音楽ジャーナリスト。
1969年生まれ。
東京都港区出身。
TOWER RECORDS発行のフリーペーパー『bounce』~ヒップホップ/R&B 専門誌『BLAST』編集部を経て、2002年からフリーの音楽ジャーナリストに。エミネム、ブラック・アイド・ピース、カニエ・ウェスト、ビースティ・ボーイズらのオフィシャル取材の傍ら、マイケル・ジャクソンやレディ・ガガ、『FREE SOUL』シリーズのライナーノーツも手がける。共著に『ブラスト公論 誰もが豪邸に住みたがってるわけじゃない』 など。


リポーター/モデル/ラジオパーソナリティ。
1982年生まれ。静岡県出身。NHK総合『土曜マルシェ』等に出演中。
オフィシャルブログ「川瀬のタネ」

放送後記

DSCN2213_R.JPG

『高橋芳朗 HAPPY SAD』は今夜が最終回。1年半にわたってお楽しみいただいた師匠と川瀬さんの甘酸っぱいやりとりも今夜でいったんお別れです。花束を貰った後のツーショットの微妙な距離感、最後まで甘酸な2人(笑)。

「マイフェイヴァリット・シングス」は「最終回だよ、HAPPY SAD!サヨナラは曲に託すぜ、"込み上げソング"特集」。番組のフィナーレを飾るにふさわしい、思わず何かがこみ上げてしまうような曲をストレートにお送りしました。

師匠渾身の選曲はこちらでご覧下さい!


DSCN2206_R.JPG

リスナーの皆さんからいただいた大量のメッセージを選ぶ、構成作家の古川耕さん。番組本編で読み切れなかったメッセージは「反省会ポッドキャスト」でもご紹介しました。

※録音機器の不調で一部音飛びがあります。最後の最後に申し訳ありません・・。


DSCN2233_R.JPG

「川瀬良子今週のお持ち帰り」は"白いスティーヴィー・ワンダー"とも言われたジョン・ヴァレンティの『Anything You Want』。CD化されるまで中古市場で高値がついていた名盤中の名盤。

「名曲揃い、と師匠がオススメ。楽しみです!」


DSCN2216_R.JPG

タワーレコードのフリーマガジン『bounce』の連載「出張版・甘酸ジュークボックス」も今回が最終回。今回のテーマは「駆け抜ける」。『高橋芳朗 HAPPY SAD』では「甘酸」に次ぐ頻出ワードでもあった「駆け抜ける系」選曲もお楽しみ下さい。



DSCN2261_R.JPG

高橋芳朗さんは10月からの新番組『ザ・トップ5 リターンズ』の金曜日に出演。お相手は元TBSアナウンサーの小林摩耶さん。例によってプロデューサーが番組当日まで会わせてくれません。

「最終的には僕の方がかわいいということを思い知らせますよ」
何言ってるんですか。

初回は10月5日(金)の午後6時から。高橋芳朗さんの選曲コーナーもありますよ。



DSCN2274_R.JPG

川瀬良子さんも10月からの新番組『Wanted !!』の水曜日、えのきどいちろうさんのアシスタントとして出演。

「毎回ユニークなゲストが来るらしいので楽しみです」
師匠と1年半一緒だったんだから、どんな変な人でも大丈夫だよ。

初回は10月3日(水)の午後8時から。


DSCN1826_R.JPG

それでは『高橋芳朗 HAPPY SAD』はこれにてお開き。
皆さん、またどこかで会いましょう!



| ポッドキャスト| 放送後記

ページのトップへ戻る

DSCN2208_R.JPG

『高橋芳朗 HAPPY SAD』、最終回の一席は「夏祭り甘酸」。
「ある意味本編」と一部の方から熱狂的に愛された「甘酸ミュージック」、今夜はいきなりオープニングで披露しちゃったので聞き逃した方もいるかも・・・。

放送前の会議室でも推敲に推敲を重ねた、師匠渾身の甘酸をここで改めてお楽しみ下さい!

| ポッドキャスト

ページのトップへ戻る

DSC_0025_R.JPG


『高橋芳朗 HAPPY SAD』は次回9月30日の放送が最終回。甘酸師匠こと高橋芳朗さん、アシスタントの川瀬良子さんへのメッセージや、この期に及んで(笑)「ひとくち甘酸」も募集しています。録音放送なので9月26日(水)の正午必着でメールをお送り下さい。
宛先は happysad@tbs.co.jp です!

最終回の師匠渾身の選曲もお楽しみに!

| お知らせ

ページのトップへ戻る