思うし、
今、学校という場から逃げても良いから
とにかく、生きてほしい  と思います。
あなたはひとりじゃないです。ラジオのリスナーや、スタジオにいる仲間がついてるから
生きてほしいです。

 

=======================

いじめに悩むあなたへ。
学校は、必ず行かなければいけない場所じゃない。
図書館で過ごしたっていいんだよ。


あなたはひとりじゃないよ!
たくさんのシンセキが応援するから、
ひとりで悩まないで、番組に、相談してね・・・


→ kodomo@tbs.co.jp

2011年2月17日(木)13時27分更新 |

2011年2月10日(木)

009:「今日を生きて明日を生きて」

こんにちは。


今回は、19歳の女性から、
いじめに苦しむあなたに・・・
2010年 10月 12日 02:22に届いたメールです。


 

=======================

▼匿名の方からです

ラジオを聞いて投稿します。
19歳女です。すべて実体験です。自分語りも入りますが、参考になれば。強い口調かと思われるかもしれませんが、現状なのです。

私がいじめられたのは親が離婚し、転校した小学校5年生と中学2年生の頃でした。

まず、イジメられた理由に具体性は見つかりませんでした。
というか、イジメに理由なんていらないし、理由があるからといって絶対にイジメられて仕方がない、イジメられて当然だ、などと納得してはいけない。

私の場合は精神的に陰湿に、確実に壊されるパターンだったので、目には見えませんでした。ひどいときは3学年から廊下を歩く度白い目で見られていたりしました。

もし暴力など直接命に関わる場合は転校や、フリースクールなどをオススメします。
特に中学生なら、遠回りしたっていくらでもやり直せる。

そして周りに助けを求めること。精一杯自分にできる事はしてみる。一度イジメられた以上方法を考えるしかないからです。

しかし、私は誰にも助けられませんでした。担任はまともに対応せず、家族も離婚したてで聞いてくれるどころか毎日罵声と暴力を浴びる虐待生活でした。学校にも家にも居場所なんてありません。怒りも憎しみも湧いてきませんでした。

やがて、自分が死ぬことだけが希望で、自分のが生きている事は絶対に悪、と思うようになり、身も心もボロボロでした。

しかし私は休みつつも学校に行きました。毎日胃や心臓を握りつぶされる思いで、体調にでることもありましたが通い続け、挫折を繰り返し、人どころか自分さえ信じられなくなりながらも強くなりました。

ただ、これは自主的に将来絶対に人に頼りたくない、どんな手を使ってでも進学し、自活するという目標があり、不登校にならずにすみました。

 

だからといって周りの人は決して軽視したり、学校に行けと強要したりしないでください。話を聞いてあげてください。冷静に対処してあげてください。一緒に考えてください。

今精神的ないじめでふさぎがちな人にいいたいのは
『強くなる』
これしかないのです。誰も助けてくれない、最後の最後を解決できるのはあなたはあなたでしかないのです。
地獄の苦しみでも味わい尽くし、克服してやると毎日覚悟を決めます。
イジメには必ず終わりがあります。永遠のように感じても、向き合い続ければ終わるのです。


生きてさえすれば、必ず、必ず、光は見えます。
私も本当に本当に本当に何もできない、分からない。ひたすら自分を責め、傷つける日々でした。
だけどもう19歳です。この10年色んな人に裏切られ、裏切り、だけど一人、一人と助けてくれる人も必ず出てきます。

そしてその苦しみは乗り越えれば必ず成長につながります。

だから生きて、戦って、泣いて、人とは何なのか考える機会です。

 

どうか、今を生きて今日を生きて明日を生きてください。
今例えば、あなたが誰一人望まれていなくても、来年、5年後、10年後、生まれてきてくれてありがとうと、本気でそう言ってくれる人は必ず現れるから。
あなたさえ絶対にこうはならない!と信念を持てるなら。
死ぬ前に死ぬ気で生きてみませんか?

 

 


最後に強く伝えたい。
被害者、加害者の保護者、親戚、先生、虐待とイジメと併せてお願いしたい。

あなたの一言、ひと手間に命、人の人生がかかっているのです。
見てみぬふり、ごまかし、自己満足、話を難しくしてみたり。私は散々見てきました。そういう行動をして、あなたは責任を取れますか?その潰れていった時間と引き換えに命を差し出せますか?

私の○○だからそんな事はやらないとどうしていい切れるでしょうか。
その思い込みが法で裁かれない、死んでなお背負う罪を与えてしまう恐れがあるのです。

一度考えてみよう。


ではいけないのです。


できる行動を考え、実行するしかないのです。


イジメと言えば可愛らしい響きですが、イジメやそれに準じるような行為は言い逃れはできません。
これは立派な人権侵害で、拷問で、傷害で、殺人なのです。

心の隅にひっかかるあなたは、いつまでそれに加担するのでしょうか?
 
 

=======================

いじめに悩むあなたへ。
あなたはひとりじゃない。
たくさんのシンセキと応援するから、
ひとりで悩まないで、番組に、相談してね・・・


→ kodomo@tbs.co.jp

 

 
 

2011年2月10日(木)14時29分更新 |

2011年2月 2日(水)

008:「がんばれなんて言えないけれど」

こんにちは。


今回は、
「いじめが辛い、死にたい、生きる勇気をください」
悩んでいた中2の匿名ちゃんに届いたメールから。、
2009年 12月 27日 14:43に届いたメールです。
同じように、いじめに苦しむあなたに・・・

 

=======================

 

▼ラジオネーム「つちや」さんから

私は、34歳のお母ちゃんです。放送を家事をしながら聴いていました。
あなたからの相談で...「いじめられている」と聞きました。家事をしている手を休め、思わず聴き入りました。
私は、あなたの気持ちが痛い位に解ります。私が中学生の2年生から卒業の少し前までいじめにあっていた事を想いだしました。
いじめにあっていた事......実は、34歳になり、家庭が出来て、主人、子供と生活をする幸せな現在でも「いじめ」にあっていた二年間の記憶は鮮明に覚えています。私のお話をさせて貰います。

私は、中学一年の一年間、成績は学年で3位でした。勉強も部活も楽しかった。しかし、一人の友達への、ちょっとした誤解と悪いタイミングで、クラス全員といじめをしている中心人物の仲間から陰湿ないじめを受ける事になってしまいました。
二年生になり、一気に教室は異様な雰囲気になっていました。私が教室に入ると静まりかえり...黒板には、「お嬢様を気取るな!死ね」等......トイレでは、水を上から掛けられたり閉じ込められたり...教科書は、落書きで読めなくなり...運動着は、何回も買い替えていました。靴も何足も無くなりました。
先生が居る時には、皆が仲良しを装って手を繋いで見せたり...「大丈夫?」と言って心配をする振りをしたり......でした。

私は、一気に成績は最下位。両親は成績が下がっても「次回、もう少し頑張った方がいいのでは...姉さんとあなたは違うから、コンプレックスに感じなくていいのですよ」と言うだけで、いつも、優しかったです。
両親は、共働きで、姉さんは、目標があって勉強に励んでいたので......心配はさせたくない気持ちだったので、家族に相談をしませんでした。帰宅すると机にただ座って勉強も手に付かず...明日も、いじめが待っている事だけを考えていました。

頭を抱えた時にスルッと髪が抜け、吐き気がするとトイレへ行けば吐血をし...自分で学校へ遅刻届けを提出し、病院へ一人で秘密で行った事......お小遣いで病院へ行ったり、無くなった運動着を購入していました。家では笑顔を作り、普通に過ごす努力をしていた事......「死んでしまったら...」を考える様になりました。

しかし、真剣に死について考える様になればなるほど、「死んでしまったら、皆の記憶から消えて...残らない」「家族は、深く悲しむ事」「毎日、一生懸命に仕事をして疲れているのに、休日には、家族全員で細やかなイベントを作ってくれる両親の気持ち」家族の大切な気持ちを裏切る事になってしまう。「いじめをしている皆は、本心なのか?誰だって人間だから、嫌になったり、妬んだり...また、反対に、歓びの気持ちだって沢山あるのだろう」と言葉ではなく、感覚の様なモノを当時は感じていました。そう思える様になってから、私は、いじめをされても耐えていました。普通に笑顔も出来る様になりました。

いじめられているあなた!!「見ている人は必ずいます!」間違ってはいない事を真面目に取り組む姿は、誰かが必ず見ています。反対に酷い事をしている姿も「必ず誰かが見ています」

私は、いじめをされても、普通に...真面目に過ごしていました。一人、二人...と話し掛けてくれる人が出てきました。いじめを見ていて放っておいた人が、優しい言葉を掛けてくると...正直、「人を疑う気持ちやこれも、いじめかな?」と心から信じきれない部分がありましたが...「あれだけ、激しいいじめに合っていたのだから、もしも、裏切られても彼女らを許してあげよう」そう思っていました。

私がただ、残念に思う事があります。進学校へ入学する事だけが全てではないと思いますが...目標としていた高校には入学は出来ませんでした。高校では、中学生の時の時間で学ぶべき事を更に時間を費やして学ぶ結果となってしまいました。「自分自身は、弱くはない!反対に強くもない!自分自身は、何事にも、真面目に取り組んで生きている!自分は真面目なのだ!一生懸命なのだ!」と...。「いじめをしている人よりも間違ってはいない!」と...。ほんの少しの自信と勇気さえあれば、学業に悔しい気持ちを注げたな......そう思います。

私も、約二年間、激しいいじめを受けていました。現在、いじめを受けているあなた、辛いと思います。机に向かえない気持ちも解ります。でもね、どうか、いじめに対する反撃は、学業に向ける事、私は悪くないと思うのですよ。頑張れば頑張った分だけ成績は返してくれると思います。人間不信になってしまう気持ちも解ります。高校へ進学してから心が通える友達に出会うかも知れません。成人してから大切だと思える親友が出来るかも知れません。

今、あなたは、辛く、闇の中を歩いている気持ちだと思います。

どうか、私も、エールを毎日、どの時間でも、送っています。私も、居ます。頑張れ!とは言いません。今も頑張っていると思うので言いませんよ。しかし、未来は、あなたの今感じる様々な気持ちにより、沢山の感情を与えてくれます。未来は、悪くはないです。真面目に生きる事(普通に生きる事になるのかしらね?)は、悪くないです。この先の未来に、必ず、そのままのあなたを認めてくれて、大切だと言ってくれる人間が待っています。その大切な人達と笑顔で出会える日まで......自分が頑張っていれば遠くはないと思います。現在のあなたには、先のお話で、今は考えられないと感じるかも知れませんが............いじめに合ってしまった事......過去になって、乗り越えられたと思えた時に、「強さと優しさを誰よりも感じられる、他人を他人とは思えない、他人を思いやれる気持ち。幸せを大切に思える。そんな気持ちを自然に思える様になると思います」

私の話となってしまいましたが......あなたにも、何となくでいいので、私の気持ちが伝わったら私も嬉しく思います。

長く、私の気持ちを聞いてくれてありがとう!!です。

 

 

=======================

いじめに悩むあなたへ。
あなたはひとりじゃないよ!
たくさんのシンセキが応援してくれるから、
ひとりで悩まないで、番組に、相談してね・・・


→ kodomo@tbs.co.jp


 

2011年2月 2日(水)10時00分更新 |

2011年1月27日(木)

007:「学校の外の世界に救われた」

こんにちは。


今回は、
「いじめが辛い、死にたい、生きる勇気をください」
悩んでいた中2の匿名ちゃんに届いたメールから。、
2010年 04月 18日 10:28に届いたメールです。
同じように、いじめに苦しむあなたに・・・

 

=======================

 


▼栃木県のラジオネーム「トンボ」さんから

いじめられているあなたへ。

辛いね、私も高校生のころイジメにあっていたから少しは気持ち分かります。

当時を振り返るとイジメにあえばあうほど、
学校の生活がなぜか自分の全てに思えちゃうんだよね。

でも、そんな私を救ってくれたのは学校以外の友達でした。
ふと、気が付いたんです。
「学校の中のせまい世界がすべてじゃない」って。

ね、一度学校以外の人たちと触れ合ってごらん。
この番組とつながって、
レモンさんや相談室の皆とケーキを食べてお茶するとか。
好きな芸能人の話をするだけでもいいじゃないですか。

そうしたら何かに気が付くかもしれませんよ。
レモンさんならそれに気が付かせてくれるはずだよ。
あなたを救いたいと思ってる人がたくさんいて手を差し出してるよ。
最初は指一本からでも良い、つかんでみよう。

 

 

=======================

いじめに悩むあなたへ。
あなたはひとりじゃないよ!
たくさんのシンセキが応援してくれるから、
ひとりで悩まないで、番組に、相談してね・・・


→ kodomo@tbs.co.jp

2011年1月27日(木)15時55分更新 |