こちらは過去ページです。http://www.tbsradio.jp/hint954/へアクセスしてください。

バックナンバー

1月18日(月)20時30分のヒントは?

ヒント94:「転換点に立つ日本の農業。今できること

今、私たちの食に関わる、日本の農業を取り巻く環境は
大きく、変わってきています。
 
官邸主導の農協改革で、改正農協法が、去年8月に成立して以降、
全国の農協では統合・再編が進んでいます。

さらに、今の国会で争点ともなっていますが、
去年10月のTPPの大筋合意で、
農産品を取り巻くルールも、今後大きく変化してきます。


転換点に立つ、日本の農業で、いま何ができるのか。

今回は、食と農、都市と農村をつなぐという形で、
7年前から、農業に携わってきた、
農商工連携サポートセンター代表の大塚洋一郎さんに、
日本の農業。今できることについて、ヒントを伺いました。

otsuka.jpeg

1月11日(月)20時30分のヒントは?

ヒント93:「月刊ニュースレビュー・月刊誌『世界』清宮編集長

今回は、月1回お送りする特別企画『月刊ニュースレビュー』。
様々なメディアから、番組に「ゲスト編集長」を招き、
毎日のニュースの中では見落としがちな、
でも、大切なニュースを、ヒント目線で取り上げました。

ゲスト編集長は、
岩波書店の月刊誌「世界」の清宮美稚子・編集長。
「世界」は、終戦の1945年に創刊。
以来70年、「平和」と「人権」を見つめ続け、
ぶれない姿勢で、厳しく政権と闘ってきました。
その「世界」が、最近の「政権のメディア介入」に危機感を抱き、
1月号では、この問題を取り上げた記事を掲載して、注目されました。

果たして、政権とメディアの距離はどうあるべきか?
新年最初の『月刊ニュースレビュー』では、この問題に注目。
岩波書店の月刊誌「世界」の清宮編集長と考えました。

IMG_4573.jpg

1月4日(月)20時30分のヒントは?

ヒント92:「新年1回目。暮らしの今を考える

お正月も終わって、仕事始めとなる「1月4日」の放送。

今回は特別企画「暮らしの今を考える」。

これまで、様々なゲストに教えていただいた、 私たちの社会が抱える問題点について注目。

その時の放送の音声を使いながら、見つめなおしました。

今、社会で、何が起きているのか? 今年、どうしていったらいいのか?

番組が行ってきた様々な問題提起を凝縮してお届けしました。

0104.jpeg

12月28日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント91:「知っていますか?ファンタスティック映画祭の魅力


今回は、年末特別エンターテインメント企画「知っていますか?ファンタスティック映画祭の魅力」

ファンタスティック映画祭といえば、ファンタジーやホラー、アクション、SFなどを特集する映画祭で、日本では、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が有名です。これまでに、様々な若手監督を世に送り出してきました。そして一時は財政破綻した町にも、元気を与えてきたという評価もあります。今回は、その「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の第一回から関わってきた、映画評論家の塩田時敏さんと、「ゆうばり」がきっかけで映画監督となり、「ゆうばり」でグランプリも受賞した映画監督で作家の竹葉リサさんをゲストに招き伺いました。

「映画祭」というと、最近は「街おこし」の手段のようになっていますが、塩田さんは「街おこしじゃない、映画おこしだ」と仰っていました。その街の特産物で街おこしをするのと違って、よそから持ってくる映画には、その街の人たちの愛情は薄い。だからこそ、映画を愛する人たちが、本気で映画おこしをしなければ続かない。ただ、映画を愛する人たちが、本気で映画おこしをして続いていけば、やがて映画ファンが集まるようになり、そしてそれが、街おこしにつながるかもしれない・・・

年末のエンタメ特集でしたが、社会へのヒントが見えるお話が伺えました。

20151228.jpg

番組でご紹介した本は・・・

  

12月21日(月)20時30分からのヒントは?

ヒント90:「相次ぐ介護苦心中。家庭の介護に今、何が起きているのか?


先月下旬に発生したショックな事件。

埼玉県の利根川に、高齢の両親を乗せて車ごと突込み、両親を死なせたとして、40代の女性=三女が殺人容疑で逮捕されました。そして、この三女の供述が、社会に衝撃を与えました。

「認知症の母の介護で疲れた、貯金も年金もなかった。病気になり、働けなくなった父から『一緒に死のう』と言われ、一家心中しようとしました」

この事件の真相は今後にゆだねられますが、介護を苦にした殺人事件、殺人未遂事件は、8日に1件のペースで起きているという調査もあります。さらに最近は、その介護苦の質が変化しているという指摘もあります。一体、家庭での介護に今、何が起きているのか?

今回は、全国介護者支援協議会の上原喜光理事長と考えました。

20151221.jpg

12月14日(月)20時30分のヒントは?

ヒント89:「月刊ニュースレビュー ヤフーニュース伊藤儀雄・編集リーダー」

 

今回は、月1回お送りする特別企画『月刊ニュースレビュー』。
ゲスト編集長は、「ヤフーニュース」の伊藤儀雄編集リーダー。
ネットのポータル大手のヤフー、そのヤフーのニュースは、
新聞・通信社が配信するニュースのほか、
雑誌や個人の書き手が執筆する記事など、
さまざまなニュースを掲載しています。

そんなヤフーニュース、
記事のバランスや中立性はどう保っているのでしょうか。

今回は特別企画『月刊ニュースレビュー』、
「ヤフーニュース」の伊藤儀雄(いとう・よしお)編集リーダーに伺いました。

 

IMG_4438.jpg

12月7日(月)20時30分のヒントは?

ヒント88:「杭打ちデータ改ざん問題。欠陥マンションの見抜き方!」

今年10月、横浜市のマンションが傾いている問題が、発覚。
そのマンションの杭打ち工事を担当していた旭化成建材が
過去10年間、関わった工事、およそ3千件のうち、
1割以上のデータについて、改ざんがあったことも明らかになっています。

さらに、11月に入ると、杭打ち工事大手、ジャパンパイルでも
データの改ざんがあったことがわかり、
杭打ちデータ改ざんの問題は、業界全体の問題と発展しました。

自分のマンションは大丈夫なのか?
杭打ち以外に不正はないのか?

今回は、欠陥住宅など、住まいに関する相談を受けている
NPO法人、建築Gメンの会 理事長
大川 照夫さんと、
欠陥マンションの見抜き方、について、考えました。

大川さん.jpeg

11月30日(月)20時30分のヒントは?

ヒント87:「女子大生風俗嬢の実態~若者の貧困を読み解くヒント~」

前回は、ブラックバイトの問題に注目しましたが、
その中で、ひどい労働環境でも、学費や生活費のために、
やめられない人も多いという実態もありました。

格差が広がる中、
大学の学費を自分で払わなければならない学生が増えていることも、
問題を深刻にしているわけですが、
そうした中、やはり学費や生活費のために、
風俗で働く女子大生も目立ち始めた問いう指摘が出ています。

しかも、彼女たちのなかには、
「過労死レベルのブラックバイトで消耗するより、
 単価の高い風俗で働いて良かった」という人もいるそうです。

そこで今回も、若者を取り巻く格差と労働環境の問題に注目。
女子大生風俗嬢の実態を取材し、本も出しているノンフィクションライター、中村淳彦さんを迎え、
「女子大生風俗嬢の実態と、若者の貧困を読み解くヒント」を考えました。

 

IMG_4409.jpg

11月23日(月)20時30分のヒントは?

ヒント86:「ひどすぎる、ブラックバイトの実態と、その対策」

人権無視、労働基準法も無視して酷使されるのが、ブラックバイトですが、
厚生労働省の調査では、およそ6割の学生が、
ブラックバイトの被害にあっていたことがわかりました。

「時間通りの賃金が支払われない」
「無理矢理、シフトを入れられる」
そしてその結果、授業に出席できなかったり、
過労で体調を崩したりするケースが後を絶たないそうですが、

では、こうしたブラックバイトから身を守るには、どうしたらいいのでしょうか?

今回は、若者のための労働組合、
首都圏青年ユニオンで執行委員長を務める、神部紅さんと、
ブラックバイトの実態と、その対策のヒントを考えました。

jinbu.jpeg

11月9日(月)20時30分のヒントは?

ヒント85:「逮捕者が後を絶たない、野球賭博の実態と危険性」

先月5日、プロ野球、巨人は、現役選手の福田聡志投手が
野球賭博に関与していたと発表しました。
その後、新たに、巨人の笠原将生選手と松本竜也選手の
関与も明らかになりました。


今、野球賭博は、関係者と反社会的勢力のつながりが指摘される一方で、
一般の人も巻き込まれかねない、問題となっています。

人々に夢を与えるプロ野球の選手たちは、どんな風に巻き込まれるのでしょうか。
八百長へつながる、危険性はないのでしょうか。

今回は、この問題に詳しい、国際カジノ研究所
木曽崇さんに、伺いました。

 

 

kiso.jpeg